足組みを直しましょう!

2019年01月13日

 

皆さま、こんにちは!

突然ですが、皆さまの中に、
椅子に座ると無意識に足を組んでしまっている方は、
いらっしゃいませんか?
そして、もし足を組んでしまっていた場合、毎回同じ足が上になってはいませんか?

まず、どうして足を組む姿勢が楽に感じるかと言いますと、
普通に座った姿勢を保つより、足を組んだ姿勢の方が、
足の筋肉を使わずに済むからだそうです。

足を揃えて座る際には、太ももの内側の筋肉が使われているのですが、
足を組む姿勢が癖になってしまうと、この筋肉は使われず、
硬くなります。

また、片方の足ばかりを上にして足を組むと、骨盤に左右のずれが生じ、体の歪みに繋がってしまいます。

そうすると、足を組んだ姿勢の方が安定していると感じてしまい、
どんどん悪循環に陥ってしまいます。

足を組むことで引き起こされる体の不調は、
肩こり、猫背、腰痛、下肢のむくみや血行不良などです。

足を組んだ方が楽だったり、安定しているように感じてしまいますが、
実は、繰り返されると様々な症状に繋がってしまう姿勢なのです。

そこで、太ももの内側をストレッチで解し、
足を揃えて長時間座ってもしんどくないような筋肉を目指しましょう!

ストレッチPart1
①右足を立てた、立膝の状態になります。
②左足を体の横に、真っ直ぐに伸ばしていきます。
※体を支えるために、両手は床についても大丈夫です!
③足の付け根から太ももにかけて伸びを感じたら、そこで30秒ほどキープします。
④つま先の向きを、上、下、前と変えてみて、それぞれストレッチします。
⑤反対側の足も同じように行います。

ストレッチPart2
①立った姿勢で、足幅を肩幅より大きく広げます。
②つま先は外側へ向けます。
③背筋を伸ばしたまま、徐々に腰を落としていきます。
※この時、膝はできるだけつま先と同じ方向に向けて曲げていきます、
④両手を膝に置き、お尻と床が並行に近づくまで下げていきます。
⑤できるだけ、腰を落とした位置で30秒ほどキープします。

ストレッチではないのですが、普段椅子に座る時、
背筋を伸ばして深く椅子に腰かけることが良いそうです。
お仕事時や、電車に乗られている時などに、是非、試して見てください!

鳴尾ぴっと骨盤整体院
 
ご予約、お問い合わせの際は、お電話にてお願い致します。
0798-56-8036