体幹の筋肉もストレッチしましょう!

2019年02月3日

皆さま、こんにちは!

本日2月3日は節分ですね!

節分の時に食べる恵方巻きは、関西発祥なのだそうです。
その年の恵方を向いて1本まるごと食べることで、
無病息災や商売繁盛の運を得られると考えられています。
そして、食べるのを途中で止めてしまうと、
運を逃すことになってしまうそうです。

2019年の恵方は「東北東」です!
恵方巻きを食べられる時は、東北東を向いて食べてくださいね!

今回は、腹直筋のストレッチを紹介致します!

腹直筋は、一般には腹筋と呼ばれており、
お腹の真ん中にある筋肉です。
主に体幹の前屈や、呼吸の役割をになっています!

腹直筋は、以前に紹介させて頂いた
広背筋や大胸筋、腹斜筋、僧帽筋などと同じ体幹の筋肉なので、
腕や脚の動きに関与していますが、
筋肉が固くなってしまっていたりすると、
普段の生活や、スポーツでの動きが制限されることもあります。

そうなってしまう前に、ストレッチで筋肉が固まるのを防ぎましょう!

★ストレッチPart1
①マットなど柔らかい床でうつ伏せの状態になります。
②両手を胸の横につきます。
③ゆっくりと息を吸いながら、両腕の肘を伸ばして背中を反らせます。
※腰に負担がかからない範囲で、背中を反らしてください。
④お腹を伸ばした状態で、30秒ほどキープします。

ストレッチPart2
①マットなど柔らかい床の上で四つん這いの状態になります。
②頭を上にあげて、ゆっくりと腰を反らしていきます。
③お腹を伸ばせるように、できる限り腰を反らします。
④その状態のまま30秒ほどキープします。

普段の生活の中で肩や腰のように
凝りや疲労をあまり感じない部分ですが、
他の所をストレッチする時などに、一緒に取り入れてみてください!

鳴尾ぴっと骨盤整体院

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお願い致します。
0798-56-8036