眼精疲労と肩こりの関係!症状に繋がる習慣とは?

2020年10月1日

皆さま、こんにちは!

 

明日から10月になりますね!

 

10月のスタッフブログでは、

肩こりの原因となるお身体の不調

についてご紹介させて頂きます。

 

肩こりは日本人の生活につきもので、

今や国民病とも呼ばれ、

大勢の方を悩ませております。

 

そんな肩こりを引き起こす原因は

運動や生活の習慣などによって、

お一人お一人で異なります。

 

ご自身が今抱えている肩こりは

何が原因となってしまっているのか、

考えてみたことはありますか?

 

原因が判れば、対処法も見つかります!

 

肩こりを少しでも早く改善したい方、

是非、今月のブログを参考にしてみてください!

 

一週目の今回は、

肩こりを引き起こすお身体の不調として、

眼精疲労をご紹介致します。

 

前編目次

眼精疲労のメカニズム
♦️眼精疲労とは…?
♦️眼精疲労に陥りやすい習慣
なぜ眼精疲労で肩こりが起こる?
♦️目を酷使している時の姿勢に注目
♦️自律神経の作用に注目

 

後編目次 *10月3日(土)更新

姿勢の見直しで眼精疲労を予防!
♦️パソコンを使うときは…
♦️スマホを見るときは…
♦️車を運転するときは…
眼精疲労解消のセルフケア
♦️ツボのマッサージ
♦️眼球体操

 

眼精疲労のメカニズム

眼精疲労とは…?

 

眼精疲労とは

 

  • 目の疲れが継続している(寝ても治らない)状態
  • 目の疲れがお身体にも悪影響を与えている状態

 

を表しています。

 

普段目で物を見るときは、

ピントを合わせるために

水晶体の厚さを調節しなければなりません。

 

この時に働くのが、

毛様体筋(もうようたいきん)

という筋肉です。

毛様体筋

 

様々な原因によって、

この毛様体筋負担がかかることで

眼精疲労に繋がります。

 

眼精疲労に陥りやすい習慣

 

毛様体筋への負担の原因は、

普段の生活習慣に潜んでいます。

 

原因は主に2つあります。

 

パソコンやスマホの長時間使用

パソコン、スマホの使用

 

パソコンやスマホを使っているときは、

 

  • 資料を集中して見る
  • 小さな文字を読む

 

というような作業を

すぐ近くの画面に向かって

長時間行っていますよね?

 

その間、毛様体筋は

ずっとピントの維持にために働くので、

とても負担がかかります。

 

長距離の運転

長距離運転

 

運転中は、

遠くの車や歩行者を見たり、

目の前のメーターやナビを見たり

視点がコロコロと変わります。

 

それに合わせて

毛様体筋もピントを合わせるために働くので、

気付かないうちに負担がかかっています。

 

なぜ眼精疲労で肩こりが起こるのか?

 

それでは、

なぜ眼精疲労で肩こりが起こるのか

見ていきましょう。

 

先ほどご紹介しました、

 

  • パソコンやスマホの長時間使用
  • 長距離の運転

 

この2つの習慣をイメージしながら

ご覧ください。

 

目を酷使している時の姿勢に注目

 

  • パソコンやスマホを長時間使っているとき
  • 長距離を運転しているとき

 

上記のような状況では、

ずっと同じ姿勢をとっていることが多いですよね。

 

このような姿勢では肩や首回りの筋肉は、

長時間固まったままになります。

 

さらに、

 

  • 運転に集中している
  • 画面の文字をよく見ようとしている

 

このような場合、

肩にギュッと力が入り、

頭は前に突き出した状態になりませんか?

目を酷使する姿勢

 

筋肉の緊張が解けなかったり、

頭の重さが余計にかかったりしていれば、

肩こりが起こるのも無理ありません。

 

目が疲れるほど集中して

作業や運転をした結果、

肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

自律神経の作用に注目

 

姿勢以外で考えられるのが、

自律神経の作用です。

 

  • 高速道路や混雑中の運転
  • パソコンでのお仕事やお勉強

 

では、長時間の集中力が必要ですよね。

 

脳が集中しているときは、

自律神経のうち交感神経が優位に働きます。

 

また、パソコンやスマホの画面からは

ブルーライトと呼ばれる光が出ています。

 

このブルーライトには、

眠くなるホルモンを抑制して、

交感神経が優位な状態を作る作用があります。

 

交感神経が優位になると

身体は興奮状態になり、

筋肉や血管などを緊張させます。

 

この状態がずっと続くと、

肩こりの原因になります。

自律神経の作用

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

現代の生活にはパソコンやスマホが

欠かせません。

 

また、コロナの影響で

自動車での移動が増えましたよね。

 

普段の生活を振り返ってみると、

想像以上に目を酷使しています。

 

そして、それが原因で、

肩こりが起こっているのかもしれません。

 

後編では、

 

  • 眼精疲労の予防法
  • 目のセルフケア

 

をご紹介致しますので、

気になった方は是非、ご覧ください!

 

10月3日(土)の更新です。

 

肩こりやそれに伴うお身体の不調、

姿勢のゆがみなどでお困りの方は、

是非一度当院までご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

毎日たった1分!坐骨神経痛のためのセルフケア方法を解説

2020年09月27日

皆さま、こんにちは!

 

9月は4週に渡り、

太ももや股関節につく筋肉を

ご紹介してきました。

 

最後となる今週は、お尻の下の方にある

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

についての内容です!

 

先週までに登場した筋肉は、共通して

 

  • 太ももや膝を動かす役割
  • 骨盤を安定させる役割

 

この2つの役割を持っていましたよね?

 

今回の大腿方形筋は、

この2つの役割にプラスして、

 

  • 股関節を安定させる役割

 

も持つ、股関節のインナーマッスルです!

 

大腿方形筋についての役割や特徴は、

水曜日のブログにて詳しくまとめております。

 

まだご覧になっていない方、

もう一度チェックしておきたい方は、

下のリンクよりお進みください!

 

注目!股関節のインナーマッスルが担う重要な役割★

 

後編では

 

  • 大腿方形筋が原因となるお身体の痛み
  • 大腿方形筋のセルフケア方法

 

などをご紹介いたします!

 

是非、ご覧くださいませ。

 

後編目次

大腿方形筋がケア不足だと…?
♦️坐骨神経痛
大腿方形筋のセルフケア効果
♦️股関節の可動域拡大
♦️骨盤のゆがみ改善
大腿方形筋のセルフケア
♦️大腿方形筋のストレッチ方法

 

大腿方形筋がケア不足だと…?

坐骨神経痛

 

皆さま、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

ご存知でしょうか?

