骨盤のゆがみが原因?自律神経の乱れと骨盤の関係は?

2020年11月18日

皆さま、こんにちは!

 

自律神経という言葉を

聞いたことはありますか?

 

身体中にある末梢神経の1つで

 

  • 循環
  • 消化
  • 呼吸

 

などの活動を調節する役割を持っています。

 

生命維持には欠かせない神経で

意識せずとも24時間働き続けています。

 

しかし、何らかの原因によって

自律神経の働きが悪くなると

お身体は不調を感じるようになります。

 

多くの方が悩む骨盤のゆがみ

自律神経の働きを悪くするものの1つです!

 

今回のブログでは

自律神経の働きと骨盤のゆがみの関係

注目していきたいと思います。

 

気になる方は

是非最後までお読みください!

 

前編目次

自律神経とは?
♦️交感神経の働き
♦️副交感神経の働き
骨盤のゆがみと自律神経の関係
♦️骨盤のゆがみが招く自律神経の乱れ
♦️自律神経の乱れが引き起こすお身体の不調

 

後編目次 *11月21日(土)

骨盤のゆがみが起こりやすい習慣
♦️脚を組む姿勢
♦️重心を片方に傾けている姿勢
♦️寝返りが少ない
骨盤のゆがみ解消セルフケア
♦️骨盤周りをほぐすストレッチ

 

自律神経とは?

 

まずは、自律神経について

簡単にご説明いたします。

 

自律神経には

 

  • 交感神経
  • 副交感神経

 

の2つの神経があります。

 

この2つの神経が

お互いにバランスをとりながら

身体の調子を整えています。

 

交感神経の働き

 

交感神経の主な働きは

 

  • 心拍数の増加
  • 血圧の上昇
  • 消化活動の抑制

 

などになります。

 

緊張している場面や

ストレスを感じている場面では

この交感神経が優位になります。

 

発表会や試合前に

心臓がドキドキするイメージです!

交感神経

 

副交感神経の働き

 

副交感神経の働きは

交感神経の働きとは

 

  • 心拍数の減少
  • 血圧の低下
  • 消化活動の促進

 

などになります。

 

休憩している場面や

リラックスしている場面で

この副交感神経が優位になります。

副交感神経

 

骨盤のゆがみと自律神経の関係

 

では、次に

骨盤のゆがみと自律神経の関係について

ご紹介致します。

 

骨盤のゆがみが招く
自律神経の乱れ

 

生活習慣や普段の癖などが原因で

骨盤がゆがんでしまうと

 

  • 骨盤周辺の筋肉の緊張
  • 肩こりや腰痛

 

といった症状が出てきます。

 

そして身体は常に

筋肉の緊張や痛み、違和感を感じて

ストレスを抱えた状態となります。

 

その結果

自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

具体的には

ストレスの影響を受けるので

交感神経が常に優位な状態となります。

 

また、骨盤のゆがみによって

神経が通っている背骨が圧迫され

自律神経が障害される場合もあります。

 

自律神経の乱れが引き起こす
お身体の不調

 

骨盤のゆがみによって

自律神経のバランスが乱れてしまうと

様々なお身体の不調が現れます。

 

例えば

 

  • めまいや頭痛
  • 倦怠感
  • 手足の冷え
  • 便秘
  • 睡眠不足
  • 食欲不振
  • 疲れやすい

 

などになります。

 

皆さまが現在抱えているお悩みと

一致する項目はありましたか?

 

もしかしたらそれは

骨盤のゆがみや自律神経の乱れが

原因になっているかもしれません。

自律神経の乱れ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

骨盤のゆがみは

自律神経の乱れを引き起こします。

 

そしてその結果

お身体には様々な不調が現れてしまいます。

 

ということは

骨盤のゆがみはそのままにしておくと

お身体にとって悪影響になってしまいます。

 

現在骨盤のゆがみが気になっている方

お身体の症状を少しでも早く治したい方は

一度当院までご相談くださいませ。

 

後編は11月21日(土)の更新です!

引き続きご覧ください!

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036