肩のインナーマッスルのストレッチです!

2018年11月11日

みなさま、こんばんは!

 

本日も先週に引き続き、インナーマッスルのストレッチについて書かせて頂こうと思います!

 

人間の体は筋肉が層になって付いています。

英語の綴りが「inner」(内側の)、「muscle」(筋肉)となっているインナーマッスルは、体の深部にある筋肉を指します。

 

この言葉を聞いてまず思い浮かぶのが、お腹の筋肉ですが、その他には先週ご紹介したお尻や肩、背中にもインナーマッスルと呼ばれる筋肉が存在しているのです!

 

そして、これらのインナーマッスルの大事な役割が、

運動するための大きな筋肉を支えたり、

内臓を正しい位置に固定して代謝を上げたり、

体の関節を整えたりすることです。

 

体の奥から普段の生活や運動を支えてくれている筋肉なので、

トレーニングやストレッチなどのケアが大切ですね!

 

そこで本日は肩のインナーマッスルのストレッチをご紹介させて頂いています!

 

肩には回旋筋腱板と呼ばれるインナーマッスルが、左右の肩甲骨の周りに存在しています。

ストレッチをして解していきましょう!

 

★ストレッチPart1

①椅子に軽く腰掛けます。

②片方の腕を後ろへ伸ばし、斜め45度位の位置まで下げます。

③腕を伸ばしたまま、手のひらの向きを変えるように、腕を回転させましょう。

※痛みを感じない程度に行ってください。

④上下5回ずつ回転させたら、反対の腕も同じように行います。

 

★ストレッチPart2

①立った姿勢で片方の腕を曲げ、腰に手を当てます。

※この時に手の甲が腰に当たるようにしてください。

②もう片方の腕で、曲げている方の肘を持ち、体の内側へ寄せてきます。

③強くは引っ張らずに、気持ち良い感覚が得られるところで止めて30秒ほどキープします。

④曲げる方の腕を変えて、反対側もストレッチしていきましょう。

 

肩のインナーマッスル、回旋筋腱板は肩の動きに密接に関係しており、肩の様々な動きを可能にしています!さらに、野球やテニス、バレーボールや水泳など、腕を大きく振り上げたり、強く振ったりするスポーツに重要な筋肉です!

 

日常で痛みを感じないために、気持ちよくスポーツするために、この機会に肩のインナーマッスルのストレッチを試してみて頂けたらと思います!

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお願い致します。

0798-59-8036