立ち方&歩き方を簡単チェック!立ちっぱなしのお仕事がお身体に与える影響とは?

2021年02月5日

皆さま、こんにちは!

 

お仕事によっては、長時間立ちっぱなしでいなければいけないものがありますよね。

 

例えば、

 

  • 美容師
  • 学校の先生
  • エンジニア
  • 飲食店のスタッフ

 

などなど沢山あります。

 

毎日の立ち仕事で、腰や脚に痛みやだるさを感じている方はいらっしゃいませんか?

 

普段の立ち姿勢や歩き方などで、必要以上に腰や脚に負担がかかってしまっているかもしれません。

 

今回は、

 

  • 立ち仕事によるお身体への影響
  • お仕事中の姿勢のチェック方法

 

などをお伝え致します!

 

特に立ち仕事をされている方、最後までご覧ください。

 

長時間の立ち仕事による影響

 

早速、長時間の立ち仕事がお体に対してどのような影響を与えているのかご紹介致します。

 

もしかしたら、今抱えているお悩みと同じものがあるかもしれません。

 

腰痛

 

立ち仕事の方は腰痛が多いのではないでしょうか?

 

真っ直ぐ立つことが大切ですが、つい片足体重になってしまいます。

 

片足重心を長時間続けていると、身体は左右に傾いたままになります。

 

  • 背骨や骨盤のゆがみが生じる
  • 身体の一部に極端な負荷がかかる

 

といったことが生じてきます。

 

ゆがみや負荷によって、腰痛が引き起こされます。

 

また、背中が丸くなった猫背姿勢の方は、

 

  • 体幹の可動域が狭くなる
  • 頭部の重さや地面からの衝撃が吸収できない

 

といったデメリットによる腰痛も考えられます。

 

太ももの張り

 

お仕事でハイヒールを履かなければいけない方、太ももの張りは気になりませんか?

 

ハイヒールを履いた姿勢は、爪先立ちをしているような姿勢ですよね。

 

体重は前に移動しますので、常にグッと爪先で踏ん張っている感じです。

 

この時、身体を支えるために太ももの筋肉が働きます。

 

  • 勤務中はずっとハイヒールを履く
  • ハイヒールを履いて走ることもある

 

このようなお仕事状況が太ももの張りの原因になってしまいます。

 

ふくらはぎのむくみ

 

立ち仕事の方の悩みとして、ふくらはぎのむくみも多いかなと思います。

 

お仕事内容によっては、立ち仕事ではあっても実際に脚を動かして歩いている距離は少ないこともあります。

 

そうすると筋肉、特に歩く時に足首を動かすための筋肉は動かないまま、長時間同じ姿勢をとることによる疲労だけが溜まっていきます。

 

この疲労がむくみの原因の一つです。

 

また、下半身は心臓より下にあり、血液が心臓に巡りにくい部分です。

 

筋肉がしっかり動かせていれば、筋肉がポンプの役割をしてくれて血液が循環していきます。

 

しかし、筋肉が動かなければ循環は滞るので、必然的にむくみが生じてしまいます。

 

簡単立ち姿勢&歩き方チェック

 

続いて、皆さまのお仕事中の立ち姿勢や歩き方をチェックしていきましょう!

 

お身体に負担がかかってしまうような立ち姿勢や歩き方は、上記のような症状を助長してしまっていることがあります。

 

是非、一度お試しください。

 

立ち姿勢チェック

 

イラストのように、

 

  • 後頭部
  • 両肩
  • お尻
  • かかと

 

の4点を壁にくっつけます。

 

この姿勢をスムーズに作れて、違和感がない方は、お身体に負担が少ない姿勢をとれているかと思います。

立ち姿勢チェック

 

しかし、

 

  • 頭を引っ込めないと壁につかない
  • いつも以上に胸を張らないといけない

 

という方、立ち仕事中の姿勢がお身体の不調を生んでいた可能性があります。

 

歩き方チェック

 

普段と同じように5、6歩歩いてみてください。

 

  • かかとから地面につけていた
  • 蹴り上げるときは、足首をしっかり伸ばせていた

 

という方は、しっかり筋肉を使って歩けています。

歩き方チェック

 

しかし、

 

  • 特に足首の動きはなかった
  • ずり足のような感じだった

 

という方、筋肉をうまく使えていない歩き方です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

皆さまは、

 

  • 正しい立ち姿勢、歩き方
  • お身体に負担となる立ち姿勢、歩き方

 

どちらでしたか?

 

お仕事中は姿勢に意識を向けられないことが多いですが、少し見直してあげるだけでも、今までの状態を知ることができます。

 

土曜日の後編では、立ち仕事の方にオススメのセルフケアもご紹介致しますので、続けて読んで頂けると嬉しいです!

 

また、辛い腰痛やむくみ、冷え症などお身体の不調にお困りの方、是非一度鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

3つのポイントを意識するだけで効果的!キレイな姿勢になる方法

2021年01月24日

皆さま、こんにちは!

 

今回のブログでは、身体の左右差についてまとめております。

 

今週水曜日の前編はご覧頂けましたでしょうか?

 

身体に左右差が生じる原因として、

 

  • 身体の構造や性質
  • 生活習慣や癖

 

の2点をご説明致しました。

 

元々、人間の身体は、臓器の位置や利き手などの関係で左右差があるので、左右非対称となっています。

 

この左右差が少ないほど身体のバランスが良くなり、様々な効果があります。

 

しかし、

 

  • 脚を組む
  • どちらか一方の肩にバッグをかける
  • ゆがんだ姿勢のままのデスクワーク

 

など生活習慣や癖が原因で身体の左右差はどんどん大きくなってしまいます。

 

皆さまは、大丈夫でしょうか?

 

前編にて、身体の左右差を簡単にチェックする方法をご紹介していますので、試してみてください!

 

前編はリンクよりお進みください。

 

あなたの姿勢は大丈夫?身体の左右差を簡単チェック!

 

後編は、

 

  • 身体の左右差を最小限にするポイント
  • 身体の左右差改善のためのセルフケア

 

の2つについてです!

 

是非、最後までご覧くださいませ。

 

後編目次 

身体の左右差を最小限にするために
♦️適度な運動や運動後のケア
♦️デスクワーク中の小まめな休憩
♦️習慣的なエクササイズやストレッチ
身体の左右差改善セルフケア
♦️お尻歩きエクササイズ
♦️簡単ストレッチ

 

身体の左右差を最小限にするために

 

では早速、身体の左右差を最小限にするためのポイントをご紹介致します。

 

全部で3つのポイントが出てきますので、普段どんなことを意識したら良いのか、チェックしてみてくださいね。

 

適度な運動や運動後のケア

 

まず1つ目は、適度な運動や運動後のケアです。

 

運動不足になると、運動を定期的にしている方より、身体の筋肉を動かす場面が少なくなり、

 

  • 姿勢を保つための筋力が低下する
  • 筋肉が緊張してコリ・痛みが生じる

 

といった身体にとって良くない変化が起こります。

 

その結果、左右差が生じやすい身体になってしまいます。

 

そうならないためにも、運動習慣をつけて、身体の筋肉を動かしてあげることが大切です。

 

お忙しい方も、お休みの日やスキマ時間を有効に使って、普段の生活の中に運動を入れることを心掛けてみてください!

