姿勢の安定に必要な腹圧とは?効果的なエクササイズもご紹介!

2021年07月4日

皆さま、こんにちは!

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。

 

皆さま、「腹圧(ふくあつ)」という言葉をご存知でしょうか?

体幹トレーニングや筋トレをする方は、聞いたことがある言葉かなと思います。

 

実は、この腹圧は、

 

  • 骨盤のゆがみ予防
  • 体幹の安定

 

これらに欠かせないとても重要なものになります。

 

そこで今回は、腹圧についてご紹介致します!

 

  • 姿勢や骨盤のゆがみが気になる
  • 腰痛で悩んでいる
  • スポーツのパフォーマンスを上げたい

 

という方は、是非この記事を最後まで読んで頂いて、ご自身のお悩みの解決に役立ててみてください。

 

姿勢に関係する腹圧とは?

 

腹圧とは、腹腔(内臓が収まっている空間)の内圧のことを指します。

 

腹腔の周りは、

 

  • 横隔膜(上面)
  • 腹横筋(前面から側面)
  • 多裂筋(後面)
  • 骨盤底筋(下面)

 

といった筋肉で覆われています。

 

腹圧は高い方がいい?低い方がいい?

 

腹圧は「高い」、「低い」で評価することができますが、

 

  • 腹圧が高い状態
  • 腹圧が低い状態

 

どちらの方がお身体にとって良い状態だと思いますか?

 

 

正解は、腹圧が高い状態です。

 

空気がいっぱいに入っているビニール袋と、空気が全然入っていないビニール袋をイメージしてみてください。

 

空気がいっぱいに入っているビニール袋は、内圧が高いため形が崩れにくいです。

一方空気が全然入っていないビニール袋は、内圧が低いため色々な形にゆがんでしまいます。

 

ビニール袋の内圧と一緒で、腹圧が高いと、より姿勢や骨盤がゆがまない安定した身体に繋がります。

 

腹圧が低いと、姿勢や骨盤のゆがみが起こり易いお身体となり、痛みや不調も出てきてしまいます。

 

腹圧が高い状態はどんな状態?

 

  • 腰を保護するためにコルセットをつける
  • トレーニングベルトをつける

 

これらのように、腰をサポートするような道具をつけると身体が安定したように感じますよ ね。

 

これは、外部からお腹や腰を締め付けることで、必然的に腹圧が高まっているからです。

 

腹圧を高める方法

 

道具を使わずとも、腹圧を高め、ゆがみに強い安定した身体を作りたいですよね?

 

そのためには、腹腔を覆っている

 

  • 横隔膜
  • 腹横筋
  • 多裂筋
  • 骨盤底筋

 

の4つの筋肉をバランス良く鍛えてあげることが効果的です!

 

そうすることで、天然のコルセットが出来上がり、自然と腹圧を高めることができるのです。

 

腹圧を高めるためのエクササイズ

 

ご自宅でも簡単にできる、腹圧を高めるためのエクササイズをご紹介致します!

 

腹圧を高めるエクササイズ

  1. タオルを用意します
  2. 仰向けに寝て両膝を立てます
  3. 両膝の間にタオルを挟みます
  4. お腹を凹ますようにゆっくり息を吐き、同時にタオルを潰していきます
  5. これを1分間繰り返しましょう

 

腹圧を高めるエクササイズ

  1. 仰向けになります
  2. 股関節と膝を90度にします
  3. おへその下に手を当てます
  4. その手を跳ね返すようにお腹に力を入れてみましょう
  5. この状態で30秒キープです

 

 

姿勢と腹圧のまとめ

 

いかがでしたか?

 

腹圧を高めることの重要性はご理解頂けましたか?

 

  • 脚を組んでしまう
  • ぽっこりお腹
  • 腰痛がある
  • 歩くときに左右に大きく揺れる
  • 長時間姿勢を保てない

 

この項目に1つでも当てはまる方は、腹圧が低い可能性があります。

 

お心当たりのある方は、是非今回のエクササイズをして頂き、腹圧が高いお身体を目指しましょう!

 

また、当院は骨盤矯正を専門としております。

ご自身のお身体のゆがみや姿勢について悩んでいる方は、一度当院までご相談くださいませ。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、お電話にてお待ちしております。

0798-56-8036