最重要!!骨盤を支える4つの筋肉とは?

2020年07月15日

骨盤のゆがみや姿勢についてお悩みでしたら、

オンラインでもご相談を受け付けておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

今月のキーワード骨盤は、

身体の土台となる大事な部分です。

 

今回は

この土台=骨盤の安定に深く関わる

インナーコアユニットという名前の

4つの筋肉についてご紹介致します!

 

前編目次

インナーコアユニットとは?
♦骨盤の周りを囲む4つの筋肉
必見!インナーコアユニットの役割
♦横隔膜
♦腹横筋
♦多裂筋
♦骨盤底筋
インナーコアユニットが弱る姿勢は…
♦お勤め先、学校で…
♦ご自宅で…
♦インナーコアユニットが弱ると…

 

後編目次 ※7月18日更新

インナーコアユニットを弱らせないために!
♦インナーマッスルに効く姿勢ポイント
♦インナーマッスルはこう鍛える!
インナーコアユニットを鍛えるメリット★
♦日常生活が変わる!
♦運動が上達する!

 

 

インナーコアユニットとは?

骨盤の周りを囲む4つの筋肉

 

理科室や保健室にあった

人体模型を覚えていますでしょうか?

 

骨盤と肋骨の間は背骨が通るのみで、

とても安定しているようには見えません。

骨盤の構造

 

骨による安定機構が無い骨盤の周辺には、

代わりに沢山の筋肉が存在しております。

 

そして、その沢山の筋肉のうち

特に骨盤の安定になくてはならない

4つの筋肉がこちらです!

 

  1. 横隔膜(おうかくまく)
  2. 腹横筋(ふくおうきん)
  3. 多裂筋(たれつきん)
  4. 骨盤底筋(こつばんていきん)

これらの筋肉は骨盤を前後、上下から

支える仕事をしております。

骨盤を支える筋

 

この骨盤を囲む4つの筋肉をまとめて

インナーコアユニットと呼びます。

 

必見!インナーコアユニットの役割

ここでは、インナーコアユニットを構成する

4つの筋肉がどんな役割を持つのか

簡単にご説明致します!

横隔膜

横隔膜は名前に“膜”とありますが

筋肉で出来た膜状の組織になります。

横隔膜

 

 

直接骨盤とはくっつきませんが、

腹腔内の圧力を高めて、

骨盤の安定性を保持する役割を持ちます。

 

さらに呼吸を助ける筋肉としても重要で

この筋力低下や硬い状態になることで

基礎代謝なども低下し、

疲れやすい体質になってしまいます。

 

腹横筋

腹横筋

 

骨盤をぐるっと横から囲んで、

筋肉のコルセットを作ります。

 

多裂筋

多裂筋

 

骨盤の後ろ側にあり、

骨盤と背骨とをつなぐ筋肉です。

 

骨盤底筋

骨盤底筋

 

縁の下の力持ちとして、

骨盤をハンモック状に支えています。

 

女性の場合、この筋力や動きが

生理サイクルや妊娠、

出産に影響を与えます。

 

 

これらの4つ筋肉は比較的身体の深部にあり、

腹直筋や大胸筋のように

メジャーではありませんが、

骨盤を支えるとても重要な筋肉です!

 

4つとも少し難しい名前ですが、

折角なので覚えておきましょう!

 

インナーコアユニットが弱る姿勢は…

インナーコアユニットの役割が、

骨盤の安定性に欠かせないことが

分かって頂けたかと思います。

 

そして、その役割を果すためには、

4つの筋肉がしっかり機能しなければなりません。

 

しかし、現代の生活では

これらの筋肉にとって負担となる姿勢

がいくつかあります!

 

シーン別にご紹介致しますので

ご自身の普段の様子と照らし合わせて、

ご確認ください!

 

お勤め先で、学校で…

脚を組む姿勢

楽な姿勢のようなイメージですが、

背骨がねじれて多裂筋に負担がかかったり

上の脚の方のお腹だけ縮むことで

片方の腹横筋がずっと緊張している状態です。

 

背中を丸めて作業する姿勢

ノートやパソコンに向かうと、

無意識に背中が丸まってしまいますよね。

そうすると、胸部が圧迫されて、

横隔膜が上手く働くなり、弱ってしまいます。

仕事をする姿勢

 

ご自宅で…

 

もぐりこみの座り方

椅子やソファーに浅く腰かけて、

背もたれに体重を預ける姿勢です。

多裂筋や腹横筋が弱くなったり、

骨盤底筋が緩んだりする原因になります。

家での姿勢

 

インナーコアユニットが弱ると…

 

いかがでしたか?

 

「○○の姿勢、よくやっていたな」

「悪いと思ってもついつい…」

のように身近なものもありませんでしたか?

 

このような姿勢が続いて、

インナーコアユニットが弱ってしまうと、

骨盤の安定性が保てなくなり、

次第に骨盤がゆがんでいってしまいます。

 

そして、

前回の記事にも上げましたが、

骨盤のゆがみは

 

  • 腰痛
  • ぽっこりお腹
  • 肩こり
  • 下半身のむくみや冷え

 

などなど、全身の不調の原因となります。

 

ということは…、

インナーコアユニットの機能を保ち、

骨盤のゆがみを予防するためには、

 

普段の姿勢の見直しや、

インナーコアユニットの強化

 

が大切だということになりますね!

 

まとめ

ご理解頂けましたでしょうか?

 

前編では、

骨盤の周りを囲んで安定性を高める

インナーコアユニット4つの筋肉と、

それらを弱めてしまう姿勢について

書かせて頂きました。

 

「普段の姿勢、骨盤に悪かったかも…」

「インナーコアユニットって大事なんだ!」

など骨盤について発見があったかと思います!

 

気になる姿勢の見直しポイントや、

インナーコアユニットの鍛え方

後半にてご紹介致しますので

是非そちらもご覧くださいね。

 

7月18日(土)の更新です!

 

また、骨盤のゆがみや腰痛、

その他お体の不調でお悩みの方、

少しでも早く症状を解消させたい方は、

一度プロに相談することをお勧めします。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

 

ご予約、お問い合わせは

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036