 

そして、運動の後には身体のケアも忘れずに行いましょう!

 

運動後のケアを怠ってしまうと、筋肉に疲れが溜まったままになるので、

 

  • 筋肉が必要以上に張る
  • 筋肉の柔軟性が低下する

 

のように、折角の運動の効果が得られ難くなってしまいます。

適度な運動や運動後のケア

 

デスクワーク中の小まめな休憩

 

2つ目は、デスクワーク中の小まめな休憩です。

 

机に向かっている時はついつい熱中してしまい、時間を忘れてしまいますよね。

 

しかし、デスクワーク中は姿勢の癖も出やすく、同じ姿勢が長時間続いてしまいがちです。

 

良い姿勢を意識しながらの作業でも、1時間間隔で休憩を入れましょう!

 

  • 軽いストレッチで身体をほぐす
  • 少し外に出てみる

 

など、リフレッシュも兼ねた休憩が理想的です!

デスクワーク中のこまめな休憩

 

習慣的なエクササイズやストレッチ

 

3つ目は、習慣的なエクササイズやストレッチです!

 

ご自宅で簡単にできるエクササイズやストレッチもありますので、姿勢の改善・維持のためのセルフケアを習慣化しましょう!

 

エクササイズは

 

  • 普段使えていない筋肉を使う
  • 姿勢維持のための筋力を養う

 

といった効果があります。

 

ストレッチは、お仕事中の姿勢や普段の生活習慣などに合わせて、適切に行うことで

 

  • 筋肉の疲労を解消する
  • 筋肉の柔軟性を高める

 

などの効果があります。

 

このエクササイズとストレッチを習慣的にバランス良く行うことで、左右差が生じにくい身体になります。

習慣的なエクササイズとストレッチ

 

身体の左右差改善セルフケア

 

最後に、身体の左右差改善に効果的なセルフケアをご紹介致しますので、是非、お試しください。

 

お尻歩きエクササイズ

 

姿勢改善エクササイズ お尻歩き

  1. 長座の状態になります
  2. 片方ずつお尻を持ち上げて前に出します
  3. 両腕は前後に大きく振りましょう
  4. 前に10歩進んでみてください!

 

前歩きができた方、後ろ歩きにもチャレンジしてみてください。

 

簡単ストレッチ

 

姿勢改善ストレッチ

  1. 仰向けになります
  2. 両膝を胸の前で抱えます
  3. できるだけ胸に近づけるようにします
  4. 30秒程度キープしましょう

 

姿勢改善ストレッチ

  1. 両足の裏を合わせて菱形を作ります
  2. 背すじを伸ばします
  3. ゆっくりと上半身を前に倒しましょう
  4. その状態で30秒程度キープします

 

 

このほかにも、鳴尾ぴっと骨盤整体院のYouTubeチャンネルにて、姿勢の改善や維持のためのセルフケアを配信しております。

 

下の画像をクリックして、ご覧くださいませ!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

身体の左右差をできるだけ少ない状態にするために、今回ご紹介したポイントを意識して頂けると嬉しいです!

 

皆さまの生活スタイルに合わせて、取り入れてみてください!

 

  • お身体のゆがみが気になる方
  • お身体の不調や痛みでお悩みの方

 

一度当院までご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

 

猫背・骨盤矯正のプロが解説!正月太り予防と解消方法

2021年01月2日

皆さま

新年明けましておめでとうございます!

 

年末年始のお休みを

いかがお過ごしでしょうか?

 

お正月になると

“特別な日”という感じがして

普段よりお食事をとりすぎてしまいます。

 

そうなると気になるのが

正月太りですよね。

 

特に今年は

お出かけがなかなかできない状況ですので

お休み中の運動量も少ないと思います。

 

そこで本日のブログでは

正月太り予防のための3つのこと

をご紹介致します!

 

  • 美味しいものはたくさん食べたい!
  • 運動する機会は少ない
  • 正月明けの体重増加が気になる…

 

という方

是非参考にしてみてくださいね!

 

目次

正月太り予防のために!
♦️食事はゆっくり摂る
♦️生活習慣は崩さない
♦️適度に身体を動ごかす
正月太りを撃退!簡単エクササイズ
♦️ワイドスクワット
♦️サイドランジ

 

正月太り予防のために!

 

食事はゆっくり摂る

 

一定量の食事によって血糖値が上がることで

脳に「満腹」という指令が出されて

満腹感を感じます。

 

このメカニズムは

食事を始めてから作動するまでに

約30分かかると言われております。

 

そのため

満腹感を感じない“早食い”

食べ過ぎの原因となるのです!

 

お正月といえば

 

  • おせち料理
  • お雑煮

 

ですね。

 

お雑煮に入っているお餅は

美味しくてつい何個も食べてしまいます。

 

またその他にも

皆さまのご実家やご出身の地域ならではの

お食事もされるかと思います。

 

せっかくの美味しいお食事を

正月太りで後から後悔しないために

一回のお食事に時間をかけましょう!

 

是非明日の朝ごはんから

気をつけてみてください。

 

生活習慣を崩さない

 

年末年始に限らず

お休みの日は

生活習慣が崩れやすいです。

 

  • 朝はなかなか起きられない
  • 夜更かしをしてしまう
  • お酒を飲み過ぎてしまう

 

などなど

お心当たりがあるかと思います。

 

この生活習慣の乱れ

正月太りの原因の一つです。

 

お正月だからといって

くつろぎすぎないよう

要注意です!

 

適度に身体を動かす

 

年末年始は

普段より運動量が少なくなりやすいです!

 

  • こたつが温かくて出られない
  • テレビの特番が気になる

 

と誘惑が沢山ありますよね。

 

しかし身体を動かさなければ

当然ですが

 

摂取エネルギー消費エネルギー

 

となってしまいます。

 

これでは

お正月に体重が増えてしまうのも

無理ありません!

 

お正月でも

適度に身体を動かしましょう!

 

温かいお部屋で

テレビを見ながらでもできる

エクササイズをご紹介致します!

 

正月太りを撃退!簡単エクササイズ

 

ワイドスクワット

ワイドスクワット

  1. 少し広めに足を広げます
  2. 背すじをまっすぐ伸ばします
  3. そのまま重心を下げていきます
  4. 膝が爪先より前に出ないよう注意です!