 

坐骨神経痛とは、

腰や股関節を通る坐骨神経が、

何らかの原因によって、圧迫・刺激され

下肢に痛みやしびれが生じている状態です。

 

この坐骨神経痛を引き起こす原因の一つが

大腿方形筋ケア不足です!

坐骨神経

 

イラストを見て頂くと分かるように、

大腿方形筋坐骨神経

すぐ近くに位置しています。

 

そのため、

 

  • 運動不足で筋肉の状態が悪い
  • 長時間デスクワークで筋肉が固まっている
  • スポーツで沢山使って筋肉が疲れている

 

大腿方形筋がこのような様子だと、

坐骨神経を圧迫・刺激してしまいます。

 

坐骨神経はつま先に向かって長く走っていて、

症状は股関節周囲だけではなく、

下肢の広い範囲で現れます。

 

  • お尻がしびれたように感じる
  • 太ももやふくらはぎが痛む
  • 下半身の筋肉がビリビリする

 

など症状は様々です。

 

下半身の痛みやしびれは、

スポーツはもちろん日常生活にも

支障をきたしてしまいます。

 

そうなる前に、

「最近デスクワークが続いているな…」

「痛みなくスポーツを続けたい!」

という方はこの後ご紹介する

セルフケアを取り入れてみてください!

 

坐骨神経痛

 

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症・すべり症

 

などの疾患が背景にある場合がございます。

 

大腿方形筋のセルフケア効果

 

続いて、

大腿方形筋をケアすることで得られる効果

をご紹介致します。

 

先ほど出てきた坐骨神経痛の予防以外にも、

嬉しい効果が得られます!

 

股関節の可動域拡大

 

大腿方形筋をケアして柔軟性がアップすると

股関節を動かせる範囲がグンと広がります!

 

これは、大腿方形筋の役割である

股関節の安定

が機能しなくなったわけではありません。

 

疲労などで固くなった筋肉をほぐすことで

正常な範囲内でより動かせるようになるのです!

 

その結果、

 

  • ケガの防止
  • スポーツでのパフォーマンス向上
  • 下半身の血流促進
  • むくみや冷えの改善

 

といったことが期待できます!

 

骨盤のゆがみ改善

 

大腿方形筋のセルフケアは

骨盤のゆがみ改善にも効果的です!

 

大腿方形筋は、骨盤の輪っかの部分に

左右一つずつ付いております。

 

そのため、

脚を組む姿勢は片方の筋肉に負担がかかり、

骨盤のゆがみを引き起こします。

 

骨盤がゆがんでしまうと、

お身体全体に様々な症状が出てきてしまいます。

 

ついつい脚を組んでしまう方

特に意識してセルフケアを行って頂きたいです!

 

正しい姿勢で座って頂くことが一番です!

姿勢ポイント 姿勢ポイント

 

〜姿勢ポイント〜

  • 椅子に座ったら顎を引きます。
  • せすじは真っ直ぐ伸ばします。
  • お尻のは椅子の一番後ろにつけます。
  • 膝が床と平行になるよう調節します。

 

大腿方形筋のセルフケア

 

では、ご自宅でも簡単にできる

大腿方形筋のセルフケアをご紹介致します!

 

大腿方形筋のストレッチ方法

大腿方形筋ストレッチ

 

  1. あぐらの状態から片膝を立てます。
  2. 反対側の腕で膝を抱えます。
  3. 抱えた膝とは逆方向に体を捻ります。
  4. その姿勢で30秒ほどキープしましょう!

大腿方形筋ストレッチ

 

  1. 膝を立てて座ります。
  2. 片方ずつ内側に倒していきます。
  3. できるだけ膝を床に近づけます。
  4. 膝を倒した状態で30秒ほどキープしましょう!
  5. 反対側も同じように行います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編・後編に渡り、

大腿方形筋についてご紹介させて頂きました。

 

股関節のインナーマッスルとして

重要な役割を持つ筋肉です。

 

また、セルフケアによって

お身体の不調を予防することができ、

色々な効果も得られます!

 

是非、覚えて頂けたら嬉しいです。

 

今回のブログを読んで頂き

股関節や下肢の痛みや違和感など

気になる症状がございましたら、

一度当院にご相談くださいませ。

 

また、当院では姿勢を分析することで

股関節や腰の症状は勿論

肩こりや頭痛の根本的な治療を行っております。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

注目!股関節のインナーマッスルが担う重要な役割★

2020年09月23日

皆さま、こんにちは!

 

今回は“太もも”というよりは

お尻の下の方にある筋肉、

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

をご紹介いたします!

 

この筋肉もなかなか日常では

出てこないですよね。

 

お尻にある大きな筋肉「大殿筋」よりも

更に奥深くにあります。

 

主な仕事としては

太ももの動きや股関節の安定を担う筋肉です。

 

前編ではこの筋肉の

 

  • 役割
  • 特徴

 

について詳しく見ていきます!

 

後編にてセルフケアの方法

ご紹介致しますので、

続けて読んで頂けたら嬉しいです!

 

前編目次

大腿方形筋てどんな筋肉?
♦️大腿方形筋はココにある!
♦️股関節のインナーマッスル
大腿方形筋の重要な役割
♦️大腿方形筋が担う関節運動
♦️股関節の安定

 

後編目次 *9月26日(土)更新

大腿方形筋がケア不足だと…?
♦️坐骨神経痛
大腿方形筋のセルフケア効果
♦️股関節の可動域拡大
♦️骨盤のゆがみ改善
大腿方形筋のセルフケア
♦️大腿方形筋のストレッチ方法

 

大腿方形筋てどんな筋肉?

 

まずは、大腿方形筋がどんな筋肉なのか、

筋肉の場所や特徴をご紹介致します!

 

大腿方形筋はココにある!

 

少し先述しましたが、

大腿方形筋お尻の下の方にある筋肉です。

大腿方形筋

 

ピンク色の部分が大腿方形筋です!

 

前回の

 

  • 半腱様筋
  • 半膜様筋

 

と同じく、

骨盤の輪っかの部分から、

太ももの骨(大腿骨)の先端に伸びています。

 

イラストを見て頂くと、

丁度四角形のような形をしていることが

分かるかと思います。

 

大腿方形筋“方形”は

“四角い形の筋肉”という意味になります。

 

股関節のインナーマッスル

 

  • 身体の表層にある筋肉をアウターマッスル
  • 身体の深層にある筋肉をインナーマッスル

 

と言います。

 

*当院でお腹に電気を当てて

 トレーニングをされている方は、

 お腹にあるインナーマッスルを鍛えています!

