【西宮の産後骨盤矯正専門整体院が聞いた】出産後の趣味について

2024年05月22日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。

月と言えばゴールデンウィークです。
当院にお越しの産後ママたちのお話しを聞かせていただくと
割ぐらいの方は「いつもより疲れた」とのことでした。

仕事復帰をしたママさんも多いので育児に家事、仕事と疲れるシーンが多いですよね。

ここでふと
ママたちはどうやってストレスを発散しているのか?趣味に当てる時間はあるのだろうか?」と疑問に思いました。

皆様にママたちの本音も踏まえてお伝えしていこうと思います。

産後のママの心の拠り所になるような内容に捉えて頂ければ幸いです。

【ぴっとで聞いた】産後のママの趣味について

まず産前と産後の趣味が変わったのか?

「はい」と答えた人が非常に多かったです。
ではどのように変わったのか?

産前の趣味で出てきたのは次のようなものです。

  • 読書
  • ランチ
  • ゲーム
  • 美容
  • ショッピング
  • 映画
  • 飲みに行く

などでした。

ただこれを産後1年やお子様を保育園に預けていないママから
聞くことはほとんどありませんでした。

産後の趣味はこのようなものが多いです。

  • 料理
  • 散歩
  • 宅トレ
  • 動画サブスク 
  • 家事
  • 育児

皆様はどうでしょうか?

上記の趣味の中にむしろストレスになることもあるとは思います。
ここですごく大事になってくるのは「ストレスを正しく認識する」こと。

ストレスを正しく認識するとは?

人間にはストレスを感じると「ストレス耐性」が発動します。
ストレスはあまりに多いと身体にとってダメージになりますので、守る必要性があります。

そしてそれを軽減するために趣味が必要だと考えます。
では実際のママたちの本音を見ていきましょう。

育児が思ったよりもストレス(30代)
子どもが好きと育児が好きは違うとよく聞きます。

旦那が思ったより役に立たない(20代)
初産の時、旦那は事前に話していても想像よりは出来ることが少ない。

自分の時間は子どもが寝ている時だけ(30代)
全てが片付いた夜中こそチャンスと思いますよね。
早く寝ないといけないけど。

優先順位が圧倒的に子ども(20代)
漠然とした将来の不安、子どもにかかるコストなど。

両親が近くにいてよかった(20代)
やはり両親が近くにいることが楽ですよね。

家事は旦那に任せっぱなし(40代)
家事はやはり旦那に任せるべきと言う奥様は多いですね

今まで公園とか行かなかったけど意外といい(40代)
大人になると行かなくなる公園、季節の変化を
我が子の成長と共に楽しめるのが良いとのこと。

写真を撮ることが増えた!良いカメラを買うことに(20代)
S N Sの時代、我が子の成長をアルバムのように納めていく
皆さんプロのレベルの写真には驚かされます。

ママ友の会楽しい(30代)
ママならではですよね、育児の大変さや楽しいことを共有できる良い場ですよね。

このような声を聞きます
本当に人によって様々な産後の感想ですね。

オススメのストレス解消方法

ここからは医学的な目線でみたオススメのストレス解消法についてお伝えします。
圧倒的にオススメなストレス解消法があります。

散歩です。
メリットとデメリットをお伝えしますね

メリット

何より、歩くことで呼吸ができることが
散歩最大のメリットと言えます。

歩くリズムと呼吸のリズムは連動しています。
普段浅い呼吸の人もしっかりとできるようになります。
良い呼吸をすると血液の循環をし、自律神経も安定してきます。

自律神経が安定することで身体のスイッチの切り替えができ
休むべき時にしっかりと休めます。

デメリット

1番のデメリットは散歩をする時期です。
特に産褥期の散歩は注意が必要です。

産褥期の間にどんどん歩くと骨盤が不安定なので
痛みを引き起こしたりすることがあります。

特に2人目以降より骨盤が不安定になりやすいので
痛みがあったり産褥期を終えていないママはしっかりと
体力の回復や痛みがない状態で歩いてあげてください。

まとめ

趣味を用意しておくことも立派な産後の準備かもしれません。

ただ骨盤の不安定感や痛みが無く
ママたちが元気に趣味に取り組めるようになっていくと非常に良いなと思います。

今回はママたちの趣味について考えてみました。
夏休みやお盆に入る前に1度考えてみてください。

自律神経と腸内環境の乱れが心身に及ぼす影響を西宮の整体院が解説

2024年05月13日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は自律神経の不調改善や
慢性的な不調や痛みの改善を得意とした整体院です。