 

太ももが床と平行になるまで下げ

ゆっくりと元に戻します。

10回繰り返しましょう!

 

 

サイドランジ

サイドランジ

  1. 肩幅よりやや広めの足幅で立ちます
  2. 真横に大きく踏み出します
  3. ゆっくりと体重を下にかけていきます
  4. 元の姿勢に戻します

 

こちらも左右10回繰り返しましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

正月太りを予防するために

 

  • 食事はゆっくり摂る
  • 生活習慣を崩さない
  • 適度に身体を動かす

 

この3つを意識してみてください!

 

そして

お休み明けのお勉強、お仕事を

気持ちよくスタートさせましょう!

 

肩こりや腰痛でお悩みの方

猫背や骨盤のゆがみが気になる方は

是非一度当院までご相談くださいませ。

 

本年も

どうぞよろしくお願いいたします。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

 

 

2020年総集編!猫背、肩こり、骨盤のゆがみのセルフケア

2020年12月30日

皆さま、こんにちは!

 

今年もあとわずかとなりました。

ブログの更新も

本日が年内最後となります!

 

そこで本日は

今年のブログの総集編として

今までの記事をいくつかご紹介致します!

 

気になる記事は

それぞれのURLをクリックして

該当ページでもご覧くださいね

 

目次

2020年ブログ総集編
♦️猫背について
♦️肩こりについて
♦️骨盤のゆがみについて

 

2020年ブログ総集編

 

今年一年の中でも

特にブログのテーマとなることが多かった

 

  • 猫背
  • 肩こり
  • 骨盤のゆがみ

 

の3つについての記事になります!

 

猫背について

 

2020年12月の1週目のブログでは

 

  • 猫背による4つのデメリット
  • 猫背に効くセルフケア

 

などをご紹介致しました。

猫背の4つのタイプ

 

猫背で生じる4つのデメリットとは

 

  • 肩こりや腰痛
  • 肺や胃腸の機能低下
  • 集中力や思考力の低下
  • 他人に暗い印象を与える

 

でした。

 

これらのデメリットが生じる

猫背を改善させるためには

筋トレやストレッチが大切です。

 

猫背で伸びてしまった筋肉には筋トレ

猫背で収縮した筋肉にはストレッチ

 

をそれぞれ行うことで

症状が改善されます!

 

本編では気になる

筋トレとストレッチの方法も

解説しています。

 

是非、ご覧ください!

 

前編はこちら

放っておくと怖い!?猫背が原因となる4つの症状

後編はこちら

猫背改善で綺麗な姿勢に★効果的なセルフケアを解説

 

肩こりについて

 

2020年10月のブログでは

肩こりの原因となる身体の不調

がテーマとなっておりました。

 

その中でも1週目は

肩こりと眼精疲労の関係

着目しました。

 

眼精疲労を起こしやすい生活習慣は

必然的に肩こりの発生にも繋がります。

 

後編では

 

  • 眼精疲労の予防方法
  • 眼精疲労に効果的なツボ

 

もご紹介致しました。

 

日頃から目を酷使しているな

と感じている方には

読んで頂きたい内容です!

肩こりと眼精疲労の関係 目を酷使する姿勢

 

前編はこちら

眼精疲労と肩こりの関係!症状に繋がる習慣とは?

後編はこちら

目の疲れ解消!眼精疲労に効果的なツボとセルフケア

 

骨盤のゆがみについて

 

2020年7月の2週目のブログでは

骨盤の前傾・後傾姿勢

に着目しました。

骨盤の前傾姿勢

骨盤の後傾姿勢

 

骨盤が前傾している姿勢と

骨盤が後傾している姿勢とでは

見た目や骨盤の状態が全く違います。

 

しかし、身体に対して

よくない影響を与えるという点では

同じになります。

 

本編では

 

  • 前傾・後傾のセルフチェック方法
  • 前傾・後傾に効くストレッチ

 

などもご紹介しております!

 

骨盤のゆがみが気になる方

必見です!

 

前編はこちら

身体の「土台」!骨盤の簡単セルフチェック方法★

後編はこちら

骨盤のゆがみ解消!簡単セルフケア★

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は今年の総集編として

 

  • 猫背
  • 肩こり
  • 骨盤のゆがみ

 

をテーマにした記事を

1つずつご紹介致しました。

 

そのほかにも

 

  • 膝のセルフケア
  • スポーツの怪我の予防
  • ダイエット

 

など様々なテーマでも

書かせて頂いております!

 

是非併せてご覧くださいませ。

 

今年もスタッフブログを読んで頂き

ありがとうございました。

 

来年も引き続き

皆さまの健康に役立つような情報を

お伝えして参ります。

 

来年もどうぞ

よろしくお願い致します。

 

ぴっとのYouTube

 

2020年は

鳴尾ぴっとのYouTubeチャンネル

スタジオぴっとも開設されました!

 

スタジオぴっとはこちらの画像から!

 

毎週木曜日の21時に

身体の症状に合わせたセルフケアを

配信しております!

 

そちらの方も

是非チャンネル登録をして

チェックしてみてください!

 

年末年始のお知らせ

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院では

年末年始のお休みを

下記の通りに頂いております。

 

皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが

何卒、よろしくお願い致します。

 

皆さま

良いお年をお迎えくださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

骨盤と膝を繋ぐ重要な筋肉の役割とは?

2020年09月17日

皆さま、こんにちは!

 

今週も、太ももの筋肉にある筋肉を

ご紹介致します!

 

今週注目していくのは、

 

  • 様筋(はんけんようきん)
  • 様筋(はんまくようきん)

 

こちらの2つの筋肉になります!

 

一瞬「あれ?」と思うほど、

名前がそっくりの筋肉ですね。

 

これまでに記事にした、

 

  • 大内転筋
  • 大腿筋膜張筋

 

2つの筋肉と同様に

初めて知る方が多いかと思います。

 

半腱様筋半膜様筋も、

日常生活やスポーツ場面で重要な筋肉です!

 

筋肉の役割や、

トレーニング・ストレッチで得られる効果を

まとめておりますので、

是非、チェックしてみてください!

 

前編目次

半腱様筋・半膜様筋てどんな筋肉?
♦️ハムストリングスを構成する筋肉
♦️半腱様筋はココにある!
♦️半膜様筋はココにある!
半腱様筋・半膜様筋の重要な役割
♦️半腱様筋・半膜様筋が担う関節運動
♦️日常生活での役割
♦️スポーツ場面での役割

 

後編目次 *9月19日(土)更新

半腱様筋・半膜様筋がケア不足だと…?
♦️鵞足炎
♦️ハムストリングスの肉離れ
♦️骨盤のゆがみ
半腱様筋・半膜様筋のセルフケア
♦️半腱様筋・半膜様筋のトレーニング
♦️半腱様筋・半膜様筋のストレッチ

 

半腱様筋・半膜様筋てどんな筋肉?

