【西宮の整体院が解説】自律神経が整う朝習慣

2024年02月26日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は
自律神経の乱れやそれに伴う不調改善を得意とした整体院です。

自律神経が乱れると

  • 慢性的な肩こりが酷くなる
  • 目まい、耳鳴りで生活に支障がでる
  • お子様では起立性調節障害になりやすくなる

などの身体の不調が出やすくなります。

しかし、このような不調を改善する為に何をしたら良いかわからない
という方は非常に多いです。

自律神経を整えるには適切な朝の習慣が大事になってきます。
今回は自律神経を整える朝の習慣についてお話していきます。

現在、自律神経の乱れを感じており

  • どういったホームケアをすれば良いか分からないという方
  • 症状を未然に防ぐホームケアを知りたいという方

は今回のブログを最後まで読んでみて下さい。

自律神経を整える朝の習慣

自律神経が整う朝の習慣

白湯を飲む

朝起きたときの内臓は非常に冷えています。
また、寝ている間に体は水分を失っています。
朝に十分な水分を摂取することは体のスイッチを入れるためにとても重要です。

また冷えた内臓は血流やリンパの流れが悪くなるため
自律神経が乱れやすくなります。

そんなときに白湯を飲むと水分摂取に加えて
効果的に内蔵の温度が上がりやすくなります

白湯を作る方法としては電気では無く
なるべく火を使って50度くらいの温度になるまでに熱します。

食事前にコップ一杯飲んでもらうと
内臓の温度が上がり血流が改善されやすくなります。

また、胃結腸反射といって胃腸も活発に動いてくれるため
自律神経の乱れが気になる方は積極的に実践しましょう。

ストレッチを行う

朝の習慣として毎日ストレッチをすると自律神経が整いやすくなります。

特に大事な部位は下半身の筋肉になります。
下半身の筋肉が硬い状態が続くと上半身へ血流が戻りにくくなる為
全身の血流が悪くなりやすいです。

女性は特に股関節周りの筋肉もストレッチすると骨盤内の血流が改善するため
生理痛の改善やPMSの改善にも繋がります。

一部位30秒を目安に深呼吸をしながら実践してみてください。

カフェインをなるべく控える

朝にコーヒーを飲む方は多いと思いますが
コーヒーは飲むタイミングによっては自律神経の乱れの原因になる可能性があります。

朝起きてから90分以内にカフェインを摂取すると
副腎という内臓からコルチゾールというホルモンが分泌されにくくなります。

コルチゾールとはストレスに対応してくれるホルモンで
コルチゾールが分泌されにくくなるとストレスに弱くなってしまうため
自律神経が乱れやすくなります。

朝にコーヒーを飲みたい方は起きてから90分後に飲むと
コルチゾールが正常に分泌される為、自律神経が乱れにくくなります。

自律神経が整う朝習慣まとめ

今回は自律神経を整える為の朝の習慣についてお話していきました。
これらの習慣は一度で爆発的な効果を発揮することはありませんが
毎日コンスタントに実践することが大切です。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は頭の整体や鍼灸
骨盤矯正を用いて自律神経の乱れを改善するサポートをさせて頂いています。

自律神経の問題は長年の蓄積や大きいストレスや環境の変化など
様々な問題が重なり発症します。

上記の習慣に加えて、栄養素が高い食事やデジタルデトックスなど
選択肢は沢山あります。

自分に合った対策法やケアを見つけることが
自律神経の問題を改善させていく上では重要になります。

  • 睡眠の質が悪くて身体の疲労が中々取れない方
  • 頭痛が酷く、頭痛薬を飲んでも中々改善されない方
  • 病院で自律神経失調症と診断されたが薬などでは中々改善されない方

上記のような自律神経の不調でお困りの方は当院までご相談くださいませ。
あなたので不調が改善され、日々のストレスが軽減され笑顔になれるように
お手伝いさせて頂きます。

ひとりで自律神経のお悩みを抱え込みすぎず、ご相談下さい。

出産後に片側の腰が痛い人!西宮の整体院が腰以外の原因を考察

2024年02月26日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は
産後の骨盤矯正や産後から続く痛みの改善が得意な
専門整体院です。

出産してから、腰痛にお悩みの方は多く居られます。
妊娠、出産に伴う腰痛の原因は様々あります。

骨盤の歪みやダメージはもちろん
産前の姿勢や生活習慣も影響して
腰痛が発症しているケースが多いです。

今回は産後の腰痛、特に片側に痛みを感じている方
原因となる筋肉について解説させて頂きます。

上記の症状でお悩みの方は是非
参考にしてみて下さい。

産後に片方だけの腰痛がある方の原因は?