皆さんは緊張や不安などの精神的なストレスがかかった時に
お腹が痛くなったことはありませんか?
実はお腹と自律神経には深い関係があります。

腸と脳は脳腸相関といって密接な関係があります。
これは簡単に言いますと自律神経が乱れる事で腸内環境も乱れやすくなるということです。

具体的には

  • 交感神経が優位になる事で腸の蠕動運動は停滞します
  • 副交感神経が優位になる事で蠕動運動が活発になります

自律神経のバランスが乱れると腸内の動きが変化します。

例えば、喧嘩をしている時は空腹になりにくいのですが
落ち着くとお腹が急に空いてくる。
このように自律神経との関係が深いです。

今回は腸内環境が乱れる事で身体に起こる不調についてお話していきます。

現在、自律神経の乱れや腸内環境でお困りの方は
今回のブログは参考になる事思いますので最後まで読んでみて下さい。

自律神経と腸内環境で起こる心身の変化

ここからは腸内環境の変化で起こる
体や心の変化、症状をお伝えさせて頂きます。

主に

  • 腰痛に繋がる
  • メンタル面への影響
  • 免疫力低下

このあたりと密接に関わります。

ギックリ腰など腰痛になりやすくなる

腸内環境が乱れる事でメタンガスが溜まります。
長期間溜まったメタンガスは腸骨筋という骨盤の筋肉に吸収されてしまいます。

そうなると時間をかけて腸骨筋は硬くなていきます。
腸骨筋が硬くなった結果、重たいものを持ち上げた際にギックリ腰が起きてしまいます。

また腸は腰椎にも密接に付着しています。
便秘等で腸が重たくなる腰の動きが制限されるので腰痛になりやすくなります。

気分が落ち込みやすくなる

腸内環境が乱れる事でホルモンの関係で気分が落ち込みやすくなります。
私たちの腸内ではセロトニンという幸せホルモンが分泌されています。

セロトニンが腸内で分泌される事で精神を安定させて幸福感を感じやすくなっています。
しかし腸内環境が乱れるとセロトニンの分泌が低下してしまうので
精神的に落ち込みやすくなってしまいます。

セロトニンは日光を浴びても分泌されますが
体内の90%は腸内で分泌されているので腸内環境は非常に大事になります。

免疫が低下しやすくなる

私たちの体内には約1,000種類の腸内細菌が生息しています。

  • 悪玉菌
  • 善玉菌
  • 日和見菌

この3つつに分類されます。
腸内細菌のバランスが整っていることが健康的と言われています。

しかし、精神的なストレスなどで自律神経が乱れると
腸内細菌のバランスも崩れやすくなってしまいます。

また腸内には全身の免疫細胞の7割が集まっているので
腸内環境が乱れて腸内細菌のバランスも崩れる事で免疫が低下しやすくなります。

免疫の低下は風邪やウイルス以外にも
日々の疲れや痛みの解消とも関係が深いです。

まとめ

今回は腸内環境が乱れる事によって起こる身体の不調についてお話していきました。

腸内環境を整えるうえで勿論、食生活も大事になります。
加えて、根本的な自律神経のバランスを整える事で腸内環境が改善されやすくなります。

  • ストレスが溜まると胃腸がキリキリと痛くなりやすい方
  • 食生活を気にしているのに便秘になりやすい方

などの不調でお困りの方は自律神経の乱れからくる不調の可能性があります。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院ではこのような自律神経の不調に対しての施術を
得意としております。

  • 構造的な問題
  • 機能的な問題
  • 神経的な問題

これらの状態を把握し、的確なアプローチを行うことで
症状の改善や再発防止を行います。

自律神経の不調でお困りの方や慢性的な痛みでお悩みの方は
西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい

【赤ちゃんの便秘でお困りの方へ】西宮の専門整体院が解説

2024年05月6日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は
産後の骨盤矯正やマタニティ整体を専門で行っている整体院です。

その中でお子様連れでお越しになられる患者様が多くおられます。
赤ちゃんの健康状態などの質問やセルフケアを求められることも多いです。

その中でも、赤ちゃんの便秘で悩まれている方が一定数おられます。

現代では老若男女誰でもなりえる便秘。
特に女性に多く、お母さんたちも一度はなったことがあるのではないでしょうか?

