ホルモンについてご存知ですか?

2019年11月4日

皆さま、こんにちは!

 

寒い季節の乾いた空気や、暖房は

喉、鼻の粘膜の乾燥を引き起こします!

 

病気の基になるウイルスにとって、

乾燥した粘膜』は

生存しやすい環境となるため、

冬は風邪やインフルエンザなどが

流行ってしまいます。

 

ウイルスに負けずに

冬を乗り越えるために、

うがいや、加湿器などで

乾燥対策をしましょう!

 

 

本日は『ホルモン』について

ご紹介致します!

 

成長ホルモン

 

インスリン

 

甲状腺ホルモン

 

アドレナリン

 

副腎皮質ホルモン

 

 

上記は体内で働くホルモンの一部ですが、

ご存知のものはありますか?

 

これらのホルモンは

内分泌器官』から血液中に分泌され、

特定の『標的器官』に作用します。

 

例)成長ホルモン

 

『脳の下垂体前葉(内分泌器官)』

から分泌され、

 

血液で運ばれ⇒

 

『骨・筋肉(標的器官)』

へ作用する。

 

 

ホルモン』とはギリシャ語で

刺激するもの』という意味だそうです。

 

ホルモンの働きは、

 

成長の促進

 

細胞の代謝促進

 

抗ストレス

 

心機能、血圧の調節

 

など、様々です。

 

このような働きを持ったホルモンが

特定の器官に対して分泌されることで、

体の機能・作用が一定に保たれています!

 

 

では、運動をすると、

ホルモンの分泌はどう変化するのでしょうか?

 

体が興奮状態の時は、

呼吸数や心拍数、血圧が変わるため、

ホルモンの分泌も影響を受けます。

 

今回は運動と関係の深い

二つのホルモンの運動中の変化について

ご説明いたします!

 

アドレナリン

 

□脳や体を緊張、興奮させるホルモン

→心拍数・血糖値の上昇、気管支の拡張

 

運動中や仕事中に分泌され、

運動能力を高めたり、

脳を覚醒させて集中力を高めたりします。

 

アドレナリンが分泌されている時は

エネルギーを多く消費しますので、

脂肪燃焼や、体温の上昇も促されます!

 

また、運動中にケガをしても

「アドレナリンが出ていて、痛くなかった」

という言葉を聞いたことはありませんか?

 

これは、

体が興奮状態、緊張状態の時は

脳や体が痛みに対して鈍くなるように

アドレナリンが働いているからです!

 

 

成長ホルモン

 

□骨や筋肉の形成に欠かせないホルモン

 

運動をすることで、

この成長ホルモンの分泌は促進されます。

 

分泌量は、

運動の強度と比例して増加するので、

より激しい運動をするほど、

分泌量が増えます!

 

一方で、

運動強度が弱いと、

分泌量はあまり増加しません。

 

健康で丈夫な体を作るためには、

骨や筋肉を強くする必要がありますが、

そのためにはやはり、

適度な運動が欠かせないということです!

 

 

アドレナリン』と

成長ホルモン』の二つは

沢山のホルモンの中でも

比較的なじみのあるものだと思います。

 

なので、この二つについて、

より知ってもらえたら嬉しいです!

 

ホルモンの分泌には

運動だけでなく、

食習慣、睡眠習慣も関係します!

 

健康な体を作るために、

健康的な生活習慣を身につけましょう!

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

ご予約お問い合わせの際は、
お電話にてお願い致します。

0798-56-8036