産後の腰痛原因

出産後に腰痛を発症するケースの多くは

  • 筋肉や靭帯の緩みの影響
  • 骨盤の変化や歪み、ダメージ
  • 分娩時の時間や状態
  • 妊娠、産後の姿勢
  • 筋力の低下

これらが一般的な原因になります。

その中でも片側に腰痛がある場合の腰痛の原因の多くは
筋肉同士の連結が問題になります。

つまり、体が正しく使えていない方に
共通して多い症状になります。

実際に腰痛の原因になりやすい箇所や
整体院にお越しになる方の原因になりやすい箇所を
3つ解説させて頂きます。

腰方形筋

この筋肉は

  • 背骨
  • 肋骨
  • 骨盤

に付着する筋肉です。
腰の深いエリアに存在します。
この筋肉は妊娠、出産によって不調をきたす筋肉の代表です。

呼吸に関係したり、背骨の動きに関わる作用があります。

  • 座っている時も、歩いている時も収縮するため痛みを引き起こしやすい
  • 同じ姿勢で長時間立ち続けると血流が悪くなり痛みを感じやすい

といった特徴があります。

その他

  • 不良姿勢
  • 重いものを持ち上げ続ける

によってダメージが蓄積してしまいます。

中臀筋

この筋肉は骨盤を安定させるのはもちろん
股関節を動かす代表的な筋肉です。
股関節のあらゆる動きに対応します。

つまり、歩行や階段の上り下り
立つ座るなど生活の基本所作全てに関与します。

中臀筋が弱ってしまう原因としては

  • 片側重心で立ち、足を巻きつけて立つ
  • 長時間、足を組んで座る
  • インナーマッスルの低下に伴い弱る

といったことで中臀筋は弱ってしまいます。

中臀筋が弱ることで

  • 同側の大腿筋膜張筋
  • 対側の腰方形筋

これらの筋肉が過活動し周りの筋肉も硬くなり体全体に
問題が波及してしまいます。

また、腰痛にはもちろん
足の痺れや膝の痛みの原因にも繋がります。

妊娠、出産で足が痺れている方や
膝が痛い方は骨盤の歪みももちろんですが
中臀筋の問題を疑います

腸脛靭帯

腸脛靭帯は太ももからスネにかけて走る靭帯です。
大腿部の筋膜が最も厚いところにあり
靭帯という名前ですが筋繊維が混在します。

歩行時や足を外に動かす時などに関与します。

この腸脛靭帯が機能低下することで

  • 骨盤
  • 股関節

に悪影響となります。

妊娠時からの歩き方の影響で、機能低下を起こし
出産後もそのままの歩行が影響したままの方に
多い所見になります。

腰痛と同時に足の外側の張りや怠さを感じる方
この腸脛靭帯を疑います。

まとめ

いかがでしょうか?
出産後に片側に腰痛が発生する原因や
メカニズムはご理解頂けましたでしょうか?

腰痛の原因は人によってそれぞれです。
なかなか自己流のケアで改善が見込めないケースもあります。

腰痛や出産後の不調を改善させていくためには
ご自身の症状の原因や問題がどこにあるのかを
しっかりと理解し、目を向ける必要があります。

もしあなたが、出産してから腰痛に悩んでいて
ストレッチやセルフケアで改善がなされていない場合は
そのままの習慣やケアでは改善が見込めない可能性が高いです。

西宮で産後の骨盤矯正や産後の不調改善が得意な整体院をお探しでしたら
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

あなたの症状の原因や骨盤や姿勢の状態をしっかりと分析し
早期改善と再発防止のために何が必要か?見極め
あなたの生活のストレスを軽減させることをお約束します。

ひとりで悩まず鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

出産後に腰痛になりやすい方の特徴3選を西宮の整体院が解説

2024年02月19日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は

  • 産後の骨盤矯正
  • マタニティ整体
  • 自律神経整体

が得意な専門整体院です。

当院には出産後の不調を抱えたママが多くお越しになられます。
産後は一般的な整体や骨盤矯正と異なり専門的な施術が必要です。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は産後の骨盤矯正などの
専門的に施術にあたる中で、出産後に腰痛になりやすい方の特徴が分かってきました。