 

今回の大腿方形筋は、

お尻を覆う大殿筋よりも深いところにあるので、

インナーマッスルに分類されます。

 

ちなみに、大腿方形筋の周りには、

同じような役割を持つ筋肉が集まっています。

 

それらはまとめて

深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)」

と呼ばれています。

 

大腿方形筋は深層外旋六筋の中でも

比較的力の強い筋肉になります。

 

深層外旋六筋に含まれる筋肉

 

  • 大腿方形筋
  • 上双子筋(じょうそうしきん)
  • 下双子筋(かそうしきん)
  • 外閉鎖筋(がいへいさきん)
  • 内閉鎖筋(ないへいさきん)
  • 梨状筋(りじょうきん)

深層外旋六筋

 

大腿方形筋の重要な役割

 

大腿方形筋“どこにあるのか”

ご理解頂けましたか?

 

次はこの筋肉が身体の中で

“どんな役割を持っているのか”

ご説明致します!

 

大腿方形筋が担う関節運動

 

大腿方形筋が担う関節運動は、

股関節の外旋です。

 

先ほど出てきた深層外旋六筋にも

外旋がついていました。

 

少し難しい関節の運動なので、

下のイラストを参考にしてみてください!

股関節外旋

 

日常生活やスポーツ活動で

股関節の外旋が必要になる場面がこちらです。

 

歩行・走行時の方向転換

方向転換

 

身体の回転が生じるスポーツ

身体の回転

 

股関節の外旋滑らかに行えると、

下半身から上半身への運動連鎖がスムーズで、

身体への負担が少なくできます。

 

反対に、股関節の外旋不十分だと

怪我のリスクが高まります。

 

股関節の安定

 

インナーマッスルには、

身体の深層で関節などを安定させる

という特徴があります。

 

股関節のインナーマッスルである

大腿方形筋の役割はもちろん、

股関節の安定です!

 

大腿骨の骨盤と接している部分は、

ボールのように丸くなっています。

大腿骨骨頭

 

骨盤と大腿骨だけでは、

グルグルと動いてしまいます。

 

そこで、大腿骨の動きを制御するのが

大腿方形筋です!

 

また、大腿方形筋と一緒に

深層外旋六筋の全ての筋肉が、

股関節の安定に働きます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

お腹インナーマッスルは、

当院の先生方からのお話や掲示物、

テレビなどの特集で

ご存知の方も多いと思います。

 

股関節にもインナーマッスルがあることは、

ご存知でしたか?

 

大腿方形筋

小さくて身体の深層に隠れていますが、

骨盤や股関節に関わる重要な筋肉です。

 

この筋肉のセルフケア方法は、

後編にてご紹介致しますので、

是非、引き続き読んで頂けると嬉しいです!

 

後編は9月26日(土)の更新です!

 

股関節や太ももにある筋肉は、

骨盤と繋がっていることが多いです

 

今感じている股関節や太ももの痛みは、

骨盤のゆがみが原因かもしれません。

 

また今の姿勢や骨盤のゆがみは

この足のインナーマッスルの影響

起こっている可能性もあります。

 

股関節や太ももの症状でお悩みの方、

骨盤のゆがみを解消したい方は、

当院にご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

姿勢改善、怪我予防に効果的な太ももの裏側セルフケア!

2020年09月20日

皆さま、こんにちは!

 

今週は、名前がとてもよく似ている、

 

  • 様筋
  • 様筋

 

こちらの2つの筋肉について

ご紹介しております。

 

2つとも太ももの裏側で

「ハムストリングス」を構成する筋肉ですが、

特徴を覚えていますか?

 

半腱様筋

大腿骨に沿ってスラッと伸びる筋肉

 

半膜様筋

少しふっくらとした筋肉

 

でしたね!

 

半腱様筋半膜様筋

股関節と膝関節の2つの関節に関与していて、

 

  • 日常生活の動作
  • スポーツ場面の動作
  • 姿勢の安定

 

などに重要な役割を果たしています!

 

後編では、そんな重要な2つの筋肉について、

 

  • ケア不足が招くお身体への悪影響
  • 効果的なセルフケアの方法

 

をご紹介致します!

 

是非、チェックしてみてください!

 

前編をまだご覧になっていない方、

もう一度ご覧になりたい方は、

下のリンクより、前編へお進みください。

 

骨盤と膝を繋ぐ重要な筋肉の役割とは?

 

後編目次

半腱様筋・半膜様筋がケア不足だと…?
♦️鵞足炎
♦️ハムストリングスの肉離れ
♦️骨盤のゆがみ
半腱様筋・半膜様筋のセルフケア
♦️半腱様筋・半膜様筋のトレーニング
♦️半腱様筋・半膜様筋のストレッチ

 

半腱様筋・半膜様筋がケア不足だと…?

 

早速、半腱様筋半膜様筋のケア不足は

お身体にどんな悪影響となるのか

見ていきましょう!

 

鵞足炎

 

1つ目は、鵞足炎(がそくえん)です。

 

鵞足は前編でも登場しました。

 

半腱様筋や薄筋、縫工筋が付着する、

膝の内側を指す言葉になります。

 

鵞足炎とは、この部分の炎症です。

鵞足炎

 

スポーツで生じやすい症状で、

特にサッカー陸上競技で多く見られます。

 

サッカー陸上競技

膝の曲げ伸ばしが多い種目ですよね。

 

このことから、

膝を曲げる役割がある半腱様筋を含め、

鵞足へ付着する筋肉の柔軟性が

鵞足炎と深く関係してきます。

 

  • 毎日の練習による筋肉の疲労
  • 筋肉の柔軟性不足

 

こういった状態があると、

運動時に鵞足への負担が大きくなり、

鵞足炎に繋がってしまいます。

 

鵞足炎の予防や改善には、

 

  • 半腱様筋を含む3つの筋肉のストレッチ
  • 練習前後のセルフケア
  • 筋肉を休めてあげること

 

が大切です!

 

ハムストリングスの肉離れ

 

2つ目は、

半腱様筋半膜様筋が含まれる

ハムストリングスの肉離れです。

ハムストリングスの肉離れ

 

以前肉離れについての記事で、

ハムストリングスが最も肉離れしやすい筋肉

とご紹介致しました。

 

詳しくは、こちら!

 

スポーツでの急な痛み!肉ばなれの原因と注意点

 

ハムストリングスの肉離れは、

走る動作で太ももの裏が伸ばされる瞬間

(地面に足が着いてから離れるまでの間)

でよく起こってしまいます。

 

スポーツ選手はもちろん、

信号を急に走ろうとしたりなどの

日常生活でも起こる可能性がある怪我です。

 

そんなハムストリングスの肉離はもちろん、

 

  • 半腱様筋・半膜様筋が含まれる
  • ハムストリングスの
    トレーニングとストレッチ

 

で予防しましょう!