 

まずは、半腱様筋半膜様筋の2つの筋肉の

特徴位置をご紹介致します!

 

ハムストリングスを構成する筋肉

 

太ももの裏にあって

ハムストリングスと呼ばれる筋群

ご存知でしょうか?

 

スポーツの経験がある方は、

ハムが筋肉痛だ…」のように

略して呼んでいたかもしれません。

 

鳴尾ぴっと整体院のブログでも

何回か登場しました!

 

このハムストリングスを構成する筋肉の中に、

半腱様筋半膜様筋の2つとも含まれます。

 

ハムストリングスを構成する筋肉

 

  • 半腱様筋
  • 半膜様筋
  • 大腿二頭筋(長頭と短頭)

 

半腱様筋半膜様筋の2つは

名前がそっくりな上に位置も近いので、

次の項目で1つずつ見ていきます!

 

半腱様筋はココにある!

 

半腱様筋

 

太ももの骨(大腿骨)に沿って

スラッと伸びる筋肉です。

 

ちなみに、半腱様筋が付着する

膝の内側の部分は、

鵞足と呼ばれています。

 

ここには

 

  • 半腱様筋
  • 薄筋(はっきん)
  • 縫工筋(ほうこうきん)

 

の3つの筋肉が付着していて、

その様子がガチョウの足に似ていることから

この呼び名が付きました!

 

半膜様筋はココにある!

 

半膜様筋

 

半腱様筋よりも少し

ふっくらとした筋肉です。

 

実際には様筋の上に

様筋が乗るように位置しています。

 

半腱様筋・半膜様筋の重要な役割

 

では、半腱様筋半膜様筋が持つ

重要な役割についてご紹介致します!

 

半腱様筋・半膜様筋が
担う関節運動

 

半腱様筋半膜様筋

主に次の3つの関節運動で働きます。

 

股関節の伸展

 

股関節伸展

 

伸展という関節運動は、

関節がなす角度を大きくしていく運動です!

 

膝関節の屈曲

 

膝関節屈曲

 

膝関節の内旋

 

膝関節内旋

 

少し難しい関節運動です。

 

実際に試して頂くときは、

無理のない範囲で行ってくださいね。

 

半腱様筋半膜様筋

股関節と膝関節の2つの関節に跨る

「二関節筋」の仲間です。

 

そのため、

股関節と膝関節の両方の関節運動に

関与します。

 

日常生活での役割

 

半腱様筋半膜様筋

実際に関与する日常動作がこちらです。

 

  • 歩行動作
  • 走行動作
  • 走って止まるときのブレーキ動作
  • 階段の昇り降り

 

スポーツ場面での役割

 

半腱様筋半膜様筋

スポーツでも活躍します!

 

その役割が発揮されているのが

こちらです!

 

  • 速く走るとき(スピード)

 短距離走、サッカーなど

 

  • 素早く動くとき(敏捷性)

 バスケットバール、卓球など

 

  • 踏ん張るとき(足腰の強さ)

 野球、格闘技など

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編では、

  • 様筋
  • 様筋

について、

筋肉の位置役割をご紹介致しました。

 

半腱様筋半膜様筋のような、

普段あまり聞き馴染みのない筋肉も、

実は重要な役割を果たしています。

 

また、股関節と膝関節に跨る筋肉なので、

 

  • 姿勢の安定
  • 骨盤のゆがみ
  • 膝の安定性

 

にも影響しています。

 

後編では、

半腱様筋半膜様筋に関して、

 

  • けがやお身体の不調について
  • セルフケアの効果や方法

 

についての内容になります。

 

是非、ご覧ください!

 

9月19日(土)の更新です。

 

今回の記事のように

脚の筋肉は体に大きな影響を

与えるものが多いです。

 

あなたが感じている

肩こりや、腰痛の原因が

もしかすると脚にある場合もあります。

 

骨盤のゆがみや

肩こり、腰痛、膝の痛みなどの症状を

少しでも早く根本的に解決したい方は、

鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

 

日常生活、スポーツで大活躍★大内転筋の役割!

2020年09月3日

皆さま、こんにちは!

 

皆さまは、太ももにある筋肉

いくつご存知でしょうか?

 

有名な筋肉は、

 

大腿四頭筋

→太ももの前面にある大きな筋肉

 

ハムストリングス

→太ももの後面にある大きな筋肉

 

この2つですよね。

 

ですが、太ももの筋肉はこれだけでありません!

沢山の筋肉が太ももにギュッと集まっています。

 

そこで、9月のブログでは、

沢山ある太ももの筋肉から

毎週1つずつご紹介していきます!

 

その筋肉の役割などに加えて、

 

  • 知っておくと健康や美容に効果的な情報
  • 気になる症状や怪我の予防のためのケア

 

についても載せていくので、

是非ご覧ください!

 

今週の筋肉は、

大内転筋(だいないてんきん)です!

 

前編目次

大内転筋してどんな筋肉?
♦大内転筋はココにある!
♦大内転筋の3つの特徴!
大内転筋の役割は?
役割① 股関節を○○させる筋肉
♦大内転筋の活躍の場
♦役割② 骨盤を○○させる筋肉

 

後編目次 *9月5日(土)更新

大内転筋が変えるお身体の状態
♦トレーニングで得られる効果
♦ストレッチで得られる効果
大内転筋のセルフケア
♦大内転筋トレーニング
♦大内転筋ストレッチ

 

大内転筋てどんな筋肉?

 

大内転筋(だいないてんきん)

日常生活には全く耳にしない筋肉ですよね。

 

「初めて聞いた!」

という方が殆どかと思います。

 

まずは、この筋肉が

どんな筋肉なのかをご説明致します。

 

大内転筋はココにある!

 

大内転筋

 

イラストを見て頂くと分かるように、

大内転筋は骨盤から伸びて、

大腿骨(太ももの骨)に付着します。

 

太ももの内側にある筋肉になります。

 

大内転筋の3つの特徴!

2つのパーツに分けられる

 

大内転筋をよく見ると、

 

  • 骨盤から真っ直ぐに伸びるパーツ
  • 外側に向かって斜めに伸びるパーツ

 

の2つからできていることが分かります。

大内転筋の構造

 

大きな筋肉

 

その名前にの字がついている通り、

筋肉の大きさランキングの上位に

ランクインする大きな筋肉です!

 

そして、その分発揮する力も大きいです。

 

インナーマッスル

 

ぴっとでお腹に電気を当てて

トレーニングをされている方は、

インナーマッスル

という言葉をよく聞きますよね。

 

実はインナーマッスルとは、

身体のより深い位置にある筋肉という意味で、

身体中、色々な部位にあります

 

大内転筋も太ももの奥の方にあり、

インナーマッスルの仲間になります。

 

大内転筋の役割は?

