【下半身痩せ】太ももの出っ張りを引っ込めるエクササイズを紹介

2021年07月19日

皆さま、こんにちは!

西宮の鳴尾ぴっと骨盤整体院です。

 

ダイエット中、上半身やウエストには効果が出ても、一番痩せたい太ももには効果が出ず…。そんな経験はございませか?

 

下半身太りに悩んでいる方、骨盤のゆがみによって大腿骨が捻れてしまっているかもしれません。

 

骨盤(骨格)にゆがみが残っていると、いくらダイエットをしても、アンバランスな痩せ方をしてしまうことがあります。

 

今回は、下半身太りを解消したい方に向けて、

 

  • 下半身太りに繋がる骨盤のゆがみ
  • スッキリ美脚になるためのエクササイズ

 

などを詳しくご紹介致します!是非、最後までご覧ください。

 

下半身太りに繋がる骨盤のゆがみ

下半身太りに繋がる骨盤のゆがみとして、骨盤の前傾(骨盤が前に傾く)が挙げられます。

骨盤が前傾すると、「反り腰」の姿勢になります。

 

骨盤が前傾して反り腰になると、太ももは内側を向きます(内股)。

 

一度反り腰の姿勢になって頂くと、太ももが内側に入り内股になるのが実感できるかと思います。

 

この時、骨盤や大腿骨(太ももの骨)は、下のイラストのように変化します。

骨盤のゆがみと大腿骨の捻れ

 

大腿骨の大転子という部分に注目してください。

太ももが内側に捻れると大転子は前方に動き、出っ張りがより強調されます。

 

骨盤が前傾している方は、常に内股状態で、大転子が外に出っ張るので太ももが太く見えてしまうのです。

 

また、このゆがみのせいで筋肉に余計な負担がかかり、筋肉がパンパンに張ることも下半身太りに影響します。

 

骨盤のゆがみ改善に必須!大転子を元の位置に戻すには?

大転子が外側に出っ張って、下半身太りになってしまっている方は、

 

  • 骨盤のゆがみ
  • 大腿骨の捻れ

 

を整えて、大転子を元の位置に戻してあげましょう。

 

大転子の位置が正しくなれば、筋肉のつき方も変わり、スッキリした理想の脚に近づきます。

 

骨盤の前傾を改善する

骨盤が前傾している場合、身体の前面にある腹筋群腸腰筋うまく働いていない状態です。

 

そのため、これらの筋肉を鍛えると、骨盤の前傾が改善されます。

 

大腿骨の捻れを改善する

大腿骨が内側に捻れて内股になっている場合、大腿骨を正しい位置で留めておく筋肉のバランスが取れていない状態です。

 

大腿骨の内側への捻れを改善するためには、お尻にある外旋筋群を鍛えることが効果的です。

 

骨盤のゆがみ解消でスッキリ美脚になるためのエクササイズ

では、骨盤の前傾や大腿骨の捻れを改善して、スッキリ美脚になるためのエクササイズをご紹介致します。

 

ご自宅で簡単にできますので、早速本日から試してみてくださいね!

 

腹筋群と腸腰筋のエクササイズ

ニートゥーエルボー

  1. 背すじを伸ばして立ちます
  2. 両腕を頭の後ろで組みましょう
  3. 対角の肘と膝がくっつくように腿上げをしながら身体を捻ります
  4. 左右交互に20回行いましょう!
外旋筋群のエクササイズ

クラムシェル

  1. 横向きに寝て両膝を曲げましょう
  2. 上の脚の膝が天井を向くように持ち上げます
    :両足はくっつけたまま膝のみ動かします
  3. 骨盤が後ろに開かないよう腰に手を当てます
  4. ゆっくり10回繰り返しましょう
  5. 反対側も同じように行います

骨盤のゆがみ改善による下半身痩せまとめ

いかがでしたか?

 

今までダイエットをしてもうまく下半身が痩せられなかった方、もしかしたら、骨盤のゆがみによる大転子の変位が原因かもしれません。

 

少しでも今回の内容に心当たりがあった方は、ご自身の普段の姿勢について見直してみてください。

 

また、当院は骨盤矯正を専門としております。

 

骨盤矯正をして、いち早く現在のお身体の症状やコンプレックスを解消したい方、是非一度当院までご相談くださいませ。

 

国家資格を持つプロが、お一人お一人に適切な治療を行います。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお待ちしております。

0798-56-8036