整体院に通っているが、出産後の不調や痛みが改善しないという方が多く居られます。
今回の内容が出産後に腰痛で困っている方や、整体院をお探しの方の参考になれば幸いです。

出産後に腰痛が発症しやすい方の特徴

産後の腰痛に繋がる特徴

出産後は腰痛になる方が多いです。
出産は体にかなりのダメージを与えます。

後述致します特徴がある方は
産後の腰痛が慢性的になる可能性が高いです。

もし、あなたが出産後に腰痛で悩んでいるのであれば
是非ご自身のお身体と照らし合わせてみて下さい。

股関節やお尻の筋肉の動きが悪い

股関節や臀筋群(お尻の筋肉)の硬さは
腰痛の原因になる確率が非常に上がります

股関節とその周辺の筋肉は連動しており
動きが悪くなることで、腰~お尻の筋肉の緊張に繋がります。

また、股間節は、体の中で1番大きい関節で
主な仕事は体の衝撃の吸収と緩和です(サスペンション機能)。

長時間の座り姿勢や立ち姿勢などで負担が蓄積します。
産前の生活でこのような習慣が多かった方は要注意です。

胸椎や肋骨の動きが悪い

胸椎と肋骨(合わせて胸郭)の動きが悪い方
出産後に腰痛でお困りになるケースのひとつです。

このユニットの動きが悪くなることで

  • 体を捻るや前後左右に倒す動き
  • 呼吸の量と質の低下
  • 歩行の不安定さや窮屈さ

に繋がります。

また、セルフケアで効果を最大化するのが難しいのも特徴です。

お腹の硬さ

お腹の硬さも腰痛の要因です。

主には

  • 内臓の疲労
  • インナーマッスル(横隔膜や腸腰筋)

この2点が挙げられます。
2点とも関連が深いです。

内臓の疲労に関しては

  • 日々の食生活
  • 生理サイクル
  • 排尿、排便

が関わってきます。

インナーマッスルに関しては

  • 日々の姿勢(立ち方、座り方)
  • 運動習慣
  • 呼吸の質や量

このあたりに関連してきます。

また、内臓やインナーマッスルは自律神経系との関連も深く
睡眠の質やメンタル面にも影響を与えるケースがあります。

ストレスで腰痛に繋がる例があるのは
この辺りの関連と推測されます。

まとめ

いかがでしょうか?
出産後に腰痛に繋がる特徴はご理解頂けましたでしょうか?

基本的に妊娠、出産の影響だけでなく
その前の姿勢や生活習慣も産後の腰痛には影響します。

産後に急に症状が出たというより
長い蓄積があり、キッカケが出産というイメージです。

出産後の症状はどうしても、後回しにされる傾向が高いです。
しかし、痛みや不調を抱えたままの生活は危険です。

もし、あなたが産後に腰痛に困っているのであれば
今回の記事の特徴に当てはまっておりませんか?

当てはまる方やセルフケアでは解消できていない腰痛があるのであれば
西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

