デスクワーク疲れ、骨盤のセルフケアで痛みやゆがみ予防できます

2021年06月3日

長時間、座り姿勢や同じ体勢での生活が多いあなた。
同じ体勢が長く続くことは体に悪影響を与えます。

特に座った姿勢は危険です。
骨盤や背骨をゆがませる原因になるだけでなく、インナーマッスルの低下に繋がります。

今回は西宮の猫背・骨盤矯正専門の鳴尾ぴっと骨盤整体院が座った状態でもできる簡単骨盤ケアについてお伝えいたします。

長時間のデスクワークを毎日している方は特に参考にしてみて下さい。

長時間座ることでのゆがみや痛みの関係

まず初めに、長時間座った作業が体にどのような影響を与えるのか?
簡単に解説させて頂きます。

大前提として座って長時間作業を行なって健康的にはいいことは1つもありません。
その理由の1つに長時間座ることで、姿勢や骨盤の状態はどうなっていますか?

長時間のデスクワークは

  • 猫背の原因になる
  • 骨盤のゆがみ
  • インナーマッスルの低下

に繋がります。
このことから、立ち方はもちろんですが現代人は座り方が大切ということが言えます。

後で紹介するセルフケアは大腰筋という筋肉をトレーニングするものになります。
大腰筋という筋肉は当整体院のブログでも度々登場しております。
それだけ重要な筋肉であり、正しい姿勢や骨盤のゆがみ予防には必要不可欠な筋肉になります。

正しい姿勢・骨盤のゆがみ予防に効果的な大腰筋の仕事は?

大腰筋はインナーマッスルの1つです。
大腰筋は背骨と骨盤を繋がり体の柱となる筋肉です。

骨盤のインナーマッスル

  • 姿勢を保つ
  • 骨盤の状態を安定させる

これらの仕事をメインで行います。

またそれ以外にも

  • 内臓との関係
  • 自律神経との関係

などにも密接に関わります。

これらのことから大腰筋は全身の筋肉や骨格の問題に関わるのはもちろん、内臓や神経などの内部環境にも多大な影響を与えます。

効果的な骨盤ケア方法

では、長時間のデスクワーカーに効果的な骨盤ケアについて解説いたします。
座って行えて、なおかつ簡単なセルフケアになります。
猫背や骨盤の歪みが気になる方は是非、下の動画から確認してみて下さい。

骨盤ケアの補足

このセルフケアを行う上でいくつかの注意点がございます。

  • ゆっくりと行う
  • 上半身をできるだけ伸ばし、姿勢良く行う

これらの注意点を踏まえて行なっていただくと、より効果的です。
腰痛の改善や肩こりの解消はもちろん、足のむくみや足のだるさ解消にも効果的です。

効果的な骨盤ケアに関するまとめ

いかがでしょうか?
座ってできる効果的な骨盤ケア方法はご理解頂けましたでしょうか?

人間座り姿勢は健康的に悪影響を与えることが多いです。
特に腰痛の方や猫背の方、骨盤のゆがみが気になる方は注意が必要です。

もし、あなたが毎日デスクワークをしていて、寝ても改善しない腰痛や長年の猫背があるのであれば、この骨盤ケアにまず取り組んでみて下さい。

今回のセルフケアだけでも猫背や骨盤の歪みを予防していくことは可能です。
もし、少しでも早く効果的な改善と再発を防止したいのであれば、整体院や骨盤矯正のプロに相談することをお勧め致します。