便秘は様々なリスクがありますが赤ちゃんも一緒なのか?
そのような疑問から赤ちゃんの便秘についてお伝えします。

赤ちゃんの便秘について

まず赤ちゃんが便秘になりやすいのはいつなのか?
時期はいくつかあります。

  • 新生児
  • 生後2〜3ヶ月
  • 離乳食の時期

この時期の相談が結構多い印象です。

新生児は母乳やミルクを飲む時期です。
しかし基本的に寝ているか抱っこされているかなので
運動不足になり便秘気味になりやすいと言われています。

生後23ヶ月は胃腸が発達の時期です。
それに伴い便が溜めれるようになってきます。
そして便秘になります。

離乳食の時期は固形物を初めて食べます。
消化がうまくいかず、いきむ力も低いので便秘になりやすいです。

便秘になっているサイン

大人でも便秘になるとストレスが溜まります。
赤ちゃんも夜泣きや機嫌が悪くなったりします

ただ便秘を自分自身で伝えることができないので
サインにしっかりと気づいてあげましょう。

機嫌が悪い

ミルクや食事をとって、睡眠をとって、おむつのケアもしっかりとしていても
赤ちゃんは機嫌が悪いことがあります。

その場合は赤ちゃんが便秘になっている可能性があります。
そういった場合でも不機嫌になるかもしれません。

食事の量が少ない、吐き出してしまう

便秘でお腹が詰まっていると、いつもより食事量が少なくなるかもしれません。
熱があっても食欲は減退するので覚えておいてください。

お腹が張っている

外観などで分かりにくい下腹部の張り感。
食事後ではなく空腹時でチェックしてみてください。

ウンチをするのが苦しそう

便秘の時はウンチをするのをいきみますが
顔が赤くなっていると良くないです。

ウンチに血がついていたり、硬くなっている

便秘かチェックするときに排泄物を見るのがすごく大事です。
いつもより硬い、血がついていたり便秘の可能性があります。
硬いウンチを出そうとすると、肛門が傷つき血がつくことがあります。

ご自宅での対策方法は?

簡単で効果的な対策法として
ベビーマッサージをオススメしております。

いくつか方法をご紹介させて頂きます。

のの字マッサージ

腸の部分を刺激するマッサージです。

  1. 赤ちゃんを平らな場所に寝かせ、お洋服は着せたままでも大丈夫です。
  2. 大人の手のひらを赤ちゃんに優しく添えます。
    大人の体温で温めてあげるイメージです。
  3. おへその少ししたあたりからスタートし
    ゆっくりのの字にマッサージします。
ゆらゆらマッサージ

便秘解消やガスが溜まってしまった時に効果的です。

  1. 赤ちゃんを平らなところに仰向けに寝かせます。
  2. 赤ちゃんのお腹を優しく包み込むように、左右の脇腹に大人の手を添えます。
  3. 10回ほど、左右にゆらゆら揺らしてあげましょう
足を動かすマッサージ

足の付け根を動かすと、腸が刺激されお腹の動きが良くなります

  1. 赤ちゃんを平らなところに仰向けに寝かせます。
  2. 左右の膝下部分を持ちます。
  3. 片足ずつ交互に、ゆっくりお腹に近づけるように赤ちゃんの足を動かします。

このようなマッサージに取り組んでみてください。

まとめ

赤ちゃんの便秘まとめ

いかがでしょうか?
赤ちゃんの便秘に対する知識の理解は深まりましたでしょうか?

最後になりますが1番大事なことをお伝えします。
「親子で楽しく取り組みましょう」ということです。

便秘解消のために真剣になりすぎてしまい
ママやパパが怖い顔をしていると赤ちゃんはリラックスできません。
親子のスキンシップと思って、笑顔で楽しく行いましょう!

先ほど伝えたマッサージは全て優しくおこなってあげましょう。
あと冷えた環境よりは暖かいかちょうどいい気温でおこなってあげましょう。

それでも便通が悪い場合は病院ですと小児科、小児外科を尋ねてみてください。

当院ではキッズ整体や小児はりなどもおこなっていますので
便秘でお困りの場合もお力になれます。

西宮で妊娠、出産に関わる不調やお悩みでお困りの方は
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

【自律神経の不調】赤ちゃんにも影響あるの?

2024年04月29日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は産後の骨盤矯正や
自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

自律神経の乱れの多くは仕事のストレスや家庭環境が原因で不調をきたします。
自律神経の不調は大人にしかならないと思われている方が多いですが
赤ちゃんも自律神経の不調は起きます。

赤ちゃんの自律神経の不調として

  • 夜泣きが多くなり中々寝てくれない
  • 便秘になりやすくなる
  • アレルギー症状が出やすくなる

などの身体の不調が起きやすくなります。

今回は赤ちゃんの自律神経乱れ防止方法についてお話していきます。
産後のお母さんや、今後お母さんになる予定の方は
今回のブログは参考になるかと思いますので最後まで読んでみて下さい。