役割① 股関節を○○させる筋肉

 

大内転筋の文字を分解すると、

大きくて、股関節を内転させる筋肉

となります。

 

股関節を内転させるの部分が、

大内転筋が担う主な役割になります。

 

股関節の内転とは、イラストのように

太ももを内側へ寄せるような動きです。

股関節内転

 

ちなみに、大内転筋の他に

股関節を内転させる筋肉が5つもあります!

 

  • 長内転筋
  • 短内転筋
  • 小内転筋
  • 薄筋
  • 恥骨筋

 

この5つです。

 

これらの筋肉は大内転筋より小さいので、

股関節を内転させるときには

6つの筋肉のうち大内転筋が一番働きます!

 

大内転筋の活躍の場

 

では実際にどんなときに

大内転筋を使っているのかご紹介致します。

 

日常生活

 

日常生活と大内転筋

 

スポーツ

 

スポーツ動作と大内転筋

 

役割② 骨盤を○○させる筋肉

 

大内転筋のもう一つの役割として、

骨盤を安定させるがあります。

 

大内転筋の片方の端は、

骨盤の下部分に付いていましたよね。

 

大内転筋の状態が良好であれば、

骨盤を正しい位置で支えてくれます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

太ももの筋肉大内転筋

特徴や役割は覚えて頂けましたか?

 

女性が脚を閉じて座るとき、

サッカー選手がシュートを決めるとき、

大内転筋が活躍しています!

 

この他にも内臓の不調や

膝や股関節の変形の予防にも

内転筋は活躍します。

 

後編では、

 

  • 大内転筋のトレーニングやストレッチで
    得られる効果
  • 大内転筋のセルフケア

 

についての内容になります。

 

引き続きご覧ください!

 

9月5日(土)の更新です。

 

内転筋は体を支える上でとても重要な筋肉です。

この筋肉のケアは日々の姿勢や

骨盤のゆがみに関係が深いです。

 

股関節の痛みや違和感、

骨盤のゆがみなどでお悩みの方は

一度プロにご相談することをお勧め致します。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

スポーツ外傷を減らす3つの対策法とは?

2020年08月23日

皆さま、こんにちは!

 

今回のテーマ関節弛緩性は、

 

肩や膝などの関節に、

“一定の関節可動域から

逸脱した関節運動がある状態”です。

 

関節や筋肉の柔らかさを表す

「身体柔軟性」とは異なり、

関節の過度な“緩さ”を表しています。

 

そして、この関節弛緩性の要因には、

 

  • 先天的原因骨格の構造など)→元々のお身体の特徴として関節弛緩性がある
  • 各スポーツが持つ特性→スポーツ動作の継続で関節弛緩性が生じる
  • 怪我による関節支持機構の機能低下→関節を守る靭帯などが緩んでしまう

 

などが挙げられます。

 

前編では、

関節弛緩性の簡単なセルフチェックを

ご紹介致しましたが、

皆さまのお身体の状態はいかがでしたか?

 

まだご覧になっていない方は、

是非下のリンクからお進みください!

気になる関節の緩みを簡単チェック!

 

後編は、

 

  • 関節弛緩性がある場合に気を付けたいスポーツでの怪我
  • 関節弛緩性への対策

についての記事になります!

 

後編目次

関節弛緩性がある方は要注意!
スポーツ中に起こる怪我
♦肩関節前方脱臼
♦膝前十字靭帯損傷
♦足関節捻挫
関節弛緩性への対策
♦筋力アップ
♦テーピングやサポーターでの固定
♦正しいフォームのチェック

 

関節弛緩性がある方は要注意!
スポーツ中に起こる怪我

 

以前は、

身体の柔軟性が乏しいことが

怪我の原因となると言われていました。

 

しかし現在では、

関節が過剰な可動域を持つことも

怪我の原因となる可能性が報告されています。

 

関節弛緩性とスポーツ中の怪我との関係は

前編でもまとめておりますので、

そちらをご覧ください!

 

では、実際にどんな怪我が起こりやすいのか、

ご紹介いたします。

 

肩関節前方脱臼

 

1つ目は、肩関節前方脱臼です。

肩関節前方脱臼

 

肩関節に後方から強い力が掛かったり

腕を無理やり後ろへ引っ張られたりすると、

上腕骨の前方への脱臼が生じます。

 

ラグビーやアメフト、柔道で

よく起こる怪我になります。

 

肩関節はその構造自体が不安定です。

しかも細かい筋肉が多くあり複雑です。

 

その上さらに関節弛緩性が加わると、

関節のストッパー機能が効かず、

脱臼が起こりやすい状態になるのです。

 

膝前十字靭帯損傷

 

2つ目は、膝前十字靭帯損傷です。

膝前十字靭帯損傷

 

多くの場合が

膝関節にねじれが生じたときや

強い力が掛かったとき

膝関節の真ん中にある靭帯の損傷が生じます。

 

サッカーやバスケットボール、格闘技で

多く見られる怪我になります。

 

関節弛緩性があると、

膝関節に掛かるねじれの力が大きくなり、

靭帯損傷のリスクが高まります。

 

ちなみに、

膝前十字靭帯損傷の発生頻度は

男性よりも女性で多くなります。

 

その理由の一つとして、

関節弛緩性が女性に多く見られることも

考えられています。

 

足関節捻挫

 

3つ目は、足関節捻挫です。

足関節捻挫

 

スポーツ動作の中で

滑ったり、ジャンプから着地したりしたとき

足首をひねることで生じます。

 

体操競技や野球、テニスで

よく見られる怪我になります。

 

関節弛緩性があると、

捻挫の重症度が増してしまったり、

2度3度と再発のリスクも高まります。

 

関節弛緩性への対策

 

前編でのセルフチェックで、

点数が4点以上だった方は、

関節弛緩性があるとされています。

 

セルフチェックのおさらい

 

手首を下に曲げたとき、親指と腕がくっ付く

→片手のみは0.5点、両手は1点

 

肘を伸ばしたとき、
 上腕に対して前腕が15°以上下がる

→片腕のみは0.5点、両腕は1点

 

腕を上下から背中に回したとき、指が繋げる

→片方のみは0.5点、両方は1点

 

脚を伸ばしたとき、
 太ももの長軸と下腿の長軸が10°以上開く

→片脚のみは0.5点、両脚は1点

 

足首を最大限に曲げたとき、
 すねとの角度が 45°より小さい

→片足のみは0.5点、両足は1点

 

前屈をしたとき、手のひらが床につく

→当てはまると1点

 

両足の爪先を外に向けたとき、
 間の角度が180°になる

→当てはまると1点

 

詳しい方法はこちらから!

気になる関節の緩みを簡単チェック!

 

 

点数が4点以上で、

スポーツ動作に不安がある方は、

次の対策法を取り入れてみてください!

