洗顔する際の腰痛に10年間怯えていた人が改善された症例

2021年03月19日

今回は10年来の腰痛で、洗顔をするたびに怯えていた痛みが改善された症例になります。

  • 痛みを我慢しながら生活をしている
  • 5年以上治っていない症状がある
  • 年々疲れが取れなくなっている

上記のようなお悩みがある方!
しっかりとした原因を見つけた上で治療をしていく必要があります。

今の悩みを一刻も早く解消したい方は整体院選びの参考にしてみて下さい。

患者様データ

30代
出産経験あり(産後2年半)
主婦

来院の経緯

腰痛の方の来院経緯

本来は出産後すぐに整体に通おうと思っていた。
なかなか忙しく時間が取れないことと、以前に行った治療院の対応が良くなかったので通院が遠のいていた。

子供の成長とともに体の痛みの悪化や疲れが取れにくくなってきた
なるべくリラックスした状態で通院したいと考え、ご実家に子供を預けて、車で通院できる院を探していた。
学生時代の友人に当院の評判を聞いて来院を決意されました。

初診時の状態

腰痛と肩こりがある。
肩こりは子供の抱っこで悪化する感じ。

腰痛歴は10年以上になり、以前病院で腰部椎間板ヘルニアと診断された。
洗面所で洗顔をしようと前屈みの姿勢になると痛みが強くなる。

過去にぎっくり腰になった経験もある。
日々腰がグキッとならないように意識して生活している。

初回の治療

整体と骨格矯正
内臓(肝臓の疲労)と首と骨盤のゆがみに対して施術。

2回目の治療

初回の治療で全体的に楽になっているが長時間座っていると痛みが出てくる。
骨格矯正とインナーの検査を行った。
インナーマッスルの動きや強さが乏しくなっている。

3回目の治療

洗面所での痛みは違和感に変わってきている。
腰は1日の中で2〜3回だるく感じる。

整体、矯正、インナートレーニング

4回目の治療

調子が良い時間が増えてきた。

整体、矯正、インナートレーニング

5回目の治療

調子が安定傾向に。間隔を空ける。

整体、矯正、インナートレーニング

6回目の治療

調子良好。通院間隔を空けていく。
整体をなくし、矯正とインナーで経過を見ていく。

整体、矯正、インナートレーニング

現在は痛みもなく日々腰を気にして生活することも無くなりました。

考察

この方の肩こりや腰痛は姿勢とインナーマッスルの問題で起こっていたと考察される。
支える仕事をするインナーマッスルが正常に機能しないことでアウターマッスルに負担がかかっていた。
その結果、筋肉の緊張や可動域の制限、怖さに繋がっていた。

まとめ

腰痛の症例まとめ

腰痛の原因や症状は人によって違います。
筋肉の緊張で痛みに繋がっている方や、股関節の問題の方もおられます。
鳴尾ぴっと骨盤整体院は痛みの改善には正しい姿勢を身につけることが大切と考えております。

姿勢が悪くなることで、腰にかかる負担が増えます。
ただ、姿勢を治すだけでは不完全な場合もあります。

正しい姿勢を無意識にキープできる体質にすることがとても大切です。
もし、あなたや周りの方が長年の腰痛に悩んでいるのであればプロにみてもらう事をオススメします。

そしてこの記事が整体院選びの参考になれば幸いです。