歩行姿勢を簡単チェック!正しい歩き方のポイントを解説!

2020年11月15日

皆さま、こんにちは!

 

水曜日に引き続き

普段の歩行姿勢についての内容です!

 

前編では

歩行に欠かせない重要な筋肉

ご紹介致しました。

 

その筋肉とは…?

 

中殿筋(ちゅうでんきん)でしたね!

 

骨盤や股関節付近には

沢山の筋肉がくっついています。

 

その一つである中殿筋は

歩行時の骨盤の安定

という大事な役割を持っていました!

 

そのため歩行時に中殿筋が働かないと

骨盤が左右に大きく傾いた歩行姿勢

繋がってしまいます。

 

皆さまの普段の歩行姿勢は

大丈夫でしょうか?

 

今回の後編では

歩くときに注意したいポイント

ご紹介致します!

 

気になる方は是非ご覧ください!

 

尚、前編にて

 

  • 中殿筋の働き
  • 骨盤が安定していない歩行姿勢

 

について詳しくまとめております。

 

まだ、ご覧になっていない方は

下のリンクよりお進みください。

 

歩き方は大丈夫?骨盤のゆがみ、腰痛につながる歩行姿勢とは?

 

後編目次 

歩行姿勢をチェック!
♦️正面から見た歩行姿勢
♦️横から見た歩行姿勢
♦️足跡もチェック
正しい歩行姿勢のためのセルフケア
♦️中殿筋エクササイズ

 

歩行姿勢をチェック!

 

それでは早速

歩行時に気をつけたいポイント

ご紹介していきます。

 

ご自宅にスタンドミラーがある方は

そちらを使ってチェックしてみてください!

 

正面から見た歩行姿勢

 

上半身のポイント

 

歩行または自然に足踏みした時に

頭や肩が左右に大きく振れていませんか?

 

  • 目線⇒まっすぐ前を見ましょう
  • ⇒左右の肩を結んだ線はなるべく
      地面と並行に
  • ⇒歩行に合わせて軽く前後に振ります

 

お腹と腰のポイント

 

歩いているときは

お腹を意識すると背すじがピンと伸びます。

 

  • お腹⇒お臍を上に向けるイメージです
  • ⇒腰(骨盤)が左右に傾いていないか
      チェックしましょう

 

下半身のポイント

 

歩いている時の足の動きには

気づかないうちに身についてしまった

が潜んでいます!

 

  • ⇒膝のお皿の向きは真っ直ぐです
  • 爪先⇒膝同様に、
       爪先の向きも真っ直ぐです

正面の歩行姿勢

 

直立の姿勢では

重心が身体の半分より少し上にある

と言われています。

 

正しい歩行姿勢の場合

歩行時の重心の振り幅は左右約3cmです。

 

骨盤や肩がグラグラしたような歩行姿勢では

重心の振り幅がもっと広くなります。

 

その結果

 

  • 効率の悪い歩行
  • 身体に負担のかかった歩行

 

の原因となります。

 

左右のブレが少ない歩行姿勢を

目指しましょう!

 

横から見た歩行姿勢

 

横からの歩行姿勢は

お店のウィンドウでも確認できるので

覚えておいてください!

 

上半身のポイント

 

  • ⇒顎を軽く引きます
  • ⇒耳たぶの下に肩が来るように
      胸を張りましょう

 

お腹と腰のポイント

 

  • ⇒少しお尻を前に引き出します

 

下半身のポイント

 

  • ⇒前方の膝はしっかり伸ばします
  • 足部⇒踵から地面につけましょう

側面の歩行姿勢

 

頭の上から糸が出ていて

上から引っ張られているような感覚

歩いてみてください!

 

足跡もチェック

 

足跡をチェックして

爪先の向きを見直しましょう!

足跡

 

爪先の向きが外側または内側だと

足首より上の関節(膝や骨盤)のゆがみ

考えられます!

 

今回ご紹介致しましたポイントを

全て意識するのはとても大変です。

 

まずは一つずつ

姿勢の意識を取り組んでみてくださいね!

 

また、チェックしてみて

気になる点がございましたら

是非当院にご相談くださいませ。

 

正しい歩行姿勢のためのセルフケア

 

では最後に前編でも登場しました

歩行に欠かせない中殿筋のエクササイズを

ご紹介致します!

 

正しい歩行姿勢に一歩近づくために

取り入れてみてください。

 

中殿筋エクササイズ

中殿筋エクササイズ

 

  1. 腕で上半身を支えて脚を横に伸ばします
  2. 上側の脚を真上になるべく大きく広げます
  3. 下側の脚に当たらないように下げます
  4. この上下運動を繰り返します
  5. 目標は左右とも20回です!

 

中殿筋エクササイズ

 

  1. 四つ這いになります
  2. 片方の脚の膝を曲げたまま外側に開きます
  3. 床と平行になる高さまであげましょう!
  4. その後元の位置まで戻します
  5. この運動を左右20回行いましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

歩行

生活の中の基本的な動作だからこそ

その姿勢に意識が向きにくいです。

 

その結果

左右に傾いたり身体に負担のかかる

歩行姿勢になってしまいます。

 

習慣的に今回のポイントを思い出して

歩行姿勢のチェックをして頂ければと思います!

 

また

 

  • 歩行時、骨盤の傾きやゆがみが気になる方
  • 腰や膝、足首に痛みや違和感がある方

 

一度当院までご相談くださいませ。

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際は

お電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036