 

  • スポーツ中の怪我の予防
  • スポーツパフォーマンスの改善

などに効果的です!

 

筋力アップ

 

関節の周りにある筋肉を鍛えて

関節弛緩性による関節の動揺を抑えます。

筋力アップ

 

テーピングやサポーターでの固定

 

関節運動が大きくなりすぎないように、

テーピングやサポーターで制御します。

テーピングやサポーターでの固定

 

正しいフォームのチェック

 

自分では気づかないうちに、

関節に負担のかかるフォームが

身に付いてしまっている場合もあります。

 

鏡や携帯電話のビデオ機能を使って、

フォームを確認することも大切です!

正しいフォームのチェック

 

場面に応じて、

これらの対策を取り入れて、

安全に楽しくスポーツをしましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編、後編に渡り関節弛緩性について、

 

  • 簡単なセルフチェック法
  • スポーツ中に起こりやすい怪我
  • 関節弛緩性への対策法

 

をご紹介致しました!

 

怪我の予防や、

パフォーマンスの向上には、

ご自身のお身体の状態や特徴を

知ることが大切です。

 

是非、今回の内容を参考にしてみてください!

 

スポーツ中の動作で痛みがある方、

その他、お身体の不調でお困りの方は

一度プロにご相談することをお勧め致します。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

気になる関節の緩みを簡単チェック!

2020年08月19日

皆さま、こんにちは!

 

今まで鳴尾ぴっとのブログ内では、

身体の“柔らかさ(柔軟性)”について

沢山ご紹介してきました!

 

身体柔軟性は高く保たれていると、

 

  • 動作の質が上がる
  • お身体の症状が改善する
  • 体の痛みが出にくい

 

などのメリットがあります。

 

なので、日常生活でもスポーツでも

「身体柔軟性は大事なんだ!」

ということは解って頂けているかと思います。

 

では、この身体柔軟性と似ている言葉で

関節弛緩性(しかんせい)」

という言葉があります。

この言葉はご存知でしょうか?

 

ブログには登場したことはありませんが、

関節の“ある状態”を表す言葉です。

 

そして、スポーツ中の怪我の発生にも

関わってくる要素になります。

 

そこで、今回は

関節弛緩性をテーマにして、

詳しくご紹介致します!

 

前編目次

関節弛緩性とは…?
♦身体柔軟性と関節弛緩性の違い
♦関節弛緩性の要因
♦関節弛緩性があると〇〇!?
関節弛緩性の簡単セルフチェック
♦セルフチェックの方法
♦評価の仕方

 

後編目次 *8月22日(土)更新

関節弛緩性がある方は要注意!
スポーツ中に起こる怪我
♦肩関節前方脱臼
♦膝前十字靭帯損傷
♦足関節捻挫
関節弛緩性への対策
♦筋力アップ
♦テーピングやサポーターでの固定
♦正しいフォームのチェック

 

関節弛緩性とは…?

関節弛緩性とは、

冒頭でも述べましたが、

関節の状態を表す言葉です。

 

ここでは、

 

  • 身体柔軟性との違い
  • 関節弛緩性が持つ性質

 

について見ていきましょう!

 

関節柔軟性と関節弛緩性の違い

身体柔軟性

 

身体柔軟性とは、

 

関節可動域とその範囲内での

筋肉や腱の伸び易さ

 

を意味しています。

 

関節可動域

怪我などの異常がない場合、

関節が生理的に運動できる範囲(角度)

身体柔軟性

 

関節弛緩性

 

関節弛緩性とは、

 

一定の関節可動域から

逸脱した関節運動がある状態

 

を意味しています。

間接弛緩性

 

双方に使われている漢字を見ると

イメージしやすいかと思います!

 

■身体柔軟性の

→どちらもやわらかいを表す漢字

 

■関節弛緩性の

たゆむゆるむを表す漢字

 

関節弛緩性の要因

 

関節に弛緩性が存在している場合、

次のような原因が考えられます。

 

先天的原因(骨格の構造など)

間接弛緩性の先天的原因

 

画像の様に元々の骨格や筋肉が原因になることもあります。

 

 

各スポーツが持つ特性

競技特性による関節弛緩性

スポーツにおける独特の姿勢や使い方が原因で影響するパターンです。

 

 

怪我による関節支持機構の機能低下

怪我による関節支持機構の機能低下

 

怪我によって構造が傷つき影響を受けるというパターンです。

 

ちなみに、

一般に男性に比べ女性の方が

関節弛緩性を有していることが多いです。

 

関節弛緩性があると〇〇!?

 

問題は、

関節弛緩性があると身体にどんな影響か及ぶか?

ということですよね。

 

関節弛緩性とスポーツ中の怪我との関係は

これまで沢山の研究がなされてきました。

 

その結果、

関節弛緩性があると、

スポーツ中の怪我のリスクを高める

可能性があるようです。

 

一見、関節の動く範囲が大きくなるので、

スポーツには適しているように思えます。

 

しかし、

関節弛緩性があるということは、

生理的な関節可動域よりも

大きな関節運動が行われるということです。

 

そうすると、

 

  • 関節に思わぬ力(負荷)が掛かってしまう
  • 関節運動の制御が甘くなる
  • 不安定な関節を庇った動作になる

 

などのことが起こり、

最終的に怪我の発生を助長してしまうと

考えられます。

 

現在でも未知数な事が多く

関節弛緩性とスポーツ中の怪我との関係は

研究が続いております。

 

関節弛緩性の簡単セルフチェック

 

関節弛緩性について見てきましたが、

ご自身の関節弛緩性がどの程度なのか、

気になりませんか?

 

関節弛緩性の簡単なセルフチェック法を

ご紹介致しますので、

是非試してみてください!

 

セルフチェックの方法

手関節

手関節の関節弛緩性

 

親指を前腕方向(手首に向けて)曲げてみましょう。

 

肘関節

肘関節の関節弛緩性

 

肘を伸ばした時の角度で確認してみましょう。

 

肩関節

肩関節の関節弛緩性

 

背中側で指を繋げるかチェックしてみましょう。

 

膝関節

膝関節の関節弛緩性

 

立った状態で膝の角度を見てみましょう。

 

足関節

足関節の関節弛緩性

 

立った姿勢から画像の様にしゃがむことはできますか?

 

脊柱

脊柱の関節弛緩性

 

立った状態から体を前に倒してみましょう。

 

股関節

股関節の関節弛緩性

 

立った姿勢で足の指先が外に向く様に立ってみましょう。

 

評価の仕方

 

上の7項目について、

それぞれ当てはまった場合に

1点ずつ加算していきます。

 

左右がある項目(①〜⑤)に関しては、

片方のみで0.5点、両方で1点となります。

 

7点満点のうち、4点以上有すると

関節弛緩性があると判断されます。

 

注意

元々のお身体の特徴や、

今まで経験されたスポーツの影響で、

得点が高くなることがあります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、

関節の緩さを表す関節弛緩性について

その性質やセルフチェック方法を

ご紹介致しました!