 

骨盤のゆがみ

 

3つ目は、骨盤のゆがみです。

 

半腱様筋半膜様筋

骨盤の下の輪っかの部分に付着していて、

骨盤の安定にも関わります。

 

太ももの裏側にある半腱様筋半膜様筋

柔軟性が乏しかった場合、

骨盤の後傾を悪化させてしまいます。

骨盤の後傾

 

骨盤の後傾

 

  • 首や肩のコリ
  • 膝関節の痛み
  • 浅い呼吸

 

といったお身体全体の不調を引き起こします。

 

そうなる前に、

太ももの裏側、半腱様筋半膜様筋

しっかりケアしましょう!

 

半腱様筋・半膜様筋のセルフケア

 

半腱様筋半膜様筋ケア不足で、

様々な悪影響が出てしまうことが

ご理解頂けましたか?

 

日常生活でもスポーツ場面でも、

違和感や痛みなく活動するために、

これからご紹介する方法をお試しください!

 

半腱様筋・半膜様筋のトレーニング

ヒップリフト サイドランジ

半腱様筋・半膜様筋のストレッチ

半腱様筋・半膜様筋のストレッチ 半腱様筋・半膜様筋のストレッチ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編・後編に渡り、

 

  • 様筋
  • 様筋

 

の2つについて、ご紹介させて頂きました。

 

見分けはつくようになりましたか?

 

太ももの裏側に限らず、

お身体の表側に比べ裏側は

 

  • 筋肉が肥大しにくい
  • セルフケアの意識が向きにくい

 

部分でもあります。

 

そして姿勢の保持や骨盤のゆがみ予防に

必要不可欠な筋肉でもあります。

 

今回出てきたお身体の症状の予防や、

痛み、姿勢の改善のためにも、

セルフケアをご活用ください!

 

また、お身体の調子で気になることがある方、

肩こりや骨盤のゆがみなどでお悩みの方、

是非当院に一度ご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

骨盤と膝を繋ぐ重要な筋肉の役割とは?

2020年09月17日

皆さま、こんにちは!

 

今週も、太ももの筋肉にある筋肉を

ご紹介致します!

 

今週注目していくのは、

 

  • 様筋(はんけんようきん)
  • 様筋(はんまくようきん)

 

こちらの2つの筋肉になります!

 

一瞬「あれ?」と思うほど、

名前がそっくりの筋肉ですね。

 

これまでに記事にした、

 

  • 大内転筋
  • 大腿筋膜張筋

 

2つの筋肉と同様に

初めて知る方が多いかと思います。

 

半腱様筋半膜様筋も、

日常生活やスポーツ場面で重要な筋肉です!

 

筋肉の役割や、

トレーニング・ストレッチで得られる効果を

まとめておりますので、

是非、チェックしてみてください!

 

前編目次

半腱様筋・半膜様筋てどんな筋肉?
♦️ハムストリングスを構成する筋肉
♦️半腱様筋はココにある!
♦️半膜様筋はココにある!
半腱様筋・半膜様筋の重要な役割
♦️半腱様筋・半膜様筋が担う関節運動
♦️日常生活での役割
♦️スポーツ場面での役割

 

後編目次 *9月19日(土)更新

半腱様筋・半膜様筋がケア不足だと…?
♦️鵞足炎
♦️ハムストリングスの肉離れ
♦️骨盤のゆがみ
半腱様筋・半膜様筋のセルフケア
♦️半腱様筋・半膜様筋のトレーニング
♦️半腱様筋・半膜様筋のストレッチ

 

半腱様筋・半膜様筋てどんな筋肉?

 

まずは、半腱様筋半膜様筋の2つの筋肉の

特徴位置をご紹介致します!

 

ハムストリングスを構成する筋肉

 

太ももの裏にあって

ハムストリングスと呼ばれる筋群

ご存知でしょうか?

 

スポーツの経験がある方は、

ハムが筋肉痛だ…」のように

略して呼んでいたかもしれません。

 

鳴尾ぴっと整体院のブログでも

何回か登場しました!

 

このハムストリングスを構成する筋肉の中に、

半腱様筋半膜様筋の2つとも含まれます。

 

ハムストリングスを構成する筋肉

 

  • 半腱様筋
  • 半膜様筋
  • 大腿二頭筋(長頭と短頭)

 

半腱様筋半膜様筋の2つは

名前がそっくりな上に位置も近いので、

次の項目で1つずつ見ていきます!

 

半腱様筋はココにある!

 

半腱様筋

 

太ももの骨(大腿骨)に沿って

スラッと伸びる筋肉です。

 

ちなみに、半腱様筋が付着する

膝の内側の部分は、

鵞足と呼ばれています。

 

ここには

 

  • 半腱様筋
  • 薄筋(はっきん)
  • 縫工筋(ほうこうきん)

 

の3つの筋肉が付着していて、

その様子がガチョウの足に似ていることから

この呼び名が付きました!

 

半膜様筋はココにある!

 

半膜様筋

 

半腱様筋よりも少し

ふっくらとした筋肉です。

 

実際には様筋の上に

様筋が乗るように位置しています。

 

半腱様筋・半膜様筋の重要な役割

 

では、半腱様筋半膜様筋が持つ

重要な役割についてご紹介致します!

 

半腱様筋・半膜様筋が
担う関節運動

 

半腱様筋半膜様筋

主に次の3つの関節運動で働きます。

 

股関節の伸展

 

股関節伸展

 

伸展という関節運動は、

関節がなす角度を大きくしていく運動です!

 

膝関節の屈曲

 

膝関節屈曲

 

膝関節の内旋

 

膝関節内旋

 

少し難しい関節運動です。

 

実際に試して頂くときは、

無理のない範囲で行ってくださいね。

 

半腱様筋半膜様筋

股関節と膝関節の2つの関節に跨る

「二関節筋」の仲間です。

 

そのため、

股関節と膝関節の両方の関節運動に

関与します。

 

日常生活での役割

 

半腱様筋半膜様筋

実際に関与する日常動作がこちらです。

 

  • 歩行動作
  • 走行動作
  • 走って止まるときのブレーキ動作
  • 階段の昇り降り

 

スポーツ場面での役割

 

半腱様筋半膜様筋

スポーツでも活躍します!

 

その役割が発揮されているのが

こちらです!

 

  • 速く走るとき(スピード)

 短距離走、サッカーなど

 

  • 素早く動くとき(敏捷性)

 バスケットバール、卓球など

 

  • 踏ん張るとき(足腰の強さ)

 野球、格闘技など

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編では、

  • 様筋
  • 様筋

について、

筋肉の位置役割をご紹介致しました。

 

半腱様筋半膜様筋のような、

普段あまり聞き馴染みのない筋肉も、

実は重要な役割を果たしています。

 

また、股関節と膝関節に跨る筋肉なので、

 

  • 姿勢の安定
  • 骨盤のゆがみ
  • 膝の安定性

 

にも影響しています。

 

後編では、

半腱様筋半膜様筋に関して、

 

  • けがやお身体の不調について
  • セルフケアの効果や方法

 

についての内容になります。

 

是非、ご覧ください!

