劇症肝炎とは??

2018年11月29日

昨日、辛口コメンテーターの勝谷誠彦さんが亡くなられたましたね。

最終的な死因は、劇症肝炎とニュースで見ました。

今年8月には、重症アルコール性肝炎で入院していたそうです。

その頃にもかなり状態は悪かったようですが、一度は回復し、先月もテレビに出演しておられました。

劇症肝炎というと、その名の通り『劇的』に症状が悪くなり、肝不全となる、と学生の頃覚えた記憶があります。

肝臓の機能は主に3つあり、

①タンパク質の合成、栄養の貯蔵

②有害物質の解毒作用

③消化酵素(胆汁)の合成

これらの機能が低下すると、人は一気に死へと追いやられます。

とても大切なことを『肝心(かんじん)』と言いますよね。

言葉の由来は肝臓、心臓(または腎臓)が、内臓の中でも重要だというところからきています。それほど重要な臓器だということですね。

勝谷さんは長年の飲酒歴をお持ちだったということで、今回それが大きく影響しているようです。

最近は『ストロング』シリーズや、アルコール濃いめのビールやハイボールがコンビニで手軽に買えてしまいます。

お酒は適度に、楽しく、そして必ず休肝日をつくるようにしましょう。

これから特に忘年会シーズンで、お酒を飲む機会も増えます。ご自身でも意識しながら前後で調整するようにして下さい^^

明日、明後日で11月も終わりです!

今年も残すところあと一ヶ月!健康に過ごしましょう!

お身体の不調、その痛み、骨盤や姿勢の歪み、ご相談ください。

0798-56-8036