体が何となくしんどくなる原因?ホメオスタシスを理解しましょう

2024年02月17日

こんにちは西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

身体の不調を改善するうえでホメオスタシスという機能が大事になります。

ホメオスタシスとは身体の外部から受ける環境
例えば気候やストレスに関わらず
体内を無意識にコントロールする機能の事を言います。

具体的には

  • 自律神経
  • 免疫
  • 内分泌

3つを指します。

今回はホメオスタシスについて紹介させて頂きます。

現在、身体の不調でお困りの方は今回のブログを最後まで読んで頂き
自身の身体を見つめ直すキッカケになれば幸いです。

ホメオスタシスの3つの要素

 自律神経機能

冒頭お伝えさせて頂いた自律神経とは

  • 呼吸
  • 内臓機能

など生命活動に必要な機能を常にコントロールしている神経になります。

自律神経とは

  • 交感神経
  • 副交感神経

2つに分かれています。

交感神経が優位になると
  • 血管が収縮
  • 腸の動きが低下

という状態になります。

副交感神経が優位になると
  • 血管が拡張
  • 腸の動きが活発

という状態になります。

基本的にはどちらかの神経が30%優位になっている状態が健康的です。
しかし差が30%以上になると身体の不調が出てきやすくなります。

自律神経は深呼吸や適切な睡眠で整いやすくなるので普段から気にかけましょう。

内分泌機能

内分泌機能とは身体が成長や回復をする際に
ホルモンが分泌される機能の事を言います。

健康的な人は季節やストレスに関係なく
適切なタイミングで適切な量が分泌されます。

身体に不調がある方はホルモン不足や過剰分泌等が起きてしまします。

内分泌係の状態として

  • 生理不順
  • 不整脈
  • 神経過敏

などの症状が出てきやすくなります。

免疫機能

免疫機能と身体に侵入してきたウイルスや細菌などの異物に感染しないように
身体を守る防御システムの事を言います。

しかし何からの原因で免疫機能が低下すると
風邪やインフルエンザなどの病気になりやすくなります。

特に3月〜4月等の寒暖差が激しくなると
免疫機能が低下しやすくなります。

寒暖差は基本的に以上の差があると免疫が低下します。
その結果、身体に不調が出てきやすくなります。

3〜4月は質の高い睡眠や栄養の摂取を心がけましょう。

まとめ

今回はホメオスタシスについて紹介させて頂きました。

ホメオスタシスは季節の変わり目や長期的にストレスがかかり続けると
機能低下起こしやすいです。

またホメオスタシス機能のうちどれかひとつでも弱まってしまうと
身体の不調は出てきやすくなってしまいます。

ホメオスタシス機能を向上するには

  • 睡眠
  • 栄養
  • 運動

が非常に大事になってきます

自宅でのホームケアだけで不調が中々改善されない場合は
身体のプロに任せるのが効果的で早い場合が多いです。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

  • 頭痛で悩んでいるが薬を飲んでも中々改善されない方
  • 睡眠の質が悪く身体の不調が中々改善されない方
  • 目まい、耳鳴りでお悩みの方

このような自律神経の不調でお悩みの方は当院までご相談下さい。

妊娠中にお腹が下がり過ぎるのは肩甲骨が影響してる?

2024年02月11日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は
産後の骨盤矯正やマタニティ整体が得意な専門整体院です。

妊娠中のケアは、快適なマタニティライフだけでなく
安産や出産後の生活にも良い影響を与えてくれます。

妊娠中は、不測の事態や急な痛みや不調が起こりやすいです。
その中でも、お腹が下がってくることで痛みや不調に繋がるケースが多いです。

妊娠中にお腹が下がってくることは致し方ない部分はありますが
下がりすぎることで、お腹の張りや切迫早産のリスクに繋がります。

今回の記事では、妊娠中にお腹が下がる原因や効果的なセルフケアについて解説しております。

妊娠中でお腹の張りや、腰痛でお悩みの方は是非このまま読み進めて行って下さい。

お腹が下がるのは肩甲骨が関係する?

妊娠中にお腹が下がりすぎる原因は肩甲骨の可能性が高いです。
胎児の成長により、お腹が大きくなることで重くなり下がります。

この結果、体全体が下に引っ張られ腰や股関節の痛みを引き起こします。
これに対して、肩甲骨が上制(肩が上がり過ぎる)状態になる防御反応が起こります。

この肩甲骨の上制が働くことで猫背姿勢になり
よりお腹が下がってしまいます。

元々、肩甲骨を下制させるには腹圧を入れる必要があります。
しかし、妊娠中はインナーマッスルが弱っており
腹圧を入れることが難しくなります。

また、妊娠中は過度に腹圧を入れることは流産のリスクに繋がります。

お腹が下がり過ぎている場合は腹圧のコントロールではなく
前述した肩甲骨の状態を良くすることが最重要になります。

効果的なセルフケア方法は?

深呼吸しながら、肩甲骨の上げ下げ(上制、下制)を繰り返す
セルフケアが効果的です。

吸う時(吸気)に肩甲骨を上制(肩をすくめる)し
吐く時(呼気)に肩甲骨を下制(肩を下げる)を
5回ほど繰り返えすと良いでしょう。

このセルフケアは肩甲骨の動きに加え横隔膜の動きも連動します。
この結果、妊娠中のお腹の張りや下がりだけでなく腰痛や肩こりにも効果的です。

まとめ

いかがでしょうか?
妊娠中のお腹が下がる原因や対策法はご理解頂けましたでしょうか?