 

後編では、

 

  • 関節弛緩性があると起こりやすいスポーツ中の怪我
  • 関節弛緩性への対策

 

の記事になります。

 

特に今回のセルフチェックで

点数が4以上だった方、

是非後編もご覧ください!

 

8月22日(土)の更新です。

 

スポーツ中の動作で痛みがある方、

その他、お身体の不調でお困りの方は

一度プロにご相談することをお勧め致します。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

知っていると役立つ!肉ばなれの予防法と応急処置法

2020年08月9日

皆さま、こんにちは!

 

今週のテーマは

スポーツ中に起こりやすい怪我の一つ

肉ばなれです!

 

水曜日の前編では、

肉ばなれが起こりやすい筋肉は、

 

1位:ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)

2位:下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)

3位:大腿四頭筋(太ももの表の筋肉)

 

となっていて、上位3つが全て

 

  • 下半身の大きな筋肉
  • 2つの関節に繋がる筋肉

 

ということが分かりました!

 

さらに、この3つの筋肉に注目して、

スポーツ中、肉ばなれが起こりやすい瞬間

いくつかご紹介致しました。

 

どれも「あるスポーツにしか出てこない瞬間」

ではなくて、

沢山のスポーツであり得る瞬間

でしたよね。

 

ということは、どんなスポーツでも、

肉ばなれが起こらないよう、対策が必要です!

 

後編では、

 

  • 肉ばなれで現れる症状
  • 肉ばなれの予防法対処法

 

についての記事になります。

 

スポーツをしている方は

参考にして頂き、

日々の健康ケアに役立ててみて下さい。

 

前編をまだご覧になっていない方は、

こちらのリンクよりお進みください↓

スポーツでの急な痛み!肉ばなれの原因と注意点

 

後編目次

肉ばなれで現れる症状 
♦軽症の肉ばなれ
♦中等症の肉ばなれ
♦重症の肉ばなれ
スポーツ中の肉ばなれの対処法
♦肉ばなれの予防としてできること
♦もしも肉ばなれが起こってしまったら

 

肉ばなれで現れる症状

 

肉ばなれは筋肉の損傷具合に応じて、

 

  • Ⅰ度―軽症
  • Ⅱ度―中等症
  • Ⅲ度―重症

 

というような分類がなされます。

 

損傷具合によって

症状にも違いがありますので

見ていきましょう!

 

軽症の肉ばなれ

 

筋肉の血管や腱に小さな損傷がある状態

 

  • 腫れ
  • 浮腫
  • 関節可動域(関節が動く範囲)の制限
  • 力が入らない感覚(脱力感)

といった症状が最小限で現れます。

 

《痛みの程度》

⇒肉ばなれが疑われる筋肉を伸ばしていくと、

 軽い痛みがでます。

軽症の肉ばなれ

 

中等症の肉ばなれ

 

筋肉から腱に移行する部分が損傷している状態

 

肉ばなれが起こった時に、

「筋肉が引っ張られた感じ…」

と感じることがあります。

 

  • 腫れ
  • 浮腫
  • 歩く時の痛み
  • 関節可動域(関節が動く範囲)の制限
  • 力が入らない感覚(脱力感)

などの症状が現れます。

 

《痛みの程度》

⇒肉ばなれが疑われる筋肉を伸ばしていくと、

 明らかに強い痛みが出ます。

中等症の肉ばなれ

 

重症の肉ばなれ

 

筋肉に非常に大きな負荷がかかり、

筋肉から腱に移行する部分が断裂した状態

 

肉ばなれが起こった時に、

「プチッ、バチン」

など、断裂する音が聞こえる場合もあります。

 

  • 腫れ
  • 浮腫
  • 陥没(断裂している部分が凹んで見える)
  • 歩けない
  • 関節可動域(関節が動く範囲)の制限
  • 力が入らない感覚(脱力感)

といった症状が強く現れます。

 

《痛みの程度》

⇒肉ばなれが疑われる筋肉を

 少しでも伸ばすと強く鋭い痛みが出ます。

重症の肉ばなれ

 

軽症の肉ばなれが起こった場合、

スポーツの復帰には約2週間かかります。

 

重症の肉ばなれとなると、

スポーツ復帰までの時間はもっと必要で、

約6か月以上かかります。

 

スポーツ中の肉ばなれの対処法

肉ばなれの予防としてできること

 

前編にて、

肉ばなれの原因には

 

  • 筋肉の柔軟性“不足
  • 筋肉のトレーニング“不足
  • 筋肉の疲労回復“不足
  • 運動前の準備体操“不足
  • 運動中の水分“不足

 

などがあると、ご紹介致しました。

そこで今回はこの中の

 

  • 筋肉の柔軟性“不足
  • 筋肉の疲労回復“不足
  • 運動前の準備体操“不足

の3つを解消するのに効果的な

ストレッチをご紹介したいと思います!

 

習慣として取り入れて頂いたり、

スポーツ前後のケアとして行って頂くと、

筋肉のコンディションが向上して、

肉ばなれの予防につながります!

 

ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングスのストレッチ

 

下腿三頭筋のストレッチ

下腿三頭筋のストレッチ

 

大腿四頭筋のストレッチ

 

大腿四頭筋のストレッチ

もしも肉ばなれが起こってしまったら

 

残念ながら肉ばなれを含めスポーツ中の怪我は,

予防をしていたからと言って、

“100%起こらない”ということはありません。

 

万が一、肉ばなれが起こってしまった場合、

すぐに次のような応急処置を行ってください!

肉ばなれの応急処置

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

後編では、

 

  • 筋肉の損傷具合別での肉ばなれの症状
  • 肉ばなれの予防策
  • 万が一の応急処置方法

 

をご紹介致しました。

 

せっかくの楽しいスポーツで、

できる限り肉ばなれを起こさないように、

今回のストレッチを参考にしてくださいね!

 

そして、万が一

肉ばなれが起こってしまったら、

応急処置をした後、

治療院の受診をオススメ致します。

 

また、姿勢や骨盤のゆがみは

スポーツの怪我に直結します。

体の不調や痛みなどでお悩みの方は

一度プロにご相談することをお勧めいたします。

 

おしらせ

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院では、

お盆のお休みを以下の通り頂いております。

 

8月12日(水)から8月16日(日)まで

 

ご迷惑をおかけいたしますが、

宜しくお願い致します。

 

なお、8月17日(月)は第3月曜日ですが、

通常の診療時間で診療致します。

 

午前診療⇒9:30~12:30

午後診療⇒15:00~20:00

 

お盆以降のご予約も受け付けておりますので、

お早めにお問い合わせください!

