ジュニア期から体のケアをしっかりしましょう!

2019年05月13日

皆さま、こんにちは!

 

ゴールデンウィークが終わって、急に暑くなりましたね!

近畿地方では、日中30度を越える地域も出てきました。

これから湿度も高くなり、汗をかきやすくなると思いますので、

こまめな水分補給を心がけてください!

 

 

今週は、ジュニアスポーツで起こりやすい肩の怪我について、

書かせて頂きます!

 

【インピンジメント症候群】をご存知ですか?

野球やバレーボール、水泳、テニス、バドミントンのように

腕を上に振り上げる動作を繰り返すスポーツで起こる怪我で、

若い選手に多く見られるスポーツ障害です。

 

“インピンジメント”とは、“挟み込み”という意味で、

【インピンジメント症候群】の場合、

腕を挙げた時に、腕の骨と肩の骨の間にある組織が挟まってしまい、

痛みを引き起こしてしまいます。

肩は前後左右に大きく動き、回転動作も可能です。

しかし、その分不安定な関節でもあります。

 

体の成長途中で、競技中のフォームが安定しにくいジュニア期では、

肩への負担や疲労‬が、

このようなスポーツ障害の原因となってしまいます。

 

日々の練習や試合、大会で肩を沢山使った後には、

しっかりとケアをして故障を防ぎましょう!

 

★ストレッチPart1

①立位でも座位でも大丈夫です。

②背筋を真っ直ぐに伸ばします。

③右腕を伸ばしたまま少し後ろに引きます。

④左手を背中に回し右肘あたりを掴み、そのまま左へ引っ張ります。

⑤肩が伸びているところで、30秒ほどキープします。

⑥反対側も同じように行います。

 

★ストレッチPart2

①立位でも座位でも大丈夫です。

②背筋を真っ直ぐに伸ばします。

③両腕を背中に回し、肘を曲げます。

④できるだけ肘を鋭角に曲げ、背中で合掌します。

⑤その姿勢で30秒ほどキープします。

 

ジュニア期のスポーツを楽しむ為にも、

怪我に負けない体づくりをしていきましょう!

このストレッチはスポーツ時だけではなく、

猫背やスマホなどの使用による凝りにも効果的です!

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお願い致します。

0798-56-8036