冬は乾燥に注意です!

2018年12月9日

皆さま、こんばんは!

金曜日辺りから、急に気温が下がってきましたね!
体調を崩されたりはしていませんか?

冬は風邪やインフルエンザが流行りますよね。

これは、冬は夏に比べて湿度が低くなり、喉や鼻の粘膜が乾燥して、
ウイルスに対する防御機能が低下すること、
逆に、ウイルスは湿度の低い環境では生存率が高まることが関係しているそうです。

なので、うがいはもちろん、加湿器や濡れたタオルなどで粘膜の乾燥を予防することが大切です!

ちなみに、ウイルスは湿度が50%を超えると、生存率が下がるそうなので、60%以上の湿度を保つと効果があるみたいです。

その他の予防対策としては、バランスの取れた食事や、充分な睡眠、適度な運動などです。
寒さ、病気に負けず、この冬を乗り越えましょう!

さて、本日は腹筋の1つ、腹斜筋のストレッチをご紹介致します!

腹筋というと、お腹の真ん中にある筋肉を思い浮かべる方が多いと思いますが、正式には腹直筋という名前です。
そして、この腹斜筋も腹筋の1つで、腹直筋の左右にあり、
名前の通り、脇腹の辺りを斜めに走っています。

腹斜筋が凝り固まってしまうと、上半身に左右差が生まれ体が傾いてしまったり、腰痛になってしまったりします。

長時間デスクワークをされる方、猫背が気になる方には、
是非一度試してみて頂きたいです!

★ストレッチPart1
①椅子に座った状態で、背筋を真っ直ぐに伸ばします。
②右腕を上に伸ばします。
③右のお尻に体重をかけるイメージで、上半身は左側に倒していきます。
※この時、背中が丸くならないように注意します。
④お尻と上半身を離すイメージで、伸びを実感したらそのまま30秒ほどキープします。
⑤反対側も同じように行います。

★ストレッチPart2
①マットの上など柔らかい床の上で真っ直ぐ仰向けの姿勢を取り、両腕を真横に広げます。
②両膝を90度に曲げて立てます。
③立てた両膝を右に倒していきます。
※この時に上半身や首が一緒に傾かないように注意します。
④できるだけ膝を倒した位置で30秒ほどキープします。
⑤膝を倒す方向を入れ替えて、反対側も同じように行います。

日曜日も本日と同じくらい冷え込む予報です。
外出される方は、暖かい服装でお出かけください!

鳴尾ぴっと骨盤整体院

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお願い致します。
0798-56-8036