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036

スポーツでの急な痛み!肉ばなれの原因と注意点

2020年08月6日

皆さま、こんにちは!

 

8月になりましたね!

 

今月のブログでは、

スポーツで起こる怪我についての

どんな痛みが出るの…?

怪我を予防するために気を付けることは…?

といった疑問を解決していきたいと思います!

 

夏休みやお盆休みで、

スポーツをする機会も増えますよね。

 

私たち鳴尾ぴっと骨盤整体院は

骨盤や姿勢の矯正はもちろん

スポーツでの怪我の改善や予防も得意です。

 

怪我無く楽しめるよう、

今月の記事を参考にして頂ければ嬉しいです。

 

今回のテーマは、

肉ばなれです!

 

スポーツで起こりやすい怪我の一つで、

スポーツの経験がある方は

一度は耳にしたことがあると思います。

 

内容としては

  • 肉ばなれの原因
  • 肉ばなれの症状
  • 肉ばなれの予防法

についての記事になります。

 

前半目次

肉ばなれとは…?
♦肉ばなれのメカニズム
♦肉ばなれが起きやすい部位ランキング★
“スポーツ中”の肉ばなれ
♦要注意!肉ばなれが起きてしまう瞬間
♦肉ばなれの原因は○○不足…

 

後編目次 *8月8日(土)更新

肉ばなれで現れる症状
♦軽度の肉ばなれ
♦中等症の肉ばなれ
♦重症の肉ばなれ
スポーツ中の肉ばなれの対処法
♦肉ばなれの予防としてできること
♦もしも肉ばなれが起こってしまったら

 

 

肉ばなれとは…?

肉ばなれのメカニズム

 

肉ばなれという言葉はもともと、

スポーツ競技者の体験からつけられた呼び名で、

 

急に筋肉が切れたように感じて、

痛みや脱力感などが出てくる状態

を意味します。

 

多くの場合は、

“急に筋肉が切れたような…”の時に

肉ばなれを起こす筋肉が

遠心性収縮をしています。

 

この遠心性収縮というのは、

 

筋肉が縮もうとしながら伸ばされる

 

という収縮の仕方なのですが、

少しイメージしにくいと思いますので

こちらをご覧ください!

筋肉の遠心性収縮

 

この遠心性収縮では、

とても大きな力が発生するため、

筋肉と骨を繋いでいる腱という部分が

その力に耐えられなくなり損傷します。

肉ばなれのメカニズム

 

これが肉ばなれです。

 

肉ばなれが起こりやすい筋肉ランキング★

 

肉ばなれがどうやって起こるのか、

分かって頂けましたか?

 

では、ここで少しクイズです。

 

次の3つ筋肉の内、

一番肉ばなれが起こりやすい筋肉

どれでしょう?

 

下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)

大腿四頭筋(太ももの表の筋肉)

ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)

 

 

正解は…

 

③のハムストリングス(太ももの裏の筋肉)

 

でした!

 

ちなみにこの3つが

肉ばなれが起こりやすいランキングの

上位3つの筋肉で、

並び変えると、

 

1位:ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)

2位:下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)

3位:大腿四頭筋(太ももの表の筋肉)

 

こうなります。

 

この3つの筋肉には

 

  • 下半身の大きな筋肉
  • 2つの関節に繋がる筋肉

という2つの共通点があり、

 

大きな力を発揮できて、

関節の曲げ伸ばしの影響をより受けることからも、

肉ばなれが起こりやすい筋肉となります。

肉ばなれが起きやすい筋肉

 

“スポーツ中”の肉ばなれ

要注意!肉ばなれが起こりやすい瞬間

 

スポーツ中でも、

肉ばなれが起こりやすい瞬間は、

筋肉が遠心性収縮をしたときですが、

 

今回は、

肉ばなれが起こりやすいランキング

上位3つの筋肉に絞って、

 

どんな動作で遠心性収縮をしているのか

どんな時に肉ばなれが起こりやすいのか

見ていきましょう!

 

ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)

 

ハムストリングスが遠心性収縮をする瞬間

ハムストリングスの肉ばなれ

 

ハムストリングスは膝が伸びると同時に

引き延ばされるので(遠心性収縮)、

ここで肉ばなれが起こりやすいです。

 

下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)

 

下腿三頭筋が遠心性収縮する瞬間

下腿三頭筋の肉ばなれ

 

ジャンプの前に踏み込んでいるときは

下腿三頭筋が縮んでいるのに、

ジャンプしたとたんに

ピンと伸ばされるので(遠心性収縮)、

この瞬間に肉ばなれが起こりやすいです。

 

大腿四頭筋(太ももの表の筋肉)

 

大腿四頭筋が遠心性収縮する瞬間

大腿四頭筋の肉ばなれ

 

ハムストリングスとは逆で、

大腿四頭筋は膝が曲がるときに

引き伸ばされるので(遠心性収縮)、

ここで肉ばなれが起こりやすいです。

 

肉ばなれの原因は○○不足…

 

肉ばなれを起こしやすい3つの筋肉が

遠心性収縮をしているのは

 

・走っているとき

・ジャンプをするとき

・ボールを蹴るとき

 

などのスポーツ動作の時で、

色々なスポーツで出てきます

 

しかし、

この動作が出てくる場面で

毎回肉ばなれが起こるのかというと、

当然違いますよね

 

肉ばなれが起こる背景には、

遠心性収縮と、もう一つ、

筋肉のコンディション

が大きく関係します。

 

スポーツ中の遠心性収縮によって発生する

大きな力に耐えることができれば、

肉ばなれが起こる確率はぐんと減ります

 

ですが、

 

  • 筋肉の柔軟性“不足
  • 筋肉のトレーニング“不足
  • 筋肉の疲労回復“不足
  • 運動前の準備体操“不足
  • 運動中の水分“不足

 

このような○○不足で、

筋肉のコンディションが低下していると、

筋肉が遠心性収縮のときの力に耐えられず

肉ばなれが起こりやすくなります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

スポーツ中によく聞く

肉ばなれが起こる仕組みや、

起こりやすいスポーツ動作、原因など、

ご理解頂けましたか?

 

もし、スポーツ中の急な動作や日常生活で

肉ばなれが起こってしまった場合は

自己流でケアせず安静にし、

その後プロの意見を聞くのが得策です。

 

そのまま放置してしまうと

怪我した箇所以外に

全身に痛みやゆがみが広がってしまい

とても危険です。

 

後編では、

肉ばなれで生じる症状や、

今回の内容を踏まえて

肉ばなれを予防する方法

もしなってしまったときの対処法などを

ご紹介致します!

 

是非ご覧ください!

 

8月8日(土)の更新です。

 

姿勢のゆがみやお身体の不調

また、スポーツ活動での

関節や筋肉の痛みなどでお悩みの方は

一度プロにご相談することをお勧めいたします。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせは

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036


1 2