足首をしっかりとケアしましょう!

2019年08月11日

皆さま、こんにちは!

今年はゴールデンウィークに続いて、
お盆のお休みも大型連休ですね!
お出掛け、帰省をされる方も
多くいらっしゃると思います。
暑さや、交通機関の混雑には
充分注意して、
楽しい連休をお過ごしください!

 

さて、本日は
アキレス腱断裂】について書かせて頂きます!

アキレス腱については、
冬頃に一度書かせて頂いたのですが、
下腿三頭筋というふくらはぎの筋肉に繋がっている
長さ約15cmの[腱]になります。
(ふくらはぎの中心辺りからかかとまで)

 

アキレス腱は、
人体で1番太い腱なのですが、
運動中のジャンプや踏み込み動作などで
瞬間的にふくらはぎに強い負荷がかかると、
その負荷に耐えられず、
断裂してしまう場合があります!

アキレス腱の断裂は、
年齢、性別、スポーツの種目に関係なく
起こる怪我ですが、
その中でも、
スポーツ活動が盛んな
20~28歳での受傷が多いとされています。

 

受傷時は、
突然後ろから蹴られた」、
ボールがかかとに当たった」などのような衝撃と
バチンッ!という衝撃音があると言われています。

 

また、
アキレス腱が切れても

歩行可能な場合がありますが、
つま先立ちは出来なくなります。

 

このアキレス腱断裂の原因となるものは、
下記のように様々です。

 

アキレス腱の柔軟性低下

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)の柔軟性低下

アキレス腱についた小さい傷

スポーツ中のアンバランスな筋肉収縮
※調子が良すぎて、いつもより大きな力が脚にかかってしまったり、
運動不足で、筋肉のコントロールが上手く行われなかったりした場合

 

1度アキレス腱断裂を起こしてしまうと、
手術での治療が必要になったり、
競技への完全復帰に少なくとも
5ヶ月以上かかってしまったりします。

 

ですが、断裂の原因の内容は、
運動前、運動後のケアを
日頃から行うことによって
補えたり防げたりするものです。

 

これからご紹介するストレッチで
しっかりケアをして、
健康で丈夫なアキレス腱を
目指しましょう!

 

★ストレッチPart1
①壁から少し離れた位置で、壁と対面します。
②脚を前後に開きます。
(つま先、かかとの向きは真っ直ぐです。)
③両手を壁につき、壁を押すイメージでかかとを伸ばします。
(両足ともかかとは地面に着けたままです。)
④30秒ほどこの姿勢をキープします。
⑤前後の脚を入れ替えて同じように行います。

 


★ストレッチPart2
①椅子に浅く腰かけます。
②片方の膝を真っ直ぐ伸ばします。
③伸ばした方の足の裏にタオルを通して、両端を持ちます。
④つま先が上を向くようにタオルを引っ張りますり
⑤そのまま30秒ほどキープします。
⑥同じように反対の足も行います。

 

万が一、
アキレス腱断裂を起こしてしまった時には、
前回お伝えした
[RICE処置(ライス処置)]が有効です。
参考にして下さい!

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院は、
お盆のお休みを以下のように取らせて頂いております。

8月11日(日)~8月14日(水)

また、8月19日(月)は第3週のため休診日となり、
代わりに8月21日(水)が診療日となっております。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

鳴尾ぴっと骨盤整体院

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお願い致します。
0798-56-8036