赤ちゃんの自律神経不調の対策法

ここからは赤ちゃんの自律神経の不調改善のための方法を
ご紹介させて頂きます。

  • 起床時に日光を浴びる
  • 効果的な入浴
  • 足裏のマッサージ

これらが効果的です。
詳しく解説させて頂きます。

朝起きた際に日光を浴びさせる

朝起き起きた際に日光を浴びるとメラトニンというホルモンの分泌が止まります。
メラトニンは目が醒めてから14〜16時間経過すると再び分泌されます。

例えば朝6時に日光を浴びると20時〜22時頃に
メラトニンが分泌され始めます。

メラトニンの作用として深部体温が低下するので
結果的に睡眠の質も改善されやすくなります。

またメロトニンと一緒にセロトニンという幸せホルモンも分泌される為
自律神経の乱れが改善されやすくなります。

夜泣きが多いお子さんには効果的なホームケアになりますので実践してみて下さい。

入浴をして深部体温を下げる

赤ちゃんの体温は24時間の間に変化しやすいです。

24時間の中で早朝が最も体温が低く1日の後半にかけて
体温がだんだんと高くなっていきます。

早朝と夕方の体温のギャップが大きければ大きいほど
質の良い睡眠が確保できるので結果的に自律神経も整いやすくなります。

この体温コントロールは入浴によって改善する事が出来ます。

赤ちゃんの入浴時間は体表面の血流が改善するぐらいが効果的で、個人差はありますが約 5分が良いと言われています。お風呂から上がると深部体温が下がっていくので質の良い 睡眠を取る事が出来ます。

足の裏をマッサージする

足の裏をマッサージすると自律神経の乱れが改善されやすくなります。
足の裏にある反射区を押すことにより関連している内臓などの各器官に
血流が回るので結果的に自律神経の乱れが改善されやすくなります

またマッサージをしてから10分後くらいに愛情ホルモンと言われる
オキシトシンというホルモンも分泌されます。

10分を目安に足裏をマッサージをすると効果的に自律神経を整える事が出来ます。

まとめ

今回は赤ちゃんの自律神経の整える習慣についてお話していきました。
赤ちゃんの時にどのようなケアをするかによって
その後の体質も大きく変化します。

赤ちゃんは自らの身体の状態を的確に伝える事が出来ません。
親御さん達で的確なケアをしてあげる必要があります。

多くの場合、ママの不調は赤ちゃんに共鳴するとも言われております。
もちろん、逆のケースもあります。

赤ちゃんを治療する場合、同時にママの治療もオススメしております。
その方が効果が何倍にもなるからです。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は自律神経の不調に対して
頭の整体や骨盤矯正、鍼灸施術を用いて不調改善のサポートをさせて頂きます。

産後のママの不調や赤ちゃんの体質のことはもちろん
慢性的な痛みや長年の不調も鳴尾ぴっと骨盤整体院にお任せ下さい。

ママが元気であれば、お子様やご家族、その周りの方も
みんな健康で元気になると本気で考えております。

まずは当院までお気軽にご相談くださいませ。

【保存版】産後の骨盤矯正の必要性について

2024年04月15日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は
産後の骨盤矯正やマタニティ整体を専門に行う
少し特殊な整体院です。

産後の骨盤矯正や産後ケアが文化になりつつある今
我々のように「産後の骨盤矯正や産後ケアはするべき」
と考えている者からすると大変嬉しく思います。

ですが来院されるほとんどママたちがなぜ骨盤矯正やケアをするべきなのか?
意外と知らずに来院される方も多いです。

  • 「友人からしている方がいいと聞いた」
  • 「なんとなくやった方がいいかなと思った」

などが多く、きっかけが増えたという面では大変嬉しく思います。
ただ患者様にも骨盤矯正やケアをする正しい意味が
伝わっておくべきだと思いますのでゆっくり読んでみてください。

産後の骨盤矯正を検討していたり、整体院をお探しの方は
是非参考にしてみて下さい。

現代の産後の骨盤矯正について

まずは産後ケアの歴史について少しだけお話しさせてください。
2013年に政府は少子化の危機を短期的に解決したいと考え
その対策として産後ケアの強化を推進するようになりました。

産後ケアの目的として
「初産や2人目をご出産した女性に対して、出産の疲れを癒し、慣れない子育てを支援する。
産後うつの予防や母子関係の構築、母親役割獲得の支援に重要である。」
と過去に述べられています。

すなわち産後のママが元気であると
家族も元気で少子化などの対策にもなる
国が重要視するほどにです。

ただ日本では産後ケアはまだ保険適応ではなく
自費治療なのが今後の日本の課題ですね。
話は戻り、我々整体院が産後ママのためにできることは何なのか?

それは「骨盤矯正」や「産後の疼痛ケア」です。
改めて「骨盤矯正はするべきである」と我々は考えています。

なぜならば出産で必ず骨盤は歪むからです!

出産方法によって骨盤の歪み方は変わります。
出産方法は大きく2つ自然分娩と帝王切開がありますが
番の違いは産道を通るかどうかです。

帝王切開で骨盤が開かないという話もありますが、それは都市伝説です。
ではどのように違うのか?
以下で解説させて頂きます。

出産方法の違いにおける産後の骨盤矯正

自然分娩

出産時は仙腸関節というところが開かないと出産に時間がかかりやすいです。
仙腸関節を上下4カ所に分けます。
自然分娩は産道を通るため下の2カ所は閉まります。

上の上仙腸関節が残ります。
ここが残ることにより体重を乗せにくくなり不安定になります。

帝王切開

こちらは産道を通らないので上下4カ所とも歪みが残ります。
なのでより不安定になります。

腹筋も切っているので腹壁が壊れどうしても歩行や姿勢が不安定になります。
帝王切開の方がむしろしっかりと骨盤矯正をするべきだと思います。

産後の骨盤矯正の必要性

骨盤矯正はなぜするのか?