 

9月19日(土)の更新です。

 

今回の記事のように

脚の筋肉は体に大きな影響を

与えるものが多いです。

 

あなたが感じている

肩こりや、腰痛の原因が

もしかすると脚にある場合もあります。

 

骨盤のゆがみや

肩こり、腰痛、膝の痛みなどの症状を

少しでも早く根本的に解決したい方は、

鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

 

大腿筋膜張筋のセルフケアで得られる効果とは!?

2020年09月13日

皆さま、こんにちは!

 

今週は、太ももの外側の筋肉、

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)】

についての記事になります。

 

先日の前編では、

この筋肉の場所重要な役割

ご紹介致しました。

 

人間が歩くときに、

真っ直ぐに脚を踏み出せているのは、

大腿筋膜張筋のおかげでしたね!

 

また

 

  • 骨盤を安定させる
  • 股関節の運動に関与

 

などもこの筋肉の役割でした。

 

まだ前編をご覧になっていない方、

もう一度詳しく知りたい方は、

こちらのリンクよりお進みください!

 

骨盤や歩行に関係!大腿筋膜張筋の重要性とは?

 

後編では、

 

  • 大腿筋膜張筋のケア不足が招くこと
  • 大腿筋膜張筋のセルフケア

 

についての内容になります。

 

日常生活やスポーツに欠かせない筋肉ですが、

大腿筋膜張筋をご存知ない方も多く、

ケア不足に陥りがちです。

 

是非、この後出てくる

セルフケアを参考にしてみて下さい!

 

後編目次

大腿筋膜張筋がケア不足だと…?
♦️腸脛靭帯炎(ランナー膝)
♦️太もも外側の張り
大腿筋膜張筋のセルフケア
♦️大腿筋膜張筋の簡単ストレッチ

 

大腿筋膜張筋がケア不足だと…?

 

太ももの表側、裏側、内側のセルフケア

 

  • スポーツの準備体操として
  • お風呂上がりの習慣として

 

など色々な場面で行いますよね。

 

では、太ももの外側大腿筋膜張筋

いかがでしょうか?

 

普段の生活などを振り返ると、

「しっかりケア出来ていなかったかも…」

という方が多いかと思います。

 

学校の体育で行う準備体操でも、

太ももの外側を伸ばすストレッチは

なかなか見られません。

 

あまり注目されない大腿筋膜張筋ですが、

ケアを怠ると

 

  • 怪我
  • お身体の不調

 

に繋がってしまいます。

 

実際にどんなことが起きてしまうのか、

今からご紹介致します。

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

 

まずは腸脛(ちょうけい)靭帯炎です。

 

腸脛靭帯は、前編でも登場しましたが、

大腿筋膜張筋に繋がっている、

細長い組織のことです。

腸脛靭帯

 

イラストを見て頂くと、

腸脛靭帯は膝の外側に付着しています。

 

膝の曲げ伸ばしが繰り返されることで

腸脛靭帯と大腿骨の外側(◯の所)が擦れ合い

この部分で炎症が起こってしまいます。

 

膝の曲げ伸ばし動作が多い、

マラソンランナーによく見られる痛みなので

ランナー膝とも呼ばれます。

腸脛靭帯炎

 

腸脛靭帯のすぐ側の大腿筋膜張筋が

ケア不足柔軟性が足りないと、

腸脛靭帯炎になりやすくなります。

 

痛みの改善方法として、

大腿筋膜張筋のストレッチが有効ですので、

今回ご紹介しているセルフケアを

 

参考にしてみてください!

 

練習後は膝の外側のアイシングも

効果的です!

 

そして、腸脛靭帯炎は

一度発症してしまうと、治りにくい症状です!

 

:大腿筋膜張筋のケア不足の他に、

 

  • 過度な練習
  • 足に合わない靴
  • コンクリートのような硬い地面での練習
  • O脚

 

なども腸脛靭帯の原因として考えられます。

 

太もも外側の張り

 

2つ目は太ももの外側の“張りです。

 

運動していないのに、

太ももの外側が張ってしまうことに

お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 

なかなか解消できず、厄介ですよね。

 

この太ももの外側の“張り”も、

大腿筋膜張筋のケア不足が原因です!

 

運動していなくても、

毎日歩くときにはこの筋肉を使います。

 

また、下半身の筋肉なので、

体重の負担がかかりやすいです。

 

そして、知らず知らず筋肉に溜まった疲れ

筋肉の張りとして現れます。

太ももの張り

 

改善策は、もちろん

大腿筋膜張筋のストレッチです!

 

筋肉をゆっくり解してあげて、

疲労の回復を図りましょう!

 

大腿筋膜張筋は骨盤にも付着する筋肉ですので、

太ももの外側の張りへの効果だけでなく、

 

  • 腰痛の解消
  • 姿勢の改善

 

も期待できます!

 

大腿筋膜張筋のセルフケア

 

では、効果的かつ簡単な

大腿筋膜張筋のセルフケアを

3つご紹介致します!

 

日頃のケアから、

スポーツ前後のストレッチまで

幅広く使って頂けます。

 

是非、試してみてください!

 

大腿筋膜張筋の簡単ストレッチ

大腿筋膜張筋のストレッチ

 

大腿筋膜張筋のストレッチ

 

大腿筋膜張筋のストレッチ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編・後編に渡り、

大腿筋膜張筋について、

ご紹介してきました。

 

大腿筋膜張筋の重要性や

セルフケアの方法はご理解頂けましたか?

 

普段耳にしない筋肉ですが、

日常生活やスポーツには欠かせない筋肉です。

 

そして、ケア不足になると、

怪我や姿勢にも影響してしまう筋肉です。

 

このブログが、

大腿筋膜張筋を知って頂く

きっかけとなれば嬉しいです!

 

  • 肩こりや腰痛
  • 骨盤のゆがみや姿勢のお悩み

少しでも早く根本的に解消したい方は

鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの方は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

骨盤や歩行に関係!大腿筋膜張筋の重要性とは?

2020年09月9日

皆さま、こんにちは!

 

今週も引き続き

太ももにある筋肉をご紹介致します!

 

今週は

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)】

についての記事になります!