妊娠中にお腹が下がり過ぎている場合は、お腹の張りはもちろん
腰痛や肩こりで悩んでいるケースが多いです。

また、妊娠中の猫背姿勢が過剰になっているケースが多く
つわりや難産になる可能性が高まっております。

もし、あなたが妊娠中でお腹の張りを感じていたり
腰痛などの痛みがある場合は今回の記事を参考に
日々の快適なマタニティライフのために取り入れてみて下さい。

追伸:妊娠中に通える整体院をお探しの方へ

もし、あなたが西宮で妊娠中に通える整体院をお探しでしたら
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談ください。

妊娠中のケアはとても有効です。
多くの方が、もっと早くいけば良かったと仰られます。

ただ、妊娠中の専門的な知識や施術ができる整体院はまだまだ少ないです。
快適な生活と妊娠中の不安解消のために是非ご相談下さい。

ひとりで悩まず、鳴尾ぴっと骨盤整体院にお任せ下さい。

内臓の不調は、自律神経の乱れのサイン?

2024年02月10日

こんにちは西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

自律神経とは内臓や呼吸など生命活動に必要な機能を
休まず統率している神経です。

自律神経の不調は人によって違いがあるので判断しづらいですが
判断基準の一つとして内臓の不調があります。

今回は自律神経の乱れのサインである
内臓の不調についてお話させて頂きます。

今回のブログを読んで頂くことで
自律神経が乱れているのか?が
判断出来るようになります。

慢性的な不調や自律神経のお悩みかもと思う方
最後まで読んで参考にしてください。

自律神経乱れのサイン

胃の不調

胃は自律神経の影響を受けやすい内臓のひとつです。
食べ物を消化する胃酸の分泌は自律神経によってコントロールされています。

ストレスが溜まると胃酸が過剰に分泌されやすくなり
結果的に胃を保護している粘膜が炎症して胃が痛くなったり
逆流性食道炎になりやすくなります。

他にも胃下垂やゲップの頻度が多くなったりします。
胃と自律神経は深い関係があるので、自分の身体を振り返ってみましょう。

腸の不調

腸も自律神経の影響を受けやすい内臓のひとつになります。
脳腸相関と言って脳と腸は密接な関係がある為
ストレスが続くと腸の不調も出てきやすいです。

腸と自律神経の関係性として
副交感神経が優位な場合は蠕動運動が起き
交感神経が優位な場合は腸の動きが停滞します。

しかし日常生活のストレス等で交感神経が優位な状態が続くと
腸の動きが低下します。

結果的に

  • 便秘
  • 下痢
  • ガスが溜まる

などの腸の不調が出てきやすくなります。

便秘や下痢などの腸の不調がある方は
自律神経が乱れている可能性があるので普段の生活を見直してみましょう。

副腎の不調

副腎が機能低下すると朝がしんどくなりやすいです。
副腎からはコルチゾールというストレスに対して
抵抗してくれるホルモンが分泌されます。

しかし、ストレスが溜まりコルチゾールが過剰に分泌され枯渇してしまいます。

結果的にストレスに対応しきれなくなり
気分が落ち込みやすくなったり、鬱症状等も出てきやすいです。

注意点として朝コーヒーを飲む人は副腎の機能が下がりやすくなります。
結果的に、自律神経が乱れやすくなります。

朝コーヒーを飲む際は起床してから90分以降に飲んでもらう
副腎の機能が下がりにくくなるので飲むタイミングを考えたうえで摂取しましょう。

まとめ

今回は自律神経の乱れのサインである内臓の不調について紹介させて頂きました。

自律神経の不調は人によって違う為
自分で自律神経の乱れがあるか判断するのは難しいと思います。

少なくとも今回紹介させて頂いた内臓の不調がある場合は
自律神経の乱れがあるので是非参考にしてみてください。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院では頭の整体や鍼灸
骨盤矯正を用いて自律神経の不調改善のサポートをさせて頂きます