大きく5つあります。

  • 出産がきっかけででた症状をとる
  • 体型を戻す
  • 婦人科疾患の予防
  • 更年期障害の予防
  • 着床率の向上

各々簡単に解説させて頂きます。

出産きっかけででた症状をとる

まず女性は初潮、出産、更年期と大きく3回身体が変化するタイミングがあります。

症状を見ていくときに大事になることが

  • いつのタイミングから症状が出ているのか?
  • 出産を経験することで出た症状なのか?元からあった症状が悪化したのか?
  • それによって骨盤矯正だけでいいのかそれ以外の施術をするべきなのか?

ここの判断のためにもすごく重要になってきます。
出産きっかけの症状は改善が見込めますね。

体型を戻す

上記で述べたように骨盤は開きますので産前の骨盤までは
しっかりと戻りますので細くなりますね。

婦人科疾患の予防

骨盤の状態が良くないとホルモンバランスが乱れ
それが生理痛の増強などにつながります。

更年期障害の予防

婦人科疾患の予防と同じでホルモンバランスが乱れたまま
更年期時期を迎えるとホットフラッシュなどが出やすいです。

着床率の向上

赤ちゃんにとって子宮はベッドで骨盤がベットフレームとお考えください。
子宮(ベッド)が回復しても骨盤(ベッドフレーム)が歪んでいると
赤ちゃんも寝にくいのです。

以上のようなことを踏まえてプロに骨盤を治して頂くと
より納得しながら受けていただけると思います。

まとめ

いかがでしょうか?
産後の骨盤矯正の必要性はご理解頂けましたでしょうか?

もし、あなたが出産後に体の痛みや不調
体型のお悩みなどを抱えているのであれば
是非、専門の整体院にご相談してみて下さい。

西宮で産後の骨盤矯正が得意な整体院をお探しでしたら
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

産後・妊娠中の肩こりを西宮の専門整体院が解説

2024年04月8日

西宮市で産後ママの5%を診ている鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
本日は産後や妊娠中の肩こりについてです。

たくさんのママさんを診てきた統計でいくと
産後妊娠中で多いお悩みの第1位が肩こりです。
ちなみに2位は腰痛ですね。

最近来院されたママさんも
「抱っこをしていると肩こりがしんどい」
とのことでした。

同じ肩こりでも産後、妊娠中で理由は異なります。
ですが原因は同じなのです。

もし、あなたが妊娠中または出産後で肩こりや体の不調にお困りでしたら
今回の記事を是非参考にして頂ければと思います。

妊娠・出産での肩こりの原因

妊娠・出産での肩こり

先に結論からお話しすると原因は「反射」です。
反射とは何か?詳しく解説させて頂きます。

妊娠の反射

妊娠中の反射の原因は以下の2つになります。

  • 妊娠による骨盤の変化
  • 妊娠中の睡眠体勢
妊娠による骨盤の変化

第2子妊娠中の方や、初産でも31週を過ぎた方は特に気を付けてください。

第2子妊娠中の方の多くは上の子の育児をしながらの生活になります。
まだ小さければ抱っこなども伴いますし、少ししんどくても仕事に家事や育児を
休む訳にはいかず無理をしてしまうケースが多いです。

その結果、肩に負担がかかります。

妊娠31週を過ぎると?

この時期からはいよいよ赤ちゃんが生まれてくる準備をしてきています。

産休にも入るとお腹はますます大きくなります。
より身体が不安定(骨盤など)になっていき
肩の筋肉でバランスを取らないといけないのです。

妊娠中の睡眠体勢

妊娠中は横向きで寝ることが圧倒的に多くなります

その理由はお腹が、大きくなるにつれて
横隔膜を圧迫し上向きに寝ると呼吸が苦しくなるからです。

そのため横向きで寝るのですが、ここで肩がしんどくなる理由が隠されています。

それは足の間にクッションを挟まずに寝ると
肩が上がってしまい力は必要以上に入ってしまうのです。

これは身体の構造上、内腿に力が入っていないと肩が上がってしまうのです。

試しに立った状態で足を広げた状態と閉じて内腿に力を入れて立って
どちらで肩が上がりにくいか確認してみてください!

内腿に力が入っている方は肩が上がりにくかったはずです。
ですからクッションを挟んで寝るのがオススメです。

出産後の反射

出産後に反射がかかる大きな理由が
お子様の抱っこになります。

  • 思い描いていた産後の生活でしょうか?
  • 想定より抱っこの時間は長くないですか?