 

先週の大内転筋と同様に

日常ではあまり出てこない筋肉ですね。

 

マラソンをする方や、陸上部出身の方は

もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。

 

実は、この大腿筋膜張筋は、

歩いたり走ったりするときに活躍する筋肉です。

 

大腿筋膜張筋の特徴役割

ストレッチの方法などをまとめていきますので、

気になる方は是非、チェックしてみてくださいね。

 

前編目次

大腿筋膜張筋てどんな筋肉?
♦大腿筋膜張筋はココにある!
♦大腿筋膜張筋に繋がる大事な靭帯
大腿筋膜張筋の重要な役割
♦股関節の屈曲
♦股関節の内旋
♦股関節の外転
♦骨盤の安定
♦歩行動作の安定

 

後編目次

大腿筋膜張筋がケア不足だと…?
♦腸脛靭帯炎(ランナー膝)
♦太もも外側の張り
大腿筋膜張筋のセルフケア
♦大腿筋膜張筋の簡単ストレッチ

 

大腿筋膜張筋てどんな筋肉?

 

大腿筋膜張筋という筋肉を

初めて聞く方も多いかと思いますので

まずは、筋肉がある場所からご説明致します!

 

大腿筋膜張筋はココにある!

 

先週ご紹介した大内転筋は、

太ももの内側の筋肉でしたが、

今回ご紹介する大腿筋膜張筋は、

太ももの外側の筋肉になります。

大腿筋膜張筋

 

ピンク色のところが大腿筋膜張筋です!

 

イラストを見て頂くと分かるように、

骨盤の丁度羽のような部分から、

下に伸びています。

 

大腿筋膜張筋に繋がる大事な靭帯

 

腸脛靭帯

 

大腿筋膜張筋と繋がっている長い組織は、

腸脛靭帯と呼ばれる靭帯です。

 

この靭帯

骨盤から膝関節にかけてピンと張っていて

股関節や膝関節の動きの安定性を高めています。

 

大腿筋膜張筋の重要な役割

 

では、太ももの外側にある

大腿筋膜張筋はどんな役割を持つのか

見ていきましょう!

 

股関節の屈曲

 

一つ目の役割は股関節の屈曲です。

 

屈曲とは漢字の通り、

かがむ曲げるという意味なので、

イラストのように股関節を曲げるとき

大腿筋膜張筋が働きます

股関節屈曲

 

股関節の屈曲は色々な場面で使っています。

 

一番イメージしやすいのは、

日常生活、スポーツには欠かせない

歩行・走行動作かと思います。

 

股関節を曲げないと、

足を前に踏み出せないですよね。

 

股関節の内旋

 

二つ目の役割は股関節の内旋です。

 

内旋という漢字から動きを想像するのは

少し難しいかもしれないです。

 

イラストのように脚を動かして、

実際に内旋がどんな動きなのか

試して見て頂けると嬉しいです。

股関節内旋

 

日常生活では、

横座り(お姉さん座り)のときに

股関節の内旋が出てきます。

 

スポーツでは、

 

・野球のバットを振るとき

・サッカーでボールを蹴るとき

・格闘技でキックするとき

・ゴルフでクラブを振るとき

 

など、意外と様々な場面で出てきます。

 

股関節の外転

 

三つ目の役割は股関節の外転です。

 

股関節の内転は、

“太ももを内側へ寄せるような動き”でしたね。

 

股関節の外転は、

“太ももが外側へ離れていく動き”で、

丁度、内転とは逆の動きになります。

股関節外転

 

日常生活では

あまり出てこない動作かもしれません。

 

スポーツでは、

体操競技フィギュアスケートなどで

よく出てくる動作です。

 

骨盤・股関節の安定

 

四つ目の役割は骨盤の安定です。

 

太ももにある筋肉の多くは、

片方の端が骨盤に付着しています。

 

大腿筋膜張筋もその一つです。

 

大腿筋膜張筋は、

歩いたり走ったりするときの

骨盤の安定化に関与しています。

 

歩行・走行動作の安定

 

五つ目の役割は歩行・走行動作の安定です。

 

歩くために股関節を曲げるときは、

大腿筋膜張筋を含め、

大腿四頭筋腸腰筋などの筋肉が働きます。

 

その筋肉たちの中で大腿筋膜張筋だけ、

股関節が外に回旋してしまうのを

制御する力があります。

 

この力のおかげで、

脚をまっすぐ前に出すような歩行・走行動作

可能になっています。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編では、大腿筋膜張筋の

 

  • 場所
  • 重要な役割

 

をご紹介致しました。

 

普段あまり意識せず行う歩行動作から、

様々なスポーツ動作で、

大腿筋膜張筋の役割が欠かせません!

 

靭帯という強力な組織と連結しているため

正しい知識でのセルフケアでなければ

効果を出すのは難しいです。

 

ということは、

毎日しっかりとした正しいケアが必要ですよね。

 

後編では、

大腿筋膜張筋の効果的かつ

簡単なストレッチ方法

ご紹介致しますので、是非ご覧ください!

 

9月12日(土)の更新です。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院では、

骨盤や姿勢のゆがみ解消のセルフケアや

肩こり腰痛解消のためのセルフケア方法を

配信していきます。

 

健康に対する本物の知識を得たい方は

是非、チェックしていって下さい。

 

そして、体の痛みや違和感、

骨盤のゆがみなどを

少しでも早く根本的に解消したい方は

一度当院にご相談下さいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

大内転筋のセルフケアで得られる6つの効果!

2020年09月6日

皆さま、こんにちは!

 

今週は太ももにある大きな筋肉、

大内転筋(だいないてんきん)

についての記事になります!

 

水曜日の前編では、

 

  • 大内転筋の位置と特徴
  • 大内転筋の役割

 

この2点をご紹介致しました。

 

大内転筋の役割の1つとして、

“股関節を内転させる”がありましたね。

 

股関節の内転は、

 

  • 脚を閉じて座る
  • サッカーでシュートを打つ

 

このような場面で見られる、

両方の太ももを内側に寄せた動作になります。

 

覚えて頂けましたでしょうか?

 

もう一度詳しく知りたい方、

まだ前編をご覧になっていない方は、

こちらのリンクよりお進みください!

 

日常生活、スポーツで大活躍★大内転筋の役割!

 

後編では、

 

  • 大内転筋をトレーニング、ストレッチする
    ことで
    得られる効果
  • 大内転筋のセルフケア

 

をご紹介致します!

 

是非、ご覧ください!

 

後編目次

大内転筋が変えるお身体の状態
♦トレーニングで得られる効果
♦ストレッチで得られる効果
大内転筋のセルフケア
♦大内転筋トレーニング
♦大内転筋ストレッチ

 

大内転筋が変えるお身体の状態

 

日常生活では殆ど耳にしない大内転筋ですが、

トレーニングやストレッチをすることで

お身体の色々な不調が改善されます!