  • 胃腸などの内臓の不調が気になる方
  • 慢性的な頭痛があり頭痛薬を飲んでも中々改善されない方
  • 睡眠の質が悪くて身体がしっかりと休めていない方

上記のような自律神経の不調がある方は当院までご相談くださいませ。

【薬で改善されない頭痛】解説と対策を西宮の整体院が解説

2024年02月4日

こんにちは西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

自律神経とは

  • 呼吸や体温
  • 内臓の働き等の生命活動を維持

など24時間365日働いている神経になります。

自律神経の乱れが起きると様々な症状が出てきますが
初期症状として頭痛が出やすいです。

頭痛も原因によって場所や発症するタイミングが変わってきます。

今回は頭痛の原因についてお話していきます。

  • 薬を飲んでも改善されない頭痛持ちの方
  • 病院に行ったが原因が分からないと言われた方

参考になるかと思いますので最後まで読んでみてください。

頭痛パターンと対策

頭痛と一緒に目が痛くなる場合

頭痛と一緒に目が痛くなる方は交感神経が過剰に働きすぎている可能性があります。

交感神経とは身体をオンにする神経で
ストレス等を感じると活発に働きやすくなります。

例えば仕事中や何かしらの原因で強いストレスがかかっている方は
頭痛と目の痛みが併発しやすくなります。

目が痛くなる頭痛は深呼吸等でリラックスしてもらうと
改善しやすいので深呼吸を心がけましょう。

後頭部が痛くなる場合

後頭部に頭痛が出る場合は筋緊張性頭痛の可能性があります。

筋緊張性頭痛とは何かしらの原因で筋肉が過剰に緊張した結果起こる頭痛の事を言います。

特に多いケースとしてはデスクワークやスマホの見過ぎで
肩甲骨や首の筋肉が緊張して頭痛が起こる事が多いです。

肩甲骨や首の筋肉が緊張する事で
頭の筋膜が引っ張られたり
脳への血流量が減少するので頭痛が起きやすくなります。

後頭部が痛くなる場合は肩甲骨や首回りを大きく動かすと
一時的に血流が回りやすくなるので改善されやすいです。

食生活が関連している頭痛

普段の食生活が頭痛の原因となっている場合があります。

もし食後1時間半〜2時間以内に頭痛が起これば
腸内での消化酵素の分泌量が低下してる可能性があります。

酵素は自律神経のコントロールにも関与している為
不足すれば体内時計が崩れるので不眠等の睡眠障害が起きやすくなります。

体内の酵素量を増やしてあげると自律神経が整い
頭痛や睡眠障害が改善されやすくなります。

酵素が多い食べ物として

  • パイナップル
  • 大根
  • キウイフルーツ

などの生野菜に多く含まれています。
食後に頭痛が出る方は普段の食生活を見直してみて酵素を積極的に摂取しましょう。

まとめ

今回は頭痛の症状別の原因についてお話していきました。
頭痛の原因は約2万種類あるとも言われています。

今回、紹介させて頂いたのは頭痛の原因の中でも比較的多いものになります。
頭痛の中には自宅でのホームケアなど自分では改善出来ない症状もあります。
中々改善されない場合は、整体院等の身体のプロに相談してみましょう。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院では自律神経の不調に対して
頭の整体をはじめ、鍼灸や骨格矯正などを駆使して不調を改善していきます。

  • 頭痛で悩んでいて薬を飲んでも中々改善されない方
  • 睡眠の質が悪く身体がしっかりと休めない方
  • 耳鳴りや目まいの症状で悩まれている方

上記のような自律神経の不調でお悩みの方は当院までご相談くださいませ。

産後の恥骨痛原因と対策を西宮の専門整体院がまとめました

2024年02月4日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は
産後の骨盤矯正やマタニティ整体が得意な
専門整体院です。

