セルフケアで綺麗な立ち姿に!姿勢改善で得られる3つの効果

2021年01月17日

皆さま、こんにちは!

 

今回は、様々な姿勢の基本となる立ち姿勢についての内容です。

 

前編にて、正しい立ち姿勢のチェック方法として、

 

  • 横から見たときのポイント
  • 背中側から見たときのポイント

 

の2つをご紹介致しました。

 

2つとも、身体の中の5つの部位が一直線上にあるかどうか、を観るチェック方法でした。

 

ご興味がある方は、大きめの鏡を利用したり、ご家族の方と一緒に見合ったりして、是非ご自身の立ち姿勢をチェックしてみて下さい!

 

チェック方法は前編で詳しくご説明しておりますので、下のリンクよりお進みください。

 

正しい姿勢ってどんな姿勢?簡単チェックで正しい姿勢をマスター!

 

今回の後編では、

 

  • 正しい立ち姿勢で得られる効果
  • 正しい立ち姿勢を保つためのセルフケア

 

をご紹介致します!

 

正しい立ち姿勢は、年齢、性別、職業を問わず、皆さまの生活の質をグッと向上させます。

 

是非、最後までご覧ください!

 

後編目次 

正しい姿勢で得られる効果
♦️身体の不調・痛みの改善
♦️スポーツのパフォーマンス向上
♦️学習・作業効率アップ
正しい立ち姿勢を保つには?
♦️鍛えるべき筋肉
♦️ほぐすべき筋肉
♦️簡単セルフケア

 

正しい姿勢で得られる効果

 

今回は、正しい立ち姿勢で得られる効果を3つご紹介致します。

 

身体の不調・痛みの改善

 

まず1つ目は身体の不調・痛みの改善です!

 

例えば、よく脚を組んでしまう癖のある方は、上になる脚側の腰の筋肉が緊張していたり、骨盤が左右に傾いてしまっていたりします。

 

放っておくと、腰痛も引き起こされてしまいます。

 

このように、生活習慣などが原因で、姿勢を保つための筋肉や、骨格のバランスが崩れてしまうと、身体には不調痛みが現れてしまいます。

 

  • 肩こり
  • めまい
  • むくみ
  • 頭痛
  • 膝痛

 

なども含まれます。

 

一方、正しい立ち姿勢であれば、筋肉や骨格のバランスがある程度とれている状態になりますので、悩んでいた身体の不調や痛みが改善されます。

 

スポーツのパフォーマンス向上

 

2つ目はスポーツパフォーマンスの向上です!
正しい立ち姿勢はスポーツをされる方にもとても重要な要素です。

 

実際に猫背の姿勢になって、両腕を高く上げた後、姿勢を正して同じ動作をしてみてください。
どちらの姿勢の時の方が、両腕が高く上がりましたか?

 

姿勢を正した時の方が上がる感覚がしませんか?

 

正しい立ち姿勢ができるということは、関節運動に関わる筋肉に十分な強度と柔軟性があるので、四肢を広く動かすことが可能になります!

 

これは、スポーツでの怪我の防止にも繋がります。

 

また、正しい立ち姿勢を“維持”するための体幹の筋肉が鍛えられているほど、動作に“ブレ”がなくなります!

 

今よりも良い結果や記録を残したい方、立ち姿勢にも意識を向けてみてください!

 

学習・作業効率アップ

 

3つ目は学習・作業効率アップです!

 

先週のブログにも載せましたが、猫背の姿勢になると、背中が丸くなり肺が圧迫されるので、脳に届く酸素が少なくなります。

 

脳は集中するときにエネルギーとして酸素を使いますので、酸素が不足すると当然集中力は低下してしまいます。

 

背すじを伸ばし、正しい立ち姿勢になることで、上記のような弊害がなくなり、学習や作業効率がアップするのです!

 

正しい立ち姿勢で得られる効果

 

正しい立ち姿勢を保つには?

 

様々な効果をもたらす正しい立ち姿勢を維持するためのセルフケアをご紹介致します。

 

先に

 

  • 鍛えるべき筋肉
  • ほぐすべき筋肉

 

を簡単にご説明致しますね!

 

鍛えるべき筋肉

 

正しい立ち姿勢を維持するためには、もちろん体幹部のインナーマッスルを鍛えましょう!

 

  • 上半身をおこすための腹筋群
  • 骨盤を支えるための腰回りの筋肉
  • 背骨を支える背中の筋肉

 

こちらを鍛えていくのが効果的です。

 

ほぐすべき筋肉

 

ほぐすべき筋肉は体幹と四肢のつなぎ目である、肩と股関節の筋肉です!

 

ここの筋肉が緊張していると、

 

  • 巻き肩
  • 骨盤のゆがみ

 

などに繋がるので、しっかりとほぐしていきます!

 

簡単セルフケア

 

体幹のインナーマッスルに効くエクササイズ

体幹のインナーマッスルのエクササイズ

 

  1. 肩の真下に片肘をつきます
  2. お腹にグッと力を入れて身体を持ち上げます
  3. 身体のラインはまっすぐ保ちます
  4. 目標は60秒キープです!
  5. 反対側も同じように行いましょう

 

肩関節の筋肉をほぐすストレッチ

肩関節のストレッチ

 

  1. 腕を床と平行にあげて壁に手をつきます
  2. その状態で胴体を前に突き出します
  3. 30秒キープしましょう!
  4. 反対側も同じように行います

 

股関節の筋肉をほぐすストレッチ

股関節のストレッチ

 

  1. 両脚を伸ばして仰向けになります
  2. 片方ずつ膝を胸に近づけるよう抱えます
  3. 抱えた状態で30秒程キープします
  4. 次に両脚同時に抱えます
  5. これも30秒行いましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ただ立つだけの姿勢ですが、この姿勢を正しくとれるかとれないかで、普段の生活が大きく変わってきます。

 

立ち姿勢を改善するだけで、現在抱えているお悩みも解決できるかもしれません。

 

是非、今回の内容を少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

 

  • 姿勢のゆがみ、骨盤のゆがみでお悩みの方
  • お身体の不調を少しでも早く解決したい方

 

是非一度当院までご相談くださいませ。

 

 

 

鳴尾ぴっと骨盤整体院

 

ご予約、お問い合わせの際はお電話にてお待ちしております。

 

0798-56-8036