【5年続く坐骨神経痛女性】整体と矯正で改善された症例

2021年03月16日

今回の症例では坐骨神経痛で悩まれていた方の症例報告になります。
坐骨神経痛はとても有名なワードですので聞いたことある方が多いのではないでしょうか?

実際、坐骨神経痛の病態や原因は様々です。
治療するべき内容やセルフケア方法は違う場合が多いです。

もし、あなたが

  • 坐骨神経痛
  • 腰・股関節の痛み

で悩んでいるのであれば、整体院選びの参考にしてみて下さい。

患者様データ

年齢:60代
お仕事:事務
デスクワーク
出産経験あり(2人)

来院の経緯

坐骨神経痛の経緯

腰のだるさは長年感じていた。
仕事柄、長時間のデスクワークがあった。
ここ5年でだるさから痛みや痺れに変わってきた

最初は座り方を工夫したり、ストレッチでやりすごしていた。
段々とそれだけでは症状が治まらなくなり悩んでいた。

そんな時に当院のチラシを目にして半信半疑であったが来院を決意した。

初診時の状態

右殿部〜脚の付け根のだるさ。
動作開始時に股関節が痛む
右下半身全体が痺れ、長時間座っていられない。

骨盤が前傾し、腰の反りがキツくなっている。
また、座っている際に右の骨盤が後下方にズレている影響で痛みが出ている。

根本的な改善も重要だが、まずは悪化した症状の回復を中心に治療を計画。

治療1回目

整体・骨盤矯正
右下肢の痛みは続いている。
悪化もせず、痛む場所の移動もない。

治療2回目

整体・骨盤矯正
痺れは残るが座っている時の右下肢の痛みは少し改善。
痛みが表面に上がってきている感じがあるとのこと。

治療3回目

整体・骨盤矯正
右下肢のしびれも緩和している。
前日くらいから違和感が出だしている。
前回施術後4日間は楽に過ごせた。

治療4回目

整体・骨盤矯正
右下肢のしびれは出なくなっている。
当日まで違和感もなかった。

治療5回目

整体・骨盤矯正
友人と出かけて結構歩いた。
前日は17000歩
当日は11000歩
しっかりと歩けた。
歩いた後の痛みの悪化などもなし。

治療6回目

整体・骨盤矯正
痛みやしびれは出ていないが、腰が反っているような感じがする。
このタイミングで根本的な治療にシフト。

現在は痛みや痺れもなく2週間に1回のペースでメンテナンスにお越しになられています。

考察

この患者様の坐骨神経症状は骨盤や股関節が原因となって発症しているものと考察する。
また骨盤や股関節の影響で体のバランスも崩れている。
その結果、全体的な症状に繋がっているとも考察できる。

まとめ

坐骨神経痛まとめ

坐骨神経痛と聞くと腰の問題をイメージする方が多いと思います。
しかし、坐骨神経の問題は、腰以外にもあります。
股関節やもも裏の筋肉はもちろん、内臓の疲労などの影響も受けます。

坐骨神経痛は症状であって原因ではありません。

つまり、病院で「坐骨神経痛です」と診断されても何も進んでいないという事です。
重要なことは、”なぜ坐骨神経痛になったか?”ということです。

症状が出ている場所=原因というわけではありません。

もしかするとあなたの痛みの原因は別のところにあるかもしれません。
あなたが坐骨神経痛で悩んでいるならしっかりと治療ができるプロに任せてみてはいかがですか?
症状の根本改善を目指すのであればしっかりと状態を見極めることができるお店を探すことをオススメ致します。