このように思ってもみない生活があり、肩がしんどくなります。

その中でも抱っこは本当に肩が辛くなります。

どうしても抱っこしないと寝なかったり、首がすわっていないので手で一生懸命支えたり
抱っこのパターンが決まってきたりで肩こりが出たり
元からあった肩こりが悪化する場合もあります

元からあった肩こりが悪化した場合は
産前に行っていたセルフケアが効果を発揮しない場合があります。

それはなぜか?

これが冒頭で伝えた「反射」というやつです。
簡単に言うと力を抜くことができません。

人間の脳は非常に優秀で形状記憶をすることができます。
形状記憶とは良くも悪くもその形を覚え、維持する能力のことも言います。

産後も妊娠中も身体に力が入ってしまい、それが普通になります。
それを形状記憶してしまい、マッサージやストレッチをしても元に戻ってしまうので
これをしっかりと上書きし、良い状態を記憶していく必要性があります。

まとめ

いかがでしょうか?
妊娠・出産による肩こりの原因はご理解頂けましたでしょうか?

この反射が取れると俗に言う「自然治癒」が働く状態に近づきます。

ここで我々が定義する「自然治癒」というものは

  • 寝れば不調が回復する
  • 自分に効果的なセルフケアが選択できている
  • 自分の不調に早く気付くことができる

という定義し、日々施術にあたっております。

「反射」があると寝てもストレッチをしてもダメ
子どもの優先順位が高くなり自分のしんどいに気付いてあげることができない
これではママの不調が改善されることはありません。

もし産後や妊娠中にストレッチや睡眠を正しく取っていても回復できない場合は
ぜひ専門院にご相談していただき自身の身体と向き合っていただけると良いと思います。

西宮で妊娠中の不調や産後の骨盤矯正を探している方は
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

骨盤って歪むの?良い姿勢が必要な理由を西宮の整体院が解説します

2024年01月22日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は

  • 産後の骨盤矯正
  • マタニティ整体
  • 自律神経の不調改善

これらが得意な専門整体院です。

正しい姿勢や骨盤の歪みが少ない状態の方が
健康に良いとされておりますが、あなたは正しい姿勢で
生活を送れているでしょうか?

今回の記事では、日々姿勢や骨格が正しくあるべき理由について
解説させて頂きます。

慢性的に不調を抱えておられる方や、姿勢や骨盤の歪みを感じている方
是非、読んで頂き日々の生活に役立ててみて下さい。

正しい姿勢が重要な理由は?

正しい姿勢の基準をあなたはご存知でしょうか?
姿勢を構成する上で大切なことは、頭の位置や肩の位置ですが
注目してほしい点は、背骨と骨盤です。

人間にはゴールデンラインと言われる、正しい姿勢の基準が存在します。
この基準から離れてしまうことで、痛みや不調をきたすと言われております。

頸椎や腰椎がきれいなS字を描くことで
正しい姿勢を保持しております。

この姿勢の根底は痛みや不調ということもありますが
人間が正しい姿勢から逸脱してはいけない理由があります。

なぜ、ゴールデンラインはきれいなS字なのか?

前述した通り、正しい姿勢でいるということは
痛みや不調が出にくくなるということです。

それ以上にS字なのは理由があります。
それは脳を守るためです。

姿勢が崩れることで、脳が危機感を感じます。
この危機感を修正する過程で、歪みや疲労、痛みが出ます。

体の負担や背骨のS字でダメージを分散させ
骨盤をたわませることで、負担を減らします。

これが正しい姿勢、ゴールデンラインが重要という理由です。

まとめ

いかがでしょうか?
正しい姿勢の必要性や骨盤に対する知識を
深めることはできたでしょうか?

正しい姿勢が身につくことで、痛みの改善はもちろん
毎日の疲れやすさや、自律神経に至るまで
幅広い効果が期待できます。

もし、あなたが慢性的な肩こりや腰痛で悩んでいるのであれば
姿勢や体の使い方に目を向けてみても良いかもしれません。

西宮で整体院をお探しの方へ

長年、痛みや不調を我慢していると
人間はどうしても痛いのが当たり前に感じるようになります。

これは、本来の自然治癒力を低下させ
改善できるものも、改善できなくなってしまいます。

慢性的な不調や痛みは、今回のような姿勢はもちろん
出産後の不調を抱えたままの生活や、自律神経の乱れなどもあり
人によって様々です。

これひとつが原因という方も少ないです。
体の不調を改善させるには、今の所見も大切ですが
過去の生活や体の使い方を理解した上で施術することが大切です。

西宮で骨盤矯正や整体院をお探しでしたら
鳴尾ぴっと骨盤整体院にまず初めにご相談下さい。

あなたの、不調や痛みの原因を姿勢や関節の動き、自律神経の問題など
的確に検査させて頂き、改善に必要な施術やセルフケアをご提案させて頂きます。

ひとりで抱え込み過ぎず、諦めずご相談下さい。
あなたの不調が改善され日々のストレスが減り、笑顔が増えるように
尽力させて頂きます。

産後うつを改善するために大切な3つのこと

2024年01月6日

こんにちは西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は産後の骨盤矯正や自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

