長年の腰痛が姿勢矯正によって痛みが改善された症例

2021年03月2日

今回は病院では治療してもらえず、ずっと我慢していた症状が改善された症例です。

  • 3年以上同じ症状に悩んでいる方
  • 病院のリハビリに通っているが痛みが改善されない方
  • 寝ても痛みが改善されない方

上記のような症状でお困りの方は”体の根本的な改善”が必要です。
腰や肩だけなど痛い箇所だけの治療では改善が難しい場合が多いです。

痛みを長年抱えているあなた
そろそろ本気で改善させませんか?
是非、お店選びの参考にしてみて下さい。

患者様データ

40代後半
仕事
介護士

来院の経緯

病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断された。
しかし特に治療をしてもらえずにいた。

整形外科の帰りに当院の前を通りがかり骨盤や猫背という言葉が気になった。
帰宅後ネットでクチコミを調べ当院の治療理念に共感して頂き来院を決めた。

痛みを我慢してきた時期が長いため1つひとつの動作が遅く悩んでいる。
痛みの解消はもちろん、キビキビと動けるようになりたい。

初診時の状態

常に腰痛

普段から体勢や動きに関わらず腰痛がある。
左股関節と右足底は仕事中・仕事後に痛みが増悪する。

肩こりや首こりも慢性的にある。

施術1回目

整体、矯正、インナートレーニング
施術後すぐ肩・腰の疼痛は軽減。
左股関節は矯正で左右差を取ると疼痛軽減がみられた。

右足底は足底筋膜炎と推測される。
足底にかかる負担を骨盤とリスフラン関節、MP関節の可動域をつける事で軽減された。

施術2回目

整体、矯正、インナートレーニング
肩・腰の痛みは解消されたが怠さが出現。
左股関節は仕事中は疼痛は出現するものの、仕事後の疼痛は少し軽減されるようになった。

右足底は症状は少し軽減されるが痛みは残存。

施術3回目

整体、矯正、インナートレーニング
肩、腰の怠さ、疼痛共に軽減。
左股関節、右足底共に疼痛の頻度、強度が減少した。

施術4回目

整体、矯正、インナートレーニング
肩、腰の疼痛は消失。
怠さのみ残存。
左股関節、右足底共に疼痛は軽減するも消失まではない。

施術5回目

整体、矯正、インナートレーニング
肩・腰の怠さも消失。
仕事後は少し出現する程度にまで回復。
左股関節、右足底共に施術後は疼痛は消失するも仕事すると徐々に出現。

施術6回目

整体、矯正、インナートレーニング
肩、腰の仕事後の怠さ、疼痛も少し気になる程度まで改善。
左股関節、右足底も仕事をしない限り疼痛は消失。

現在はメンテナンスのため週に1回通院し痛みの再発がないようにされています。

考察

この患者様の場合
腰椎椎間板ヘルニアという診断を受けていたがその影響で腰痛が出ているとは考えにくい。

  • 長年痛みを体をゆがませることで耐えてきた蓄積
  • 股関節や足底は元々の腰をかばう兼ね合いで負担増加

この2点が今回の症状に繋がったと考察される。

まとめ

腰痛改善のまとめ

人間の体はとても賢くできています。
痛みがあれば、痛く無いように生活します。

しかし、これは根本的な改善には繋がりません。
この状態が長く続くと原因が分かりにくくなってしまう危険性があります。

  • 病院に行ってリハビリをしていても改善されない悩みがある
  • 痛みのない生活を手に入れたい

そんな方はプロにお任せ下さい。
あなたの決断で今後の人生が大きく変わりますよ