先週のストレッチと併せて行ってみてくだい!

2018年09月16日

皆様、こんばんは!

先週の週末からずっと曇りや雨の日が続いています。曇りの日はジメジメとまだ蒸し暑さが残ったり、雨の日はぐっと気温が下がったり、寒暖の差が大きく、毎日の準備や洗濯が大変ですよね。

以前、私が気象病のひとつとして、頭痛について書かせて頂いたのですが、天候の変化で頭の他にも関節が痛むという方はいらっしゃらないでしょうか?
この関節痛の原因も天候、気圧が関係しているそうです!ころころと天気が変わる9月ですが、気象病も天候、気圧と上手に付き合うことで、症状を和らげることができるかもしれません!天気のせいで関節が痛むなと感じた時は、痛みのある部分を温めてみたり、マッサージしてみたりすることが効果的です!お風呂にゆっくり入ることもいいですね!入浴は、天候の変化によるストレス改善のためのリフレッシュにも繋がると思います!

さて、先週に太ももの前の筋肉、大腿四頭筋のストレッチをご紹介しましたので、本日は太ももの後ろの筋肉、ハムストリングスのストレッチをご紹介致します!

大腿四頭筋とハムストリングスは同じ太ももの前と後ろにつく筋肉です。膝を曲げる働きをするのがハムストリングス、膝を伸ばす働きをするのが大腿四頭筋となっていて、このようにお互いが反対の働きをすることから、大腿四頭筋とハムストリングスの2つは、拮抗筋と呼ばれています。
他にも拮抗筋と呼ばれる筋肉はあるのですが、拮抗している2つの筋肉を解し、バランスよく柔軟な状態を保ちましょう!

★仰向けで行うストレッチ
①柔らかいマットなどの上に仰向けに寝ます。
②片方の膝をお腹に付けるように曲げます。
③曲げた方の足の膝を両手で抱え込むようにしてストレッチします。
④太ももの裏が伸びているなと感じる所で30秒程キープしましょう。
⑤もう片方の足も行います。

膝を抱える際に、背中が丸まらないように、床につけたまま行ってください!

★座って行うストレッチ
①床に座り、片方の足は真っ直ぐに伸ばし、もう片方の足は胡座をかくように楽に曲げてください。
②伸ばした方の足のつま先に向かって両手を伸ばし、ゆっくりと息を吐きながら上体を前に曲げていきます。
③太ももの裏が痛気持ち良いと感じるところで30秒程キープします。
④もう片方の足も同じように行います。

このストレッチも上体を前に曲げる際に、背中が丸くならないように、腰から体を2つに折りたたむイメージで、背筋を真っ直ぐに倒していきます。

是非、先週紹介させて頂いた大腿四頭筋のストレッチと併せて行ってみてくださいね!

来週もまだまだ不安定な天気が続きそうです。体調には十分にお気をつけください。

鳴尾ぴっと骨盤整体院
ご予約、お問い合わせの際はこちらからお願い致します。
0798-56-8036