自律神経が乱れると

  • 睡眠の質低下
  • 慢性症状の悪化
  • 自律神経失調症

などの身体の不調が出てきやすくなります。
自律神経が乱れる原因として多いのは日常生活のストレスになります。

特に出産後は生活環境が大きく変化して
ストレスが溜まりやすいので産後うつになる方もいらっしゃいます。

産後うつとは産後1ヶ月以降に現れる、うつ症状の事を言います。

  • 赤ちゃんの世話をする気が無くなる
  • 極端に悲しくなって泣き叫んでしまう
  • 気分の浮き沈みが激しくなった

などの症状が出てきます。

今回は産後うつの改善方法についてお話していきます。

現在、妊娠中の方や産後で身体の不調でお悩みの方は今回のブログを
最後まで読んで頂いて不調が改善するキッカケになれれば幸いです。

産後うつ改善のために大切なことは?

外で散歩する

産後のお母さんは育児や家事等で室内にいる事が多く外に出る事が少ないです。
室内にいる時間が長くなると日光に当たる時間が極端に減ってしまいます。
結果的に自律神経の乱れに繋がります。

産後のお母さんは基本的にお子さんと一緒にいる事が多いです。
もし可能であれば、お子さんをご家族に預けて
1人で散歩に行く時間を作るのが大事になってきます。

散歩する場所ですが

  • 木が多い公園
  • 河川敷
  • 自然が多い場所

などを散歩をすると効果的に自律神経が整いやすくなります。

昼寝をする時間を作る

赤ちゃんは夜泣きで途中に目が醒めやすいです。

夜泣きで目が醒めてしまうとお母さんの睡眠時間も短くなります。
そんな毎日が続くと身体に不調が出てきやすいです。

夜泣きを改善するのは中々難しいです。
そのため効果的な方法としてはお子さんが昼寝をしている間に
お母さんも昼寝をするのが大事になってきます。

睡眠時間(体と心を休ませる時間)を確保することを意識しましょう。

産後に整体をうける

産後のお母さんは出産の影響で骨盤が大きく開いて歪みやすいです。
骨盤は身体の土台になるので出産の影響で骨盤が歪むと
姿勢が悪くなり身体に不調が出てきやすいです。

また骨盤周りには自律神経が豊富に含まれているので
産後の骨盤を放置していると自律神経が乱れやすくなります

産後の骨盤は複雑に歪む為セルフケアで改善するには困難です。
産後の骨盤を改善するには産後専門の整体院にお任せするのがベストです。

まとめ

今回は産後うつの改善方法についてお話していきました。
産後のお母さんは育児や家事等で生活環境が大きく変化する為、自律神経が乱れやすいです。

また基本的にお子さんと常に一緒にいるので一人の時間が中々無いです。
パートナーの方や周りの頼れる人たちに相談したり
お子さんを預けて一人の時間を作るのも大事になってきます。

今回のブログを機に自分の身体を見つめ直すキッカケになれれば幸いです。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。
出産後や自律神経の不調でお悩みの方は当院までご相談くださいませ。

【自律神経が整う習慣】運動編

2023年12月25日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。
ここ数年で自律神経の不調でお悩みの方が増えてきた印象です。

自律神経とは身体のONOFFを切り替える神経です。
また、内臓や呼吸等をコントロールしている神経になります。

自律神経が乱れることで

  • 肩こりや腰痛
  • 頭痛
  • めまい、耳鳴り
  • 不眠

などの不調が出てきやすくなります。

自律神経を整えて身体の不調を改善するには

  • 適切な運動
  • 適切な栄養の摂取
  • 質の良い睡眠

この3つが基本的に大事になってきます。
今回は自律神経を整える運動法についてお話していきます。

現在、自律神経の乱れが気になる方は
今回のブログを最後まで読んで頂いき
お身体の不調改善に繋がれば幸いです。

自律神経を整える運動法

ウォーキングをする

自律神経を整える方法のひとつとしてウォーキングが効果的です。
ウォーキングをすることで全身の筋肉を使う為血流が改善されやすくなります。

また自律神経が乱れている方は呼吸が浅くなりやすいです。
ウォーキングは有酸素運動になるので新鮮な酸素を取り込んで呼吸が深くなりやすいです。

ポイントとしては木が多い公園や川など自然が豊かな場所で
ウォーキングをすると自律神経がさらに整いやすくなります。

また、理想の1日歩数は10,000歩に対して
日本人の平均歩数は約8,000歩と言われています。

普段から歩く回数が少なくなりがちなので
意識的に習慣をつけて自律神経を整えましょう。

ラジオ体操を行う

ラジオ体操は全身の筋肉、関節を使って身体を捻ったり屈伸したりするので
血流改善や内臓の機能改善等の効果が期待できます。

自律神経が乱れている方は内臓の血流が低下しやすいので
胃や腸などの不調が出てきやすくなります。

ラジオ体操で全身の血流を改善する事で内臓の不調を改善する事が出来ます。
またラジオ体操は負担がかかる動きは無いので怪我をするリスクも少ないです。

1日1回で就寝する3時間前にラジオ体操をすると効果的なので是非実践しましょう。

サイクリングを行う

サイクリングのような一定のリズムで行なう有酸素運動は自律神経が整いやすいです。
ポイントとしては中強度の負荷で実践して尚且つウォーキングと
同じで自然豊かな場所でサイクリングすると自律神経が整いやすくなります。