今回は出産後の恥骨痛について
原因や対策法をご紹介させて頂きます。

妊娠や出産で発生する恥骨痛は
中臀筋と内転筋の問題が多いです。

妊娠中や産後の施術を専門的に行う中で
恥骨痛は多くの方がストレスに感じる症状の1つです。

もし、あなたが妊娠、出産で恥骨痛にお悩みでしたら
ぜひ、痛みの原因と対策をしって頂き、日々の生活に役立ててみて下さい。

恥骨痛の原因と対策

恥骨痛は恥骨に問題があるわけではなく
周りの筋肉の影響で恥骨に負担がかかり
痛みが発生しているケースがほとんどです。

原因

冒頭に挙げたように、恥骨痛は
中臀筋と内転筋の影響で発生するケースが多いです。

妊娠中はお腹が前に出ることで骨盤が前傾します。
この骨盤の前傾によって、骨盤の動きが制限されます。

この

  • 妊娠中の姿勢や体の変化
  • 股関節可動制限

これらに耐えながら、庇いながら生活することで
ラテラルライン(体の側面)が緊張し機能低下が起こります。

この機能低下によって、歩き方が変わります。
体幹が安定していないため、横にユラユラと揺れる歩行になります。

この歩行は、股関節周りの筋肉(中臀筋)が硬くなり
それに連動し、内転筋も緊張します。

結果的に、内転筋が恥骨周辺を引っ張り、恥骨痛に発展します。

産後はこの状態に加えて骨盤の歪みや不安定さが加わり
恥骨の痛みに繋がってしまいます。

次の項目では簡単にできる対策方法について解説します。

対策

普段の立っている姿勢の際に
お尻の穴を閉めて立つように意識してみましょう。

恥骨痛を抱えている方の多くが
外側重心で立っていたり、歩いている方です。

この外側重心は、前述した中臀筋や内転筋の負担が増えます
お尻を締めることで、重心が外側から足の裏全体を使える
重心になります。

お子様を抱っこしている時ではなく
1人で立っている場面で活用していただくことを
オススメします。

ただ、痛みが強烈に強い場合は
セルフケアの前に整体院や医療機関への受診を
オススメします。

恥骨結合離開

これは簡単に言えば、骨盤の骨折です。
症状としては、強烈な痛みによる歩行困難です。

さらに症状が重い場合は

  • 内臓損傷、強い腹痛
  • 血尿、排尿障害、失禁
  • 下血、性器出血
  • 下肢の痺れや麻痺

といった症状を患う危険性があります。

恥骨結合離開の場合は、基本的に整復固定や
骨頭の置換術や人工関節の置換術に発症するケースもあります。

まとめ

いかがでしょうか?
産後の恥骨痛に対する原因や対策は
ご理解頂けましたでしょうか?

産後の恥骨痛は、軽度であれば
安静や日々のセルフケアで改善するケースがあります。

ただ、多くの場合プロに任せた方が
早く効果的な改善が見込めます。

痛みを我慢したままの生活は、他の症状に波及したり
後遺症を残す場合もあります。

もし、あなたが西宮で産後の恥骨痛で悩んでいたり
骨盤矯正を受けようと整体院を探している場合は
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

骨盤底筋群について知ってますか?西宮の産後専門整体院が解説

2024年01月28日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は

  • 産後の骨盤矯正
  • マタニティ整体
  • 妊活における体質改善

が得意な専門整体院です。

骨盤底筋群という言葉を聞いたことありますか?
これらの筋群は妊娠、出産においてとても大切です。

最近、言葉だけはよく聞くことがあるかもしれませんが
この筋群が

  • 弱るとどうなるのか?
  • なぜ弱るのか?

といったことをご存知でしょうか?

妊娠〜出産後まで深い関わりがあり
整体や矯正の領域だけでなく、セルフケアにおいても
とても大切です。

妊娠中の方や出産後の方に是非読んで頂きたい内容です。

骨盤底筋群とは?