 

大内転筋がある太ももに限らず、

お身体の広い範囲で効果が期待できますので、

一度チェックしてみてください。

 

トレーニングで得られる効果

 

まずは、大内転筋を

トレーニングすることで得られる効果を

3つご紹介致します!

 

太ももが引き締まる

 

お身体の中でも太もものラインは

気にされている方が多いかと思います。

 

太ももの内側のたるみを解消したい方

太ももの内側に“隙間”を作りたい方

大内転筋のトレーニングを取り入れましょう!

 

程よく筋肉がついて引き締まった太もも

を手に入れることができます!

太もものシェイプアップ

 

ぽっこりお腹の改善

 

以前にもブログに出てきましたが、

ぽっこりお腹の原因の中には、

骨盤のゆがみも含まれます。

 

“骨盤を安定させる”大内転筋を鍛えて、

ぽっこりお腹を改善させましょう!

ぽっこりお腹解消

 

O脚の予防

 

太ももの内側の筋肉が弱いと、

O脚のリスクが高まります。

 

O脚は膝に負担がかかる姿勢なので、

膝の痛みや怪我の原因になってしまいます。

 

O脚の予防には、

太ももの内側の大きな筋肉、

大内転筋のトレーニングが効果的です!

O脚予防

 

ストレッチで得られる効果

 

今度は、大内転筋を

ストレッチすることで得られる効果を

3つご紹介致します!

 

腰痛の解消

 

最近はオンラインでのお仕事や授業が増えて、

机に座っていることが多いですよね。

 

腰痛でお困りの方も

いらっしゃるかと思います。

 

大内転筋の片端は骨盤にも付着するので、

ここをストレッチでほぐすことも

腰痛の解消につながります!

腰痛改善

 

スポーツのパフォーマンスアップ

 

スポーツのパフォーマンスアップには、

正常な範囲での関節の柔軟性が大事です!

 

今回注目している大内転筋は、

股関節の動きのうち、内転を担当しています。

 

スポーツでも沢山使う動きになりますので、

ストレッチをして柔軟性を保ちましょう!

スポーツパフォーマンスアップ

 

冷え性の改善

 

これから秋、冬になると

お身体、特に爪先の冷えが辛いですよね。

 

  • 生姜をお食事に入れる
  • レッグウォーマーを利用する

 

のような対策の1つとして、

大内転筋のストレッチも効果的です。

 

大内転筋の緊張を解いてあげると、

股関節から爪先まで巡るを血流が良くなり、

冷え症の改善につながります。

冷え症改善

 

大内転筋のセルフケア

 

では、ご自宅でもできる

大内転筋のトレーニングとストレッチを

2つずつご紹介致します!

 

今回の記事の中で、

気になるポイントがあった方は

是非参考にしてみてください!

 

大内転筋トレーニング

ワイドスクワット

 

ヒップリフト

 

大内転筋ストレッチ

大内転筋ストレッチ

 

大内転筋ストレッチ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今週は太ももの筋肉

大内転筋をご紹介致しました。

 

意外と重要な役割を持っていたり、

トレーニングやストレッチで

沢山の効果が得られたりする筋肉ですので、

覚えて頂けると嬉しいです!

 

大内転筋は足の関与以外にも

骨盤や姿勢を安定させるために

とても重要です。

 

もしかしたら今あなたが抱えている

肩こりや腰痛もこの筋肉が

関与しているかもしれません。

 

体の痛みや違和感、

骨盤のゆがみなどでお悩みの方は

一度プロにご相談することをお勧め致します。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

日常生活、スポーツで大活躍★大内転筋の役割!

2020年09月3日

皆さま、こんにちは!

 

皆さまは、太ももにある筋肉

いくつご存知でしょうか?

 

有名な筋肉は、

 

大腿四頭筋

→太ももの前面にある大きな筋肉

 

ハムストリングス

→太ももの後面にある大きな筋肉

 

この2つですよね。

 

ですが、太ももの筋肉はこれだけでありません!

沢山の筋肉が太ももにギュッと集まっています。

 

そこで、9月のブログでは、

沢山ある太ももの筋肉から

毎週1つずつご紹介していきます!

 

その筋肉の役割などに加えて、

 

  • 知っておくと健康や美容に効果的な情報
  • 気になる症状や怪我の予防のためのケア

 

についても載せていくので、

是非ご覧ください!

 

今週の筋肉は、

大内転筋(だいないてんきん)です!

 

前編目次

大内転筋してどんな筋肉?
♦大内転筋はココにある!
♦大内転筋の3つの特徴!
大内転筋の役割は?
役割① 股関節を○○させる筋肉
♦大内転筋の活躍の場
♦役割② 骨盤を○○させる筋肉

 

後編目次 *9月5日(土)更新

大内転筋が変えるお身体の状態
♦トレーニングで得られる効果
♦ストレッチで得られる効果
大内転筋のセルフケア
♦大内転筋トレーニング
♦大内転筋ストレッチ

 

大内転筋てどんな筋肉?

 

大内転筋(だいないてんきん)

日常生活には全く耳にしない筋肉ですよね。

 

「初めて聞いた!」

という方が殆どかと思います。

 

まずは、この筋肉が

どんな筋肉なのかをご説明致します。

 

大内転筋はココにある!

 

大内転筋

 

イラストを見て頂くと分かるように、

大内転筋は骨盤から伸びて、

大腿骨(太ももの骨)に付着します。

 

太ももの内側にある筋肉になります。

 

大内転筋の3つの特徴!

2つのパーツに分けられる

 

大内転筋をよく見ると、

 

  • 骨盤から真っ直ぐに伸びるパーツ
  • 外側に向かって斜めに伸びるパーツ

 

の2つからできていることが分かります。

大内転筋の構造

 

大きな筋肉

 

その名前にの字がついている通り、

筋肉の大きさランキングの上位に

ランクインする大きな筋肉です!

 

そして、その分発揮する力も大きいです。

 

インナーマッスル

 

ぴっとでお腹に電気を当てて

トレーニングをされている方は、

インナーマッスル

という言葉をよく聞きますよね。

 

実はインナーマッスルとは、

身体のより深い位置にある筋肉という意味で、

身体中、色々な部位にあります

 

大内転筋も太ももの奥の方にあり、

インナーマッスルの仲間になります。

 

大内転筋の役割は?

役割① 股関節を○○させる筋肉

 

大内転筋の文字を分解すると、

大きくて、股関節を内転させる筋肉

となります。

 

股関節を内転させるの部分が、

大内転筋が担う主な役割になります。

 

股関節の内転とは、イラストのように

太ももを内側へ寄せるような動きです。

股関節内転

 

ちなみに、大内転筋の他に

股関節を内転させる筋肉が5つもあります!