自律神経が整う運動まとめ

今回は自律神経を整える為の運動方法についてお話させて頂きました。

基本的に自律神経を整えるには一定のリズムで有酸素運動をすることで
幸せホルモンのセロトニンが分泌されます。

セロトニンが分泌される事で精神的に安定し
ストレス解消や質の良い睡眠を促進する事が出来きます
結果的に自律神経が整いやすくなります。

今回お伝えさせて頂いた運動は手軽で効果的に出来る運動になります。
自律神経の乱れが気になる方は是非実践してみて下さい。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

  • 睡眠の質が低下して不調が改善しにくい方
  • 慢性的な肩こりが続いている方
  • 耳鳴りや目まいでお困りの方

などの自律神経の不調でお困りの方は当院までご相談くださいませ。
技術、知識が豊富なスタッフがアナタのお悩み改善のサポートをさせて頂きます。

【西宮の口コミで人気の整体院が解説】自律神経が整う習慣

2023年12月17日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は

  • 産後の骨盤矯正
  • 自律神経の不調改善

に特化した整体院です。

現代人は仕事や家事などの日常生活のストレスで自律神経が乱れやすい環境にあります。
そんな中でいかにストレスに上手く適応して自律神経の乱れを最小限に抑えるかは
身体の不調を改善するうえでとても重要です。

実際に自律神経の乱れが続くことで

  • 慢性的な肩こりを常に感じる
  • 睡眠時間や睡眠の質が低下する
  • 頭痛が続きやすくなる

などの不調が起こります。

今回は自宅で簡単に出来る自律神経の乱れを
最小限に抑える為の習慣についてお話していきます。

現在、自律神経お乱れでお困りの方
今回のブログを最後まで読んで頂き、実践してみて下さい。

自律神経の乱れを整える習慣

起床時すぐに日光を浴びる

朝起きた際に日光を浴びると自律神経が整いやすくなります。

日光を浴びるタイミングとしては
起床後30分までに朝日を浴びることをお勧めしております。
セロトニンという幸せホルモンが分泌されやすくなります。

また、メラトニンというホルモンも同時に分泌されるので
睡眠の質が向上しやすいです。

注意点としては窓ガラス越しで日光を浴びても効果はあまり無いので
なるべく外に出て直接、太陽の光を浴びましょう。

時間に余裕がある際は、30分程度日光を浴びると
セロトニンがさらに分泌されやすくなります。

入浴をして身体を温める

入浴して身体を温める事で自律神経が整いやすくなります

まず自律神経が乱れている方は健康的な人と比べて
全身の筋肉が硬くなり、内臓も機能低下しやすいです。

そのため自律神経が乱れている人は毎日入浴して
身体の血流をあげると筋肉が緩み内臓の機能も回復しやすくなります。

理想は、30度後半のお湯の温度で10〜15分程度入浴することで
効果的に自律神経が整いやすくなります。

 複式呼吸で深呼吸をする習慣をつける

自律神経が乱れている方は呼吸が浅くなりやすいです。
また逆に呼吸が浅い人は自律神経が乱れやすいです。

自律神経が乱れている方は残存呼気といい
上手く息を吐きれずに肺に余計な空気が
溜まりやすくなっている状態が多いです。

呼吸の浅さは普段から深呼吸をすることで解消する事が出来ます。
特に腹式呼吸で鼻から吸って口から吐くことで
肺に溜まった余分な空気を抜く事が出来ます。

いつでも出来るので仕事や家事で忙しい時の合間に実践してみましょう。

自律神経を整える習慣まとめ

今回は自律神経の乱れを整える習慣についてお話していきました。
自律神経の乱れを放置してしまうと

  • 睡眠障害
  • 頭痛
  • 慢性的な肩こり

などが起きやすくなります。

上記のような不調が起こる前に
今回お伝えした習慣を取り入れて頂き
未然に不調が出ないような健康状態を手に入れて頂ければと思います。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は自律神経の不調改善を得意としている整体院です。

自律神経の治療技術、知識豊富なスタッフがアナタの
健康をサポートさせて頂きます。
身体の不調でお悩みの方は当院までご相談くださいませ。


1 2 3 4 5 18