アキレス腱のストレッチも大切です!

2019年02月24日

皆さま、こんばんは!

今回は「アキレス腱」について、書かせて頂きます!

アキレス腱は、体育の時間に準備体操で出てくるので、
ご存知の方が多いと思いますが、
かかとの所の真っ直ぐな「すじ」がアキレス腱なので、触ることができます!

実際はふくらはぎの真ん中辺りから、
かかとまでアキレス腱が走っており、
その長さは約15cmになるそうです。

私は、大学で学ぶまで、
かかとのすじ約5cm程度がアキレス腱だと思っていたので、
実際の長さを知った時は驚きました!

そして、筋肉と骨を繋ぐのが腱の役目なので、
人間の体には他にも色々な腱があるのですが、
このアキレス腱が人間の体の中で、最も太く、最も強い腱になります!

アキレス腱は、歩く、走る、跳ぶという動作に大きく関わっており、
スポーツ、日常生活に関係なく大事な部位です。
スポーツをされる時はもちろん、普段からのケアが大切です!

また、何もせずにいてしまうと、
年齢と共にアキレス腱の柔軟性は失われてしまうので、
ストレッチをして予防しましょう!

★ストレッチPart1
①正座の状態から、片膝だけ立てます。
②立てた方の膝に上体を当てながら、膝を前に押していきます。
③この時に、かかとは床から離れないようにします。
④ふくらはぎからかかとにかけて伸びを感じるところで、30秒ほどキープします。
⑤立膝をする方の足を変えて、反対側も同じように行います。

 

★ストレッチPart2
①足を真っ直ぐ伸ばした状態で座り、両脚の裏にタオルを当てます。
②タオルの両端を両手で掴み、そのままゆっくりと後ろに倒れます。
※両脚は上に上がった状態になります。
③できるだけ膝を真っ直ぐにしたまま、タオルを手前に引っ張ります。
④ふくらはぎやアキレス腱が伸びているところで、30秒ほどキープします。

 

スポーツをされている方でも、そうでない方でも、
急な運動をしてしまうと、アキレス腱が負荷に耐えきれず、
怪我に繋がってしまいます!

その予防の為にも、
普段からストレッチ、運動前は準備体操を行ってください!

鳴尾ぴっと骨盤整体院

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお願い致します。
0798-56-8036