 

  • 長内転筋
  • 短内転筋
  • 小内転筋
  • 薄筋
  • 恥骨筋

 

この5つです。

 

これらの筋肉は大内転筋より小さいので、

股関節を内転させるときには

6つの筋肉のうち大内転筋が一番働きます!

 

大内転筋の活躍の場

 

では実際にどんなときに

大内転筋を使っているのかご紹介致します。

 

日常生活

 

日常生活と大内転筋

 

スポーツ

 

スポーツ動作と大内転筋

 

役割② 骨盤を○○させる筋肉

 

大内転筋のもう一つの役割として、

骨盤を安定させるがあります。

 

大内転筋の片方の端は、

骨盤の下部分に付いていましたよね。

 

大内転筋の状態が良好であれば、

骨盤を正しい位置で支えてくれます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

太ももの筋肉大内転筋

特徴や役割は覚えて頂けましたか?

 

女性が脚を閉じて座るとき、

サッカー選手がシュートを決めるとき、

大内転筋が活躍しています!

 

この他にも内臓の不調や

膝や股関節の変形の予防にも

内転筋は活躍します。

 

後編では、

 

  • 大内転筋のトレーニングやストレッチで
    得られる効果
  • 大内転筋のセルフケア

 

についての内容になります。

 

引き続きご覧ください!

 

9月5日(土)の更新です。

 

内転筋は体を支える上でとても重要な筋肉です。

この筋肉のケアは日々の姿勢や

骨盤のゆがみに関係が深いです。

 

股関節の痛みや違和感、

骨盤のゆがみなどでお悩みの方は

一度プロにご相談することをお勧め致します。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

パフォーマンスがアップする!猫背解消のセルフケア

2020年08月30日

皆さま、こんにちは!

 

今回は前編後篇に渡り、

猫背とスポーツとの関係についての

内容となっております。

 

悪い姿勢の代表格猫背

スポーツ選手の

 

  • パフォーマンスの低下
  • 怪我のリスク

 

の原因にもなってしまいます。

 

先日の前編にて、

猫背によって起こる、

スポーツ動作またはスポーツ中の

弊害を3つご紹介致しました。

 

その弊害とは、

 

  • 肩の動きが狭くなる
  • 目線が下がる
  • 呼吸が浅く疲れやすくなる

 

こちらでした。

 

前編をまだご覧になっていない方、

もう一度詳しく知りたい方は

是非下のリンクからお進みください!

 

ご存知でしたか?猫背がスポーツに与える影響

 

後編では、

 

  • 猫背解消で期待できるスポーツへの効果
  • 猫背にならない身体づくりの方法

 

をご紹介していきます!

 

後編目次

正しい姿勢でスポーツ上達!
♦猫背が治ると○○が変わる
猫背にならない身体づくり
♦簡単!猫背チェック
♦猫背解消のセルフケア

 

正しい姿勢でスポーツ上達!

猫背が治ると○○が変わる

 

猫背でのスポーツが

当たり前”になった状態危険です。

 

そして、多くの方が

猫背によるスポーツ動作への弊害

に気付きにくいです。

 

スポーツ時は姿勢が悪くなることが多いですが、

一流選手ほど姿勢やバランスを重視しています。

 

つまり、猫背を見直して、

正しい姿勢でスポーツを行えるようになると、

パーフォーマンス向上

を実感して頂けると思います!

 

具体的には、猫背解消によって、

弊害となっていたことが反転して

スポーツの際のメリットに変わります。

 

  • 肩の動きが狭くなる→肩を大きく動かせる
  • 目線が下がる→目線が上がる
  • 呼吸が浅く疲れやすくなる→持久力がアップする
肩を大きく動かせる

 

スポーツでは

肩を使ったパフォーマンスが多いですよね。

 

  • 野球のボールを投げる動作
  • テニスのサーブを打つ動作
  • 水泳の水を掻く動作
  • バレーボールのアタック動作
  • カヌーのオールを漕ぐ動作

 

この他にも沢山あります。

 

これらのパフォーマンスに欠かせないのが、

正常な範囲内での大きな肩の可動域になります!

 

こちらはお試し頂きましたか?

 

画像のように猫背が解消されると、

狭くなっていた肩の可動域がグンと広がります

 

その結果

 

  • より大きな力の発揮
  • 各関節どうしのよりスムーズな力の伝達

 

が可能になります!

 

また、関節を無理に動かす必要がなく、

負担が軽減されるので、

 

  • けがの予防

 

にも繋がります。

肩の可動域改善

 

目線が上がる

 

  • サッカー
  • バスケットボール
  • ハンドボール

 

などのスポーツは、

広いコートやグラウンドの中で

状況がコロコロと変化します。

 

ボールがどこにあるか、

敵・味方がどこにいるかの確認には

広い視野が必要です。

 

また、

 

  • 弓道
  • アーチェリー

 

のようなスポーツでは、

しっかりと的を見定めることが大事です。

 

猫背によって、

無意識に目線が下がると

スポーツに必要な目の役割不足します。

 

猫背を解消することで

目の役割十分に発揮され、

パフォーマンスの“質”が高まります!

目線への効果

 

持久力がアップする

 

  • マラソン
  • 水泳の長距離種目
  • サッカー

 

など長時間体を動かし続けるスポーツにおいて

持久力は1つの“鍵”になります。

 

猫背解消によって

肺や横隔膜の圧迫がなくなると、

呼吸が改善され持久力がアップします!

 

肺や横隔膜を大きく使った

深い呼吸も可能になり、

武道のパフォーマンスも向上します!

持久力向上

 

猫背にならない身体づくり

 

猫背解消によって得られる

スポーツ動作やお体への効果を

いくつかご紹介致しました。

 

多くのスポーツで効果が得られるので、

猫背対策は是非行って頂きたいです!

 

まずは、

ご自身がどの猫背かをチェックして、

タイプに合ったセルフケアをお試しください!

 

簡単!猫背チェック

猫背セルフチェック

 

猫背解消のセルフケア

首猫背タイプの方

首猫背セルフケア

 

背中猫背タイプの方

背中猫背セルフケア

 

腰猫背タイプの方

腰猫背セルフケア

 

S字猫背タイプの方

S字猫背セルフケア

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は猫背とスポーツとの関係について

書かせて頂きました。

 

スポーツの上達には、

テクニックの習得や筋力アップも大事ですが、

正しい姿勢の獲得もポイントとなります。

 

是非今回の記事を参考にして頂いて、

普段のお身体のケアやトレーニングの中に

取り入れてみてください!

 

猫背や骨盤のゆがみでお困りの方、

姿勢を改善してパフォーマンスを向上させたい方は

一度プロにご相談することをお勧めいたします。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの方は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036


1 2 3 4 5 38