【簡単】骨盤矯正セルフケアを西宮の整体院が解説

2021年04月6日

骨盤のゆがみが気になるあなた。
昨今では色々な情報を入手しやすくなりましたね。
しかし、正しい骨盤ケアを伝えれいるのはまだまだ少ないです。

その理由は骨盤のゆがみに関わる筋肉は深部にあるからです。
つまり

  • 刺激が届きにくい
  • 動かすのが難しい
  • 目で見えない

という理由から正しい骨盤ケアは難しいです。

今回は猫背・骨盤専門の整体院が正しいセルフケア方法を解説します。
動画でも解説しており簡単で分かりやすくしております。

ご自身で骨盤のゆがみをケアしたい方や、姿勢が気になる方はチャレンジしてみて下さい。

骨盤のゆがみに関わる筋肉

骨盤の歪み

まずは骨盤のゆがみに関わる筋肉について簡単に解説します。
覚えておいて頂きたいのは”大腰筋”という筋肉です。

この大腰筋はインナーマッスルの1つです。
大腰筋が固まっていたり、正しく使えないことで骨盤はゆがみます

大腰筋の仕事は?

骨盤のゆがみに関係する大腰筋ですがとても大切な仕事をしています。

  • 姿勢の保持
  • 歩行動作
  • 呼吸

など日々の生活において重要な仕事を任されています。

その他にも

  • 血圧の調整
  • 血糖値のコントロール
  • 自律神経の調整

などの内部環境にも多くの影響を与えています。

骨盤がゆがむということは、猫背や肩こり、腰痛だけでなく、内臓関係や自律神経に至るまで多くの原因に繋がると言うことです。

骨盤のセルフ矯正方法

ではどのように骨盤、大腰筋をケアすべきなのか?
運動の種目で言いますと

  • ヨガ
  • ピラティス

骨盤のゆがみ防止や、大腰筋を含むインナーマッスルに効果的とされています。
もしこれらの競技ができない方のために簡単な方法をご紹介致します。

 

 

必要なものはバスタオル1枚だけです。
このセルフケアのいいところは大腰筋に刺激が入りつつ、スクワットするということです。

スクワットは下半身全体の筋肉に効果的です。
つまりこのセルフケアで

  • 骨盤のアウターマッスル
  • 骨盤のインナーマッスル

どちらにも効果的です。
ぜひ少ない回数からでもチャレンジしてみて下さい。

まとめ

いかがでしょうか?
骨盤のゆがみ改善・予防に必要な筋肉や効果的なセルフケアについてご理解頂けましたか?

骨盤の歪みは日々の生活で防いでいくことができます。
しかし、少し時間がかかります。

もし。少しでも早く効果的に骨盤のゆがみを改善したい方はプロに任せることをお勧めします。
今後も、猫背・骨盤矯正のプロとして正しい情報を発信していきます。