骨盤のゆがみ解消!簡単セルフケア★

2020年07月11日

骨盤のゆがみや姿勢についてお悩みでしたら、

オンラインでもご相談を受け付けております。

まずはお気軽にお体のお悩みをご相談下さいませ。

 

 

皆さま、こんにちは!

 

よく耳にする骨盤のゆがみ

今回はその中でも

前傾ぜんけい)・後傾こうけい)】

がテーマです!

 

前編では、

 

骨盤の重要な役割と歪みの原因

骨盤の前傾・後継とはどんな姿勢?

骨盤のゆがみのセルフチェック方法

 

についてご紹介致しました!

 

ご覧になって頂けましたか?

 

まだという方、

是非、前編から読んで頂けると嬉しいです!

前編はこちら

身体の「土台」!骨盤の簡単セルフチェック方法★

 

前編にある骨盤のゆがみのセルフチェックで

ご自身の骨盤をチェックして、

改めてこちらの後編をご覧くださいませ!

 

後編目次

知らなかった…骨盤のゆがみで起こる症状
♦骨盤が前傾していると…
♦骨盤が後傾していると…
注目!骨盤のゆがみ解消セルフケア
♦骨盤の前傾・後傾が解消されると…
♦骨盤のゆがみ改善セルフケア

 

知らなかった…骨盤のゆがみで起こる症状

皆さま、セルフチェックは終えましたか?

 

ここでは、骨盤が前傾・後傾していると、

お体にどんな影響があるのか…?

ゆがみがひどくなった場合、

どんな症状が出てくるのか…?

について書かせて頂きます。

 

セルフチェックの感覚を思い浮かべながら

ご覧ください!

 

骨盤が前傾していると…

骨盤が前傾している方は、

イラストのような特徴があります!

骨盤の前傾

 

体重が爪先側に掛かるのは、

ハイヒールを履いた姿勢に似ています。

お仕事などでよくハイヒールを履く方は、

骨盤の前傾が起こりやすいです。

 

そして骨盤の前傾によって

引き起こされる身体の症状がこちらです。

 

腰痛

→反り腰になることで、

 姿勢を保つための筋肉バランスが崩れ、

 腰への負担が増加し腰痛の原因になります。

 

下半身のむくみ、冷え

→太もも前面の筋肉に柔軟性がなくなり、

 下半身への血流が悪くなり

 むくみや冷えの原因になります。

 

骨盤が後傾していると…

骨盤が後傾している方は、

イラストのような特徴があります!

骨盤の後傾

 

骨盤を支える背中の筋力が弱くなり

骨盤が後ろに下がってしまいます。

お年寄りの方によく見られます。

 

そして、骨盤の後傾によって

引き起こされる身体の症状がこちらです。

 

首や肩の凝り

→上半身が丸まって猫背になると、

 頭の重さを支える筋肉に負担が掛かります。

 その結果、首や肩こりの原因となります。

 

浅い呼吸

→上半身が縮こまって肺を圧迫し、

 十分な呼吸ができなくなることで

 基礎代謝が低下します。

 

膝の痛み

→骨盤の後傾で

 膝が軽く曲がった姿勢になり、

 関節への負担が増え膝の痛みの原因となります。

 

注目!骨盤のゆがみ解消セルフケア

骨盤の前傾・後傾が解消されると…

骨盤が前傾・後傾している姿勢の

外見的な特徴をイラストでご説明致しました。

 

〇〇も骨盤のゆがみのせいだったんだ!

のように当てはまる物はありましたか?

 

また、骨盤の前傾・後傾が引き起こす

お身体の不調についても、

ご理解頂けましたでしょうか?

 

このような姿勢(見た目)や

身体全身に現れる症状は、

原因となる骨盤のゆがみを解消することで、

改善されていきます!

 

そこで今回は、

骨盤のゆがみ解消に効果的なセルフケアを

ご紹介致します!

 

ポイントは、

イラストの赤い線の部分、

骨盤のゆがみによって緊張している筋肉

ほぐしていきます!

 

お家の中で簡単に行って頂けるものなので、

是非、ご自身の骨盤に合ったセルフケアを

試してみてください!

 

骨盤の歪み改善セルフケア

骨盤前傾のセルフケア

背中のストレッチ

  1. 四つ這いになります。
  2. 両手と両ひざで床を押します。
  3. 背骨を天井に向かって押し上げます。
  4. 目線がおへそになるように、頭を下げます。
  5. そのまま30秒キープです。

 

大腿四頭筋ストレッチ

  1. 脚を伸ばして座ります。
  2. 片方の膝を外側に曲げます。
  3. ゆっくり上半身を後ろに倒します。
  4. そのまま30秒キープです。
  5. 反対側も同じように行います。

 

骨盤後傾のセルフケア

 

お腹のストレッチ

  1. うつ伏せになります。
  2. 両腕を使って上半身を持ち上げます。
  3. そのまま30秒キープです。

ハムストリングスストレッチ

  1. タオルを用意します。
  2. 片方の足の裏にタオルを掛けます。
  3. 両手を使ってタオルを引き寄せます。*この時ストレッチ側の膝はまっすぐです。
  4. そのまま30秒キープです。
  5. 反対側も同じように行います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

後編では、

骨盤の前傾・後傾が引き起こす症状

そのゆがみを解消するためのセルフケアについて

書かせて頂きました!

 

セルフケアの方法は、

前編のセルフチェック方法と合わせて

覚えて頂くと良いかと思います。

 

また、鳴尾ぴっと骨盤整体院では、

骨盤のゆがみの特徴や原因を詳しく分析して、

根本から治療を行います。

 

骨盤のゆがみや症状についてお悩みの方、

骨盤のゆがみを少しでも早く解消したい方は、

一度プロにご相談することをお勧め致します。

 

ぴっとねす

骨盤のゆがみ解消には、ストレッチの他にも、

骨盤を正しい位置に保つ筋肉

トレーニングが大切です。

 

ぴっとねすでは、

骨盤の安定に働く体幹筋のトレーニングを

積極的に取り入れて、

ゆがみにくい体づくりを行なっております!

 

骨盤のゆがみを根本から改善させ

再発まで防いで行きたい方は一度ご相談下さい。

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は、

お電話にてお持ちしております。

 

0798-56-8036