骨盤の底にある筋肉の総称を言います。

  • 骨盤内の臓器を支える
  • 肛門や膣などを締める

などの役割があります。

日常生活で骨盤底筋にかかる負担は意外と多いです。
妊娠中や産後初期は、寝た状態から起き上がるだけで
骨盤底筋に過度に負担がかかります。

基本的にお腹に力が入る動きは全て骨盤底筋の負担になります。
負担がかかるメカニズムとしては

  1. お腹に力が入る
  2. 圧力を上下に分散する
  3. 下への分散担当が骨盤底筋

このようなメカニズムで骨盤底筋群への負担になります。

その他にも

  • ジャンプ
  • くしゃみ
  • 腹筋で起き上がる
  • 抱っこ

なども骨盤底筋への負担になります。

骨盤底筋群が弱る原因

  • 妊娠、出産の腹圧や姿勢
  • 妊娠前からの筋力低下
  • 分娩時

これらが特に骨盤底筋群が弱る原因です。
このことから、妊娠と出産によって
弱ってしまうということが言えます。

自然分娩、帝王切開に関わらず
骨盤底筋群は弱ります

また、最近の研究では生理時にも少しずつ弱るというデータがあります。

近年の晩婚化などで、生涯月経回数が増え
骨盤底筋群へのダメージや婦人科疾患の増加も問題になっております。

骨盤底筋群の筋力低下で起こる症状

ここからは骨盤底筋群の筋力が低下することで
起こる症状について解説させて頂きます。

腰痛や股関節の痛みはもちろんですが
骨盤底筋群による特徴的な症状が2つあります。

  • 恥骨や尾てい骨の痛み
  • 尿もれ

この2つになります。

恥骨や尾てい骨の痛み

骨盤底筋が低下によって起こる代表的な痛みが
この2つになります。

骨盤底筋群が弱くなり、腹圧を入れることが難しくなります
これにより、股関節や仙骨のバランスが崩れることで痛みに繋がります

産後の尿もれ

  • くしゃみをすると
  • 立ち上がった際に
  • 子供を追いかけようと小走りした時
  • 抱っこした時

これらのタイミングで出産後に尿もれが起こるケースが多いです。

出産後に何も処置せずに、尿もれが改善した場合は
50代で尿もれが再発するというデータがあり
日本人女性の悩みの種になっております。

まとめ

いかがでしょうか?
骨盤底筋群に関しての理解は深まったでしょうか?

骨盤底筋群への運動療法やケアは巷に溢れています。
プロとしてしてオススメしたい事は
出産後は整体院でケアすることが1番と考えております。

無理なセルフケアは症状の悪化を招くケースがあります。
妊娠中の不調や産後の不調があれば1人で悩まず
プロに相談することをオススメします。

西宮で産後の尿もれや痛みでお困りでしたら
鳴尾ぴっと骨盤整体院にご相談下さい。

自律神経失調に効果的なセルフマッサージ

2024年01月28日

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。
当院は

  • 産後の骨盤矯正
  • マタニティ整体
  • 自律神経の不調改善

を得意とした整体院です。

自律神経の乱れが続くと

  • 耳鳴り
  • 目まい
  • 頭痛
  • 睡眠障害

などの不調が起きやすくなります。
上記のような不調は日々のセルフケアで
未然に防ぐのが大事になります。

今回は自宅で出来る自律神経を整える為の
セルフマッサージについてお話させて頂きます。

  • 自律神経の不調で悩んでいる方
  • 自宅でのセルフケア方法が分からないという方

今回のブログが参考になると思いますので最後まで読んでみて下さい。

自律神経のセルフケア方法

前腕のマッサージをする

自律神経の乱れがある方は前腕が硬くなりやすいです。
その結果、幸せホルモンであるセロトニンが分泌されにくくなります。

セロトニンの分泌量が少なくなると
慢性的な疲労感や睡眠の質が低下しやすくなります。

一日の中で朝が一番セロトニンの分泌量が多いため
朝起きた際にマッサージしてもらうと
効果的にセロトニンを分泌しやすくなります

方法としては手の末端からマッサージしてもらうと
血流が改善されやすいので是非実践してみて下さい。

足底のマッサージをする

足底には多くのツボがあるので刺激が加わると自律神経が整いやすくなります。
特に湧泉(ゆうせん)というツボを押してもらうと
自律神経の乱れやお腹の不調改善に効果的です。

場所は足の指を曲げた時にくぼむポイントが湧泉になります。
親指で湧泉を3秒押してみましょう。
これを3セットしてもらうと効果的に自律神経を整えやすくなります。

また湧泉とふくらはぎも一緒にマッサージしてもらうと
血流がさらに改善しやすくなるので最大限に効果を発揮しやすくなります。

手軽に出来るホームケアになりますので毎日実践しましょう。

耳周りをマッサージする

耳周りには多くの毛細血管が存在するので
マッサージで刺激を加えると血流が改善されて
自律神経が整いやすくなります。

特に耳鳴りや目まい等の不調に効果的です。
マッサージの方法としては耳を少し引っ張っり
時計回りと反時計回りに大きくゆっくり動かしてもらうと血流が改善されやすいです。

お風呂上り等の身体がぬくもっている時にしてもらうと
効果的なので是非実践してみてください。

まとめ

今回は自律神経を整える為のセルフマッサージについてお話させて頂きました。

お伝えさせて頂いたセルフケアでも自律神経は整いやすくなります。
しかし、症状が長期間続いている方はセルフケアだけでは改善が難しい場合があります。

セルフケアでも改善出来ない自律神経症状は
整体院など身体のプロにお任せするのも一つの方法になります。

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院は自律神経の不調改善を得意とした整体院です。

  • 睡眠時間が短かったり途中で目が醒めてしまう等、睡眠の質が低下している方
  • 目まいや耳鳴りの症状で悩まされている方
  • 薬を飲んでも中々改善しない頭痛で悩まれている方

などの自律神経の不調でお悩みの方は当院までご相談くださいませ。


1 2 3 4 5 66