腰痛の原因は股関節だった!?長年の腰痛が改善された症例

2021年04月2日

今回の症例報告は長年の腰痛が数年で悪化し悩んでいた方の改善報告になります。

慢性的に腰痛があり、年々症状が悪化してきている方は要注意です。
そんな方は一度しっかりとした腰痛の原因を調べ対策していく必要があります。

  • 腰のだるさから痛みに変わり、何年も改善されない腰痛がある方
  • 整体や骨盤矯正に通っているがなかなか改善されない腰痛がある方

上記の方は今回の記事を参考に整体院選びの参考にしてみて下さい。

患者様データ

販売(1日中立ち仕事)
年齢:30代前半
出産経験なし

悩み、来院の経緯

腰痛での悩み

慢性的な腰痛がある。

常にだるさを感じており、仕事の体勢や疲れで痛みに繋がる感じだった。
以前から整体に通い、メンテナンスしていた。
しかし根本的な改善には至っていない。

仕事がここ数年で忙しくなり、痛みが強くなった
寝れば回復していた腰のだるさも抜けなくなって来てしまった。

昨年、結婚し妊娠、出産を考えると体が耐えられない気がしており根本的な改善策を模索していた。

行きつけの飲食店で、鳴尾ぴっと骨盤整体院を紹介され来院を決意した。

問診、検査、施術

腰は前屈、後屈時に痛みが増悪する。
股関節の屈折点を強調することで痛みは軽減される。
股関節の動きが極端に悪いが変形や外傷などの既往もなし。

腰は痛みが強くなり過ぎると、足の裏まで痺れる
立っていることも辛くなり、より腰の痛みを強く感じる。

肩こりもあるが頭痛などの随伴症状はなし。

施術1回目

整体、骨盤矯正

臀筋の緊張と股関節の動きを良くするように整体。
矯正で首のゆがみも確認された。

施術2回目

整体、骨盤矯正

仕事中の痛みはかなり軽減された。
痛みから、張り感や違和感に変わった。

腰痛がマシになったからなのか肩こりを強く感じた。
いつもは右がだるいことが多いが今回は左だった。

施術3回目

インナー検査、骨盤矯正

検査でインナーマッスルの低下がみられた。
体のゆがみはかなりマシになっている。

施術4回目

整体、骨盤矯正、インナートレーニング

インナートレーニングを整体や矯正と併用して行っていくことで
症状の再発防止も視野に治療。

施術5回目

整体、骨盤矯正、インナートレーニング

症状はかなり安定している。
次の状態で治療の間隔を空けていく。

施術6回目

整体、骨盤矯正、インナートレーニング

腰のだるさを感じることはあるが痛みに繋がることは無くなった。
状態が安定しているので2週間に1回の通院ペースに移行。

現在は月に1回体のメンテナンスとして通院されております。

考察

股関節性腰痛の考察

股関節の動きの硬さや、お尻の筋肉の緊張で腰に負担がかかり腰痛に繋がっていたと考察する。

また、元々の姿勢やインナーマッスルの問題もあり腰のだるさに繋がっている。

まとめ

腰痛や肩こりは多くの方が悩む症状です。
しかし、痛みの原因は1つではなく、色々な原因があります。

また、1つの原因ではなく問題が積み重なって痛みに繋がっている場合もあります。

今回の症例の方みたいに、股関節性の腰痛は多くの方に当てはまります。
もし、あなたが腰痛に悩んでいて腰の治療を受けているが改善しないなら股関節に目を向ける必要があるかもしれません。

今回の記事であなたの腰痛改善の整体院選びの参考になればと思います。