要注意!肩こりを引き起こすストレートネックの原因とは!?

2020年10月22日

皆さま、こんにちは!

 

今週のブログでは、

肩こりと関係が深いお身体の症状として

ストレートネック

をご紹介致します!

 

ストレートネックという言葉は、

ご存知でしょうか?

 

テレビなどでよく特集されていますよね。

 

  • ストレート=真っ直ぐ
  • ネック=(頚椎)

 

の言葉通り、

元々緩やかなカーブがある頚椎が

真っ直ぐになってしまった状態です。

 

今や、日本人の約8割

ストレートネックの症状を抱えている

と言われております。

 

一方で、

ストレートネックだと自覚がないまま

過ごしている方も多いです。

 

そんなストレートネックですが、

首の症状なのですぐ近くの肩にも影響を与え、

辛い肩こりの原因ともなってしまいます。

 

今回の前編では

 

  • ストレートネックについて
  • ストレートネックと肩こりの関係

 

の2つをまとめております。

 

さらに後編では

 

  • ストレートネック&肩こりに効くセルフケア

 

もご紹介致します!

 

ストレートネックや肩こりでお悩みの方、

是非ご覧ください!

 

前編目次

まずはじめに…
♦️ストレートネックとは?
♦️ストレートネックに繋がる習慣
ストレートネックが肩こりの原因に!?
♦️首・肩周辺の筋肉への負担
♦️血管や神経の圧迫

 

後編目次 *10月24日(土)更新

ストレートネックを簡単チェック
♦️チェック方法
♦️正しい姿勢との比較
ストレートネックを改善するには?
♦️日常生活の見直しポイント
ストレートネック&肩こりに効くセルフケア
♦️簡単ストレッチ

 

まずはじめに…

ストレートネックとは?

 

実は人間の背骨は

横から見るとのカーブがあります。

生理的弯曲

 

  • 頸椎(首)⇒へのカーブ
  • 胸椎(胸)⇒後ろへのカーブ
  • 腰椎(腰)⇒へのカーブ
  • 仙椎(お尻)⇒後ろへのカーブ

 

これらは人間の生活上必要なカーブで、

生理的弯曲と呼ばれています。

 

しかし、何らかの原因で、

カーブの度合いが極端に変化してしまうと、

お身体にとって悪影響となります。

 

今回のストレートネックは、

頚椎にあったへのカーブがなくなって、

頸椎が真っ直ぐになってしまった状態です。

 

ストレートネックに繋がる習慣

 

では、どういった習慣が

ストレートネックに繋がってしまうのか

見ていきましょう。

 

今回は、3つに絞ってご紹介致します!

 

スマホを長時間使用している

 

ストレートネックは、

スマホの普及により増加した症状で、

スマホ首とも呼ばれています。

 

普段かかっている頚椎への負荷は、

イラストのようになります。

頚椎への負荷

頭を起こした正しい姿勢でも、

頚椎にはkgの負荷がかかっています。

 

イラストの矢印の方へ姿勢が崩れると、

頚椎にかかる負荷が更に大きくなります。

 

スマホを使うときの姿勢は、

無意識のうちに、

 

  • 頭を前に突き出した姿勢
  • 頭を下に下げた姿勢

 

になっていることが多いですよね。

 

上のイラストで言うと、

一番右か真ん中の姿勢です。

 

このような状態が長く続くと、

頚椎への負荷により、

頚椎のカーブが少なくなってしまいます。

スマホの長時間使用

 

デスクワークのお時間が多い

 

スマホだけでなく、

仕事や勉強で机に向かう時間が長いと、

ストレートネックのリスクも増えます!

 

集中してパソコンやノートに注目すると、

スマホを使う時と同じような、

 

  • 頭を前に突き出した姿勢
  • 頭を下に下げた姿勢

 

になることが多いです。

 

ということは、

頚椎への負荷も気づかないうちに増え、

段々とストレートネックになってしまいます。

長時間のデスクワーク

 

お身体に合わない枕を使っている

 

ストレートネックには、

普段使っている枕の高さも関係します。

 

仰向けで寝た時に、

極端に首が曲がるくらい高い枕

寝ていませんか?

 

枕の高さが適切でないと、

一晩中頚椎が不自然な状態のまま

となってしまいます。

 

その結果、

知らず知らずのうちに、

頚椎のカーブが少なくなってしまいます。

身体に合わない枕

 

ストレートネックが肩こりの原因に!?

 

ストレートネックの状態は、

肩こりがとても起こりやすいです。

 

なぜなら、

ストレートネックによって

 

  • 首・肩周辺の筋肉への負担
  • 血管や神経の圧迫

 

という2つの問題が起こっているからです!

 

首・肩周辺の筋肉への負担

 

先ほどイラストでもありましたが、

ストレートネックになるような姿勢では、

頭が前に出ていますよね。

 

このいつも以上に負荷がかかった姿勢で

無理をしているのが、

首や肩周辺の筋肉になります。

 

特に、背中側にある

 

  • 肩甲挙筋
  • 菱形筋
  • 僧帽筋

 

などの筋肉はずっと緊張したままになります。

 

今挙げた3つの筋肉は、

肩こりの時に

痛みやだるさを感じる部分になります。

 

ストレートネックのせいで、

筋肉が常に緊張していると、

肩こりも起こりやすくなってしまうのです。

 

血管や神経の圧迫

 

ストレートネックに繋がる習慣を

振り返ってみて頂くと、

頚椎に負荷がかかった状態で固定されています。

 

固定される時間が長くなるほど、

首や肩周辺の筋肉に柔軟性がなくなります。

 

そしてその柔軟性のなくなった筋肉は、

周りを走行する

 

  • 血管
  • 神経

 

を圧迫してしまいます!

 

それによって、

 

  • 血液や老廃物の循環が悪化
  • 痛みの増加

 

が起こり、

辛くて頑固な肩こりが引き起こされます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

前編では、

 

  • ストレートネックについて
  • ストレートネックと肩こりの関係

 

の2つの内容でした。

 

ストレートネックに繋がる習慣に

当てはまるものはありましたか?

 

ストレートネックや、

肩こりを改善させたい方は是非

後編も引き続きご覧くださいませ!

 

後編は10月24日(土)の更新です。

 

肩こりやそれに伴う頭痛

姿勢のゆがみなどでお困りの方は、

是非一度当院